のぞみ ひかり 違い。 東海道新幹線のぞみ・ひかり・こだまの料金や所要時間を調べてわかった3つの違いと注意点

新幹線のひかりとのぞみの違い

のぞみ ひかり 違い

停車駅の違い まずは、停車駅の違いからお伝えします。 新幹線に乗る際は、自分の降りたい駅に新幹線が止まらなかったら大変ですから、 乗る前の停車駅の確認は必須ですよね。 ここでは、「のぞみ・ひかり・こだま」の停車駅を、東海道新幹線区間と山陽新幹線区間で分けてまとめました。 どの列車でも同じなのでとても分かりやすいです。 「ひかり」の停車駅は、「のぞみ」の停車駅に更に複数の駅が加わります。 停車する駅は列車によって違いますが、 「静岡・浜松」は比較的止まる本数が多いです。 「小田原・熱海」についても「ひかり」が止まりますが、その本数はごくわずかで1日数本といった程度になります。 「こだま」は各駅停車なので、全ての駅に止まります。 東海道新幹線で「こだま」しか止まらない駅は、 「新富士・掛川・三河安城」の3つです。 その他、 「姫路・福山・徳山・新山口」のどれか一つに止まるといったパターンが多いです。 これらの駅には必ず止まる訳ではないので、目的地の場合は注意が必要です。 「西明石」は、基本的には全ての「のぞみ」が通過しますが、岡山行き下りの最終一本、当駅始発の上り一本のみ停車となっているかなり特殊な停車駅です。 「ひかり」の停車駅は、「のぞみ」が必ず止まる駅の他、臨時列車を除けば 「姫路・福山」にも全ての列車が止まります。 それ以外にも色々な駅に止まります。 ただ、実は山陽新幹線区間のみを走る「ひかり」は、九州新幹線全線開通後そのほとんどは九州新幹線へ直通する「さくら」へ置き換えられており、 「ひかり」自体が今ではほとんどなくなっています。 わずかに残った「ひかり」も通勤時間帯の比較的多くの駅に止まる時間帯に走るものがほとんどなので、止まる駅が多いのですね。 中には「こだま」と見間違うくらいたくさんの駅に止まる「ひかり」もあります。 「こだま」は各駅停車なので、全ての駅に止まります。 山陽新幹線で「こだま」しか止まらない駅は、 山口県にある「厚狭」のみです。 スポンサーリンク 所要時間の違い 前章で停車駅の違いを確認しましたが、ここでは 実際の所要時間にどのくらいの差があるか見ていきたいと思います。 「のぞみ」よりもちょっとだけ遅いといった感じですね。 「こだま」の場合は最速の「のぞみ」と比較すると倍くらいの所要時間になりますので、やはり 「こだま」で移動すると時間が掛かるなといった印象になりますね。 座席の違い 座席の違いについてです。 新幹線にはどの席でも座って良い 自由席、座る席が決められている 指定席、ワンランク上の座席である グリーン車がありますが、新幹線の種類によってそれぞれ違いますので、それを一覧表でまとめました。 16両編成の場合 こちらが、16両編成の時の座席です。 東海道新幹線は16両の列車の入線しか認めていませんので、 東海道新幹線を走る新幹線は必ず16両編成になります。 一番大きな違いは、自由席の数です。 「のぞみ」は1~3号車の3両分しか自由席がありませんが、 「ひかり」「こだま」の順で自由席が増えていきます。 「こだま」の指定席が少し間が空いて16号車になっているのは、かつて喫煙車が15・16号車だったころの名残です。 喫煙車はなるべく連続であった方が良いという考えから、15号車が自由席の喫煙者、16号車が指定席の喫煙者となっていました。 8両編成の場合 こちらが、8両編成の時の座席表です。 8両編成は、東海道新幹線よりも需要が少なくなる 山陽新幹線区間のみを走る「ひかり・こだま」に用いられています。 8両編成の場合も自由席の数に違いがあって、「ひかり」が1~3号車の3両分に対して、「こだま」は自由席の数が5両分と「こだま」の方が多いです。 また、8両編成で使われる場合は、一部の臨時列車を除いてグリーン車の設定はありません。 ポイント!料金の違い• 自由席=3種類全部同じ値段• 指定席=「のぞみ」だけ数百円高い• グリーン車=「のぞみ」だけ数百円高い このように、自由席の値段は3種類全て同じですが、 指定席とグリーン車においては「のぞみ」の方が「ひかり・こだま」よりも数百円だけ高くなります。 そのため、行きは「のぞみ」の指定席、帰りは「ひかり」の指定席といった新幹線の乗り方をすると、 同じ区間なのにも行きと帰りで新幹線の値段が微妙に違うといったことが起こります。 座席 のぞみ ひかり こだま 自由席 13,870円 13,870円 13,870円 指定席 14,720円 14,440円 14,440円 グリーン車 19,590円 19,270円 19,270円 自由席の値段は全て同じですが、 指定席とグリーン車ではそれぞれ「のぞみ」の方が320円ほど高くなっていますね。 車両の違い 最後は、車両の違いについてです。 「のぞみ・ひかり・こだま」に、どのような車両が使われているのかをお伝えします。 東海道、山陽新幹線の各新幹線に使われている車両の種類は、下記の通りです。

