豆乳 プリン 作り方。 材料2つでプリンが完成! 豆乳を使った簡単レシピ

なめらか「豆乳プリン」3種類の作り方|簡単レシピが贅沢スイーツに!

豆乳 プリン 作り方

豆乳プリンを作るとき、無調整豆乳と調整豆乳のどちらを使ったらいいのか迷うことがあります。 豆乳プリンのレシピによっては指定されていることもありますが、指定がない場合には 絶対的に無調整豆乳がおすすめです。 無調整豆乳と調整豆乳には明確な違いがあるからです。 調整豆乳は味の調整のために砂糖などが入っているため、豆乳プリンに使うと甘味が強いだけでなく カロリーも高くなっています。 さらに 大豆固形分が少なく、無調整豆乳よりも 大豆本来の栄養成分が低いことが挙げられます。 豆乳プリンの良さは豆乳本来の栄養素をプリンで手軽に取れるだけでなく、カロリーも甘さも控えめにできることです。 なので豆乳プリンを作るときのひとつのポイントとして 無調整豆乳を使い、 甘さはあくまで自分で調整すると、自分の好みの甘さの美味しい豆乳プリンを作ることができるのでおすすめです。 また良くある失敗に 豆乳プリンがしっかり固まらないということがあります。 豆乳プリンが固まらない理由は、 卵の分量が少ないことか、 蒸したり焼いたりするときの温度が低すぎるかです。 豆乳プリンを固めているのは卵なので、卵の分量に気をつけて十分な温度で加熱すれば、失敗することはなくなります。 きび砂糖大さじ2• 水大さじ2• 粉ゼラチン5g• 豆乳350cc• 小粒いちご30粒• 耐熱容器にきび砂糖と水を入れます。 入れた後は混ぜません。 粉ゼラチンを 重ならないように振り入れます。 こちらも 入れた後は混ぜません。 粉ゼラチンがふやけたら 豆乳を50ccだけ入れます。 このときも 入れた後は混ぜません。 ラップをかけずに 600Wのレンジで1分加熱します。 加熱がすんだら ここで良く混ぜ合わせます。 ボウルに豆乳を300cc入れて、4を混ぜながら入れていきます。 入れ終わったらさらに良く混ぜ合わせます。 カップに注いだら 冷蔵庫で1時間~2時間冷やして固めます。 固まったらカットしたいちごとカットしていないいちごを飾って完成です。 抹茶大さじ1• 粉寒天2g• てんさい糖 砂糖 大さじ4• 豆乳250cc• 水50cc• バニラエッセンス少々• 抹茶を水大さじ2 分量外 でしっかりと溶きます。 小さめの鍋に水を入れて、粉寒天を入れてよく混ぜます。 2に1と砂糖を加えて、よく溶かします。 加熱しながら少しずつ豆乳を加えていき、 ダマにならないよう良く混ぜ合わせます。 バニラエッセンスを加えて香りをつけます。 よく混ぜながら加熱し続け、 沸騰寸前で火を止めます。 耐熱容器にできたプリン液を入れて、粗熱が取れるまでおいておきます。 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めて完成です。 お好みで黄粉や黒蜜、ホイップなどを加えても美味しくいただけます。

次の

なめらか「豆乳プリン」3種類の作り方|簡単レシピが贅沢スイーツに!

