塚本舞 リベンジ。 記事一覧

グラビア界一の「ハロプロ愛」塚本舞、アンジュルム和田彩花卒業について思い語る

塚本舞 リベンジ

Contents• ブラックリベンジ動画1話から無料見放題視聴方法! ブラックリベンジはHuluで全話見放題できます。 月額933円ですが初回に限り2週間の無料期間があります。 その期間中であれば料金かかりません。 こういった違法動画ですが被害も出ています。 ・見れる回もあるけど見れない回もある ・広告がウザい ・声が加工されている せっかくのドラマもこれでは楽しめませんよね。 ブラックリベンジ、その他日テレ系ドラマはHuluで見放題できます! ブラックリベンジ動画1話あらすじ 5年前、今宮沙織(木村多江)が愛する夫、寺田圭吾(高橋光臣)と過ごしたかけがえのない日々は、一瞬の内に音を立てて崩れ落ちた。 将来有望な政治家だった圭吾は「週刊星流」に裏金スキャンダルと愛人スキャンダルをスクープされ、それを苦に自殺。 さらに沙織はそのショックで生まれてくる新しい命も失ってしまう。 しかし5年後、沙織はその記事がねつ造であったことを圭吾の遺言動画で知ることになる。 「私は絶対に許さない。 あなたが受けた屈辱を、私が味わった苦しみを、彷徨い歩いた地獄を。 同じ絶望を与え、地獄の底に叩き落す」沙織はスキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)を社会から葬るために復讐を誓う。 「週刊星流」の編集部では、編集長の福島勲(佐藤二朗)、デスクの天満龍二(平山浩行)、記者の芦原咲良(岡野真也)たちが盛り上がっていた。 スクープを連発する「週刊星流」は売り上げが伸び、先週号は50万部を突破したのだ。 そこに契約ライターの沙織が新たな芸能スクープを持って現れる。 福島がすごいスクープを次々に持ってくる事に驚いていると、沙織はもう1つ大きなネタがある事を報告。 それは、もうすぐ大臣になると噂の協民党、塚本議員に愛人がいるというスキャンダル情報だった。 福島は沙織が塚本に密着する事を許可。 天満は勉強のため、芦原をアシスタントとして沙織につける事に。 沙織と芦原は塚本の後援会のパーティーが催されたホテル前で張り込みをする。 塚本と妻の渚(高橋かおり)は支援者たちの見送りをしていた。 沙織は支援者の1人であるドレス姿の女性を見つけると、「あの女、24時間尾行して」と芦原に命じる。 夕方、沙織はバーの開店準備をする圭吾の秘書だった高槻裕也(堀井新太)に会いに行く。 高槻は新たなスクープネタが入った茶封筒を取り出して沙織に差し出す。 「あなたのネタのおかげで星流に溶け込めた。 感謝している」「ネタはいくらでも用意します」沙織は