次の

新幹線のぞみ/ひかり/こだまの違いを分かりやすく解説!!

のぞみ ひかり 違い

700系 700系はN700系より少し古い新幹線で、不便な点はコンセントがほとんどないことくらいでしょうか。 また、自由席は16両中3両、指定席は10両、グリーン車は3両です。 ひかり ひかりはのぞみよりは遅く、停車駅も多めです。 東京~新大阪の所要時間はだいたい2時間50分程度です。 停車駅は東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪に加えて静岡や浜松、米原など地方の主要な駅にも割と止まってくれるといった感じ。 ただし、 停車駅がきちんと決まっているわけではなく、 便によって東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪以外の停車駅は変わってくるので注意が必要です。 1時間に1本岡山や広島に直通する便もあります。 使用車両はN700系がほとんどですが、中には700系のものもあります。 自由席は16両中5両、指定席は8両、グリーン席は3両です。 こだま こだまは 新幹線の全ての駅にとまっていくので、のぞみ・ひかりよりも遅く東京~新大阪が4時間程度かかります。 使用車両はN700系が多めですが、700系もちょくちょくあるという感じ。 自由席は16両中7両、指定席は6両、グリーン席は3両です。 のぞみ・ひかり・こだま 速さ比較 まず始めにそれぞれの速さを比較していきます。 所要時間 のぞみ ひかり こだま 東京~新大阪 2時間30分 2時間50分 4時間弱 東京~名古屋 1時間40分 2時間5分 3時間弱 各新幹線の所要時間はこの表のとおり。 のぞみが最も早く、次いでひかりが早く、こだまが一番遅いといった感じです。 料金もほとんど変わらないので、 乗れるならのぞみやひかりなどのスピードが速い新幹線に乗っておいた方がよいでしょう。 のぞみ・ひかり・こだま 停車駅比較 次に停車駅を比較していきます。 目で見てわかりやすいようにこちらも表にまとめておきました。 先ほども言いましたが、のぞみは東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪という限られた駅にしか止まりません。 また、こだまは全ての駅にとまります。 ここでややこしいのが、「ひかり」です。 ひかりはどうやら性格に少々難ありなようで、 停まる駅が便によって変わってきます。 ただし、のぞみよりは絶対に停車駅は多いようになっています。 ひかりに乗る際はちゃんと自分が降りたい駅に停車するのかを確認してから乗るようにしましょう。 のぞみ・ひかり・こだま 車両比較 ここでは、使われている車両についてと自由席や指定席の数について説明していきます。 使われている車両はほぼN700系 のぞみ・ひかり・こだまはN700系または700系で運転されています。 のぞみ、ひかりに関しては9割以上の列車がN700系であると思ってもらって構いません。 たまに臨時便などで700系で運転されることはありますが・・・ こだまに関しては割と700系も使われているという感じですが、それでもN700系の方が多いです。 乗り心地や所要時間に関してはN700系と700系は変わりないです。 