豆乳 プリン 作り方

「今までは、濃縮甘酒を豆乳で割って飲んでいたのですが・・・」 「水の代わりに豆乳を入れてストレートの甘酒を仕込む。 この作り方で甘酒はできるのでしょうか?」 こんにちは。 その時私は、まだ 甘酒豆乳を試していなかったので「チャレンジしたらお答えしますね」とお返事させていただいたんですね。 そしてその後、ずーーーっとこの質問が気になっていたので、とうとう「 甘酒豆乳」を仕込んでみました! すると・・・。 想像以上の美味しさに、すっかりトリコ!そのまま頂くだけでは飽き足らず、 甘酒豆乳プリンにしたり 甘酒豆乳ココアにしたりとすぐに アレンジも楽しんじゃいました^^ 作り方• 冷ご飯130gと、お水200ccをお鍋に入れ火にかけます。 10分ほど煮ておかゆ状態にしましょう。 出来上がったおかゆを 消毒済みの ヨーグルティアの内容器へ入れます。 豆乳300ccと米麹100gを計量しておきましょう。 3に豆乳を入れて、よくかき混ぜます。 おかゆのカタマリが残らないよう注意。 ヨーグルティアの内フタを閉めます。 ヨーグルティア本体に入れ、温度 55度タイマー 9時間にセットします。 よくかき混ぜてみると、 トロトロでほんのり甘く美味しそうな香りが~。 ですが、やっぱり ブレンダーで滑らかにしちゃいました。 そのほうがアレンジもしやすく食べやすいので…。 (舌触りにうるさい次女さんのため。 というのもありますが^^;) このままでも、じゅ~ぶん美味しい甘酒豆乳ですが、今回は プリンと ココアにアレンジしてみました。 この後、さっそくご紹介しますね! というのも我が家の場合は、子供たちや主人が つぶつぶを嫌がるんです。 甘酒豆乳:200cc• ゼラチンパウダー:小さじ1~2• メープルシロップ(黒蜜):お好みで適量 作り方• コラーゲンたっぷりなゼラチンパウダーを使います。 (このゼラチンパウダーは、ふやかす手間がいらないので便利)• ゼラチンパウダー袋の裏面に 200ccの液体に対して、小さじ 約3杯(5g)とあったのでその通りにしたのですが…。 あとで判明しますが、固すぎたので 1~2杯でOKです。 ゼラチンパウダーをはかりで計量してみたら、小さじ2杯が5gでした^^;• 火をとめて、泡立て器でよくかき混ぜて溶かします。 型に流し入れて粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やし固めます。 スプーンですくってみると…。 甘酒豆乳:100cc• ストレートの甘酒(または豆乳):100cc• 純ココアパウダー:小さじ1 甘酒豆乳オンリーにココアパウダーを溶かしても良いのですが、かなり濃厚なんです。 そこで、で割ってみました。 豆乳で割っても良いですよ。 完成した甘酒豆乳を鍋に移して、 同量の甘酒(ストレート)を加え弱火にかけます。 お砂糖が入っていない オーガニックのココアパウダーを使いました。 1の鍋に、ココアパウダーを小さじ 1杯入れます。 弱火で温めながら、泡立て器でよ~くかき混ぜます。 でも、市販のココアはかなり甘くって…。 でも、これまた 砂糖&乳製品フリー!カラダへの負担が少ないどころか、と 豆乳と ココアの コラボで 健康効果がアップしちゃってます。 それでは、これまで見てきたことを振り返っておきましょう。 まとめ• 米麹と豆乳で、 甘酒豆乳は簡単にできる!まるで スイーツのようで美味しい!• 甘酒豆乳を ブレンダーで滑らかにしておくと「 甘酒豆乳プリン」や「 甘酒豆乳ココア」などヘルシーなおやつにアレンジしやすい!• 甘酒豆乳は醸されているので 消化吸収がよく、 豆乳と 麹菌による健康効果が期待できる! 我が家では、甘酒は「」、豆乳は「」として、せっせとで仕込んでは毎日食べています。 ただ炊飯器で今まで通り、手拭いを掛けて保温するだけだと、なかなか温度が上がらずかなり不安でした。 失敗するんじゃないかと…………。 どんなタイプの甘酒も、です。 それ以上を過ぎるとすぐにダメになるというよりは 乳酸発酵が進んですっぱくなったり アルコール発酵が進んでアルコール臭がしてくるからです。 作る時や保存する際の衛生面に気をつけて、古い材料を使わなければ 甘酒が腐敗することはめったにありません。 その結果、お味に変化が起こってしまうということです。

次の

【レンジで簡単】混ぜて加熱するだけ 豆乳プリンの作り方

豆乳 プリン 作り方

基本の作り方 豆乳プリン 用意するのは、「キッコーマン 豆乳飲料 プリン」。 甘さ控えめでそのまま飲んでもおいしいのはもちろんのこと、いろいろなアレンジが楽しめるのも魅力! <材料> キッコーマン 豆乳飲料 プリン…1本(200ml) 粉ゼラチン…1. 5〜2g <作り方> 1. 豆乳飲料 プリンを電子レンジ対応のカップに注ぐ 2. カップを電子レンジ(500W)に入れて、豆乳飲料を常温で保管していた場合は2分10秒、冷蔵庫で保管していた場合は、2分40秒を目安に温める 3. ゼラチンを入れて、ダマにならないようよく混ぜて溶かす 4. あら熱をとり、ラップをかけて冷蔵庫で冷やし固める *パックのまま電子レンジに入れないでください。 *加熱の際は、突沸ややけどに十分ご注意ください。 アレンジ 2層の豆乳プリン さらに、基本の豆乳プリンの作り方をもとに、おうちでカフェ気分を楽しめるアレンジ方法も! <材料> キッコーマン 豆乳飲料 プリン…1本(200ml) キッコーマン 豆乳飲料 ブラックチョコ…1本(200ml) 粉ゼラチン…3〜4g <作り方> 1. 次に、豆乳飲料 ブラックチョコを使い、基本の作り方でプリンを作り、(1)の上に流し入れる 3. あら熱をとり、ラップをかけて冷蔵庫で冷やし固める.

次の