ゾイド ワイルド ジェノス ピノ。 ジェノスピノとは (ジェノスピノとは) [単語記事]

ファングタイガー(アルドリッジ仕様)とは? ゾイドワイルドZERO 解説

ゾイド ワイルド ジェノス ピノ

ジェノスピノ GE 基本 番号 33 所属 分類 種 格 2足巨大格 全長 13. 7m 全高 6. 5m 重量. Z-Oザー• A-Z高熱• A-Z• A-Z• ジェノソーザー• ソーザー• スモークディスチャー 開放技名• 殲滅破壊 陸両用の種の。 北東部の硫の深いで発掘されるが、巨大な体格であったことから引き上げに労を要した。 しかしその格は全く溶解していなかった。 本解放、あるいは解放すると、前方に展開したジェノソーザーが状に変形し、高速回転で敵を断ち切る技「 殲滅破壊( ッシャー)」を使用する。 他には巨大なで噛みついたり、火炎放射を浴びせたりする。 ではの後も暴れ続け、の3分の1を壊滅させたとに説明される。 さらに彼の導の下、軍は発掘を進めたが、その制御にはの技術が必要とされ、軍はをとしようとしていたが、亡き後にとなったによって、ドリッジに変更された。 共和の基地を立て続けに破壊し、の地ではの装甲を破壊し重傷を負わせ、殲滅破壊でのを両断した。 その後は共和の、ックに向かい不眠不休で侵攻を重ねたが、解放を重ねることでの負担を重くするという弱点を突かれ、ドリッジは意識を失う。 しかしドリッジの操縦なくし、破壊にふさわしい暴れっぷりを見せたが、のにを貫かれ、ついに倒された。 共和との間で処遇が協議され、愚かな戦いの徴として両で管理されることになる。 のがを復刻させ、の脅威を見せつけられる。 両で協議していたところで、共和の・トがの者を乗せないという条件でジェノスピノをさせると提案される。 当初はが選ばれようとしていたが、にが発生。 が負傷した(演技をした)ことで、にはが選ばれ、と対峙する。 お絵カキコ 関連動画 募集中 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 外部リンク•

次の

ゾイドワイルド ジェノスピノ

ゾイド ワイルド ジェノス ピノ

ゾイドワイルド ZERO 第28話「激突! 二大破壊竜!!」(あにてれ)より引用 概要としては ワイルドライガーにキャノンブルの9連キャノン砲を武装したのがディアス仕様のワイルドライガーです。 さらに側面にはA-Z対空速射砲、 後ろ足にミサイルポッドが装備されています。 またカラーリングは灰色に近い発色を抑えた色合いに。 タテガミクローなど白兵戦の装備しかないワイルドライガーに、重火器を加えた軍隊仕様ですね。 機動力もそこそこに、火力を強化した様々な任務に対応できそうな機体ですね。 一方で、 タテガミクローを9連キャノン砲に換装したことで、 ワイルドライガーやビーストライガーよりも機動力や白兵戦の能力は低下したことが予想されます。 またキャノン砲を装備しているとはいえ、 もともと重装備・重武装を想定したキャノンブルよりもタフなのかといえば疑問も残ります。 このように、 やや器用貧乏になってしまった印象があるディアス仕様のワイルドライガー。 機体性能を活かした改造という点では、 アルドリッジ仕様のファングタイガーのほうが完成度が高い気がします。 ちなみに、 キャノンブルのキャノン砲を装備していることで、 見た目としてはコックピットが2つあるかたちになっています。 特に二人乗りを想定しているわけではないのでしょうが。 パイロット ライダー ゾイドワイルド ZERO 第25話「荷電粒子砲の脅威!」(あにてれ)より引用 ワイルドブラストは9連キャノン砲を展開し、 攻撃手段としてはほぼキャノンブルと同様です。 ただし共和国軍の機体ということで、 エヴォブラスト 進化解放 でキャノン砲を打つという珍しい演出が特徴でもあります。 玩具展開と作り方 ビーストライガーとキャノンブルの背部の武装に互換性があることは、発売当初からPRされていました。 ビーストライガーと骨格が共通するワイルドライガーも同様です。 カラーリングを変更し、 キャノンブルのキャノン砲を取り付けます。 さらに武器パーツの対空速射砲とミサイルポッドを用いることで、ディアス仕様をおおむね再現できます。 主な活躍シーン 初登場シーン.

次の

ZOIDS ゾイドワイルド ZW33 ジェノスピノ

ゾイド ワイルド ジェノス ピノ

ゾイドワイルド ZERO 第28話「激突! 二大破壊竜!!」(あにてれ)より引用 概要としては ワイルドライガーにキャノンブルの9連キャノン砲を武装したのがディアス仕様のワイルドライガーです。 さらに側面にはA-Z対空速射砲、 後ろ足にミサイルポッドが装備されています。 またカラーリングは灰色に近い発色を抑えた色合いに。 タテガミクローなど白兵戦の装備しかないワイルドライガーに、重火器を加えた軍隊仕様ですね。 機動力もそこそこに、火力を強化した様々な任務に対応できそうな機体ですね。 一方で、 タテガミクローを9連キャノン砲に換装したことで、 ワイルドライガーやビーストライガーよりも機動力や白兵戦の能力は低下したことが予想されます。 またキャノン砲を装備しているとはいえ、 もともと重装備・重武装を想定したキャノンブルよりもタフなのかといえば疑問も残ります。 このように、 やや器用貧乏になってしまった印象があるディアス仕様のワイルドライガー。 機体性能を活かした改造という点では、 アルドリッジ仕様のファングタイガーのほうが完成度が高い気がします。 ちなみに、 キャノンブルのキャノン砲を装備していることで、 見た目としてはコックピットが2つあるかたちになっています。 特に二人乗りを想定しているわけではないのでしょうが。 パイロット ライダー ゾイドワイルド ZERO 第25話「荷電粒子砲の脅威!」(あにてれ)より引用 ワイルドブラストは9連キャノン砲を展開し、 攻撃手段としてはほぼキャノンブルと同様です。 ただし共和国軍の機体ということで、 エヴォブラスト 進化解放 でキャノン砲を打つという珍しい演出が特徴でもあります。 玩具展開と作り方 ビーストライガーとキャノンブルの背部の武装に互換性があることは、発売当初からPRされていました。 ビーストライガーと骨格が共通するワイルドライガーも同様です。 カラーリングを変更し、 キャノンブルのキャノン砲を取り付けます。 さらに武器パーツの対空速射砲とミサイルポッドを用いることで、ディアス仕様をおおむね再現できます。 主な活躍シーン 初登場シーン.

次の