しかし、N700系は普通車でも窓側の座席ならコンセントがついているのに対し、700系はグリーン車の一部座席にしかコンセントがありません。 もし コンセントを使いたいと思っているなら、念のために乗る新幹線が700系なのかN700系なのか確認しておいた方がよいでしょう。 JRの時刻表を調べるとこのように、どの車両で運転されるか書いてあるので、自分で確かめることができます。 自由席の数はのぞみが一番少ない 自由席・指定席・グリーン席の数もそれぞれ新幹線の種類によって異なってきます。 のぞみ ひかり こだま 自由席 3両 5両 7両(7両以上の時あり) 指定席 10両 8両 6両 グリーン席 3両 3両 3両 このように、自由席の数はのぞみだと3両とかなり少ないです。 そんなこともあって、平日の日中などでものぞみの自由席に座るのは難しいこともあります。 もし、自由席で行きたい場合はのぞみより時間はかかりますが「ひかり」を利用することをオススメします。 のぞみを利用する場合は指定席を予約した方が無難でしょう。 のぞみ・ひかり・こだま 料金比較 この3種類の新幹線の料金はJRの窓口で買う場合、ほとんど変わりません。 ただし、JRの窓口で買うよりも安くいけるお得な切符やプランなどがたくさん存在します。 JRで買う時の値段はほぼ同じ 普通にJRの窓口で切符を買う場合はのぞみ・ひかり・こだまの料金にほとんど違いはありません。 とはいえ、のぞみはひかり・こだまより210円~310円ほど高くなりますが、正直これくらいならあまり気になりませんね 笑 なるべく安く新幹線に乗りたいなら旅行会社のプランを使え バカ正直にJRの窓口で新幹線の切符を買うのは得策ではありません。 新幹線が安く使えるお得な切符やサービスが世の中にはたくさんありますが、その中でも最もお得なのは 「」 です。 この上ない安さなので新幹線を使った先で宿泊する予定がある人は絶対に使わないと損です! なるべく安く新幹線で移動する方法については以下の記事で詳しくまとめています!.

次の

山陽新幹線「のぞみ」「みずほ」「ひかり」「さくら」「こだま」の違いを徹底比較!

のぞみ ひかり 違い

「のぞみ」とは? 「のぞみ」は、東海道・山陽新幹線の種類の1つで、一番高速での運用となっている点が特徴です。 東海道・山陽新幹線は、全ての区間で専用の幹線を走行している為、この 「高速」という表現は、停車駅が少ないという意味になります。 実際の走行速度も、停車駅が少ない分、後述する 「ひかり」などの他の種類と比較して速い区間があり、現在では最高で時速約300キロでの運用を行っています。 「ひかり」とは? 「ひかり」は、先の 「のぞみ」の次に停車駅が少ない東海道・山陽新幹線です。 尚、もう1つ 「こだま」という種類があり、そちらは新幹線用のホームがある全ての駅に停車する、新幹線の 「各駅停車」になります。 「のぞみ」と「ひかり」の違い 「のぞみ」と 「ひかり」の違いを、分かりやすく解説します。 前述のように、これらは停車駅の違いになり、同じ駅まで利用する場合には、乗車料金や特急料金は同一です。 「こだま」でもそれら料金は一緒なので、 「ひかり」やそれでないと止まらない駅でなければ、 「のぞみ」の利用が一番早く目的地まで着くことができます。 まとめ 「のぞみ」と 「ひかり」は、このように違います。 また、 「こだま」だと、ゆうに4時間以上は掛かります。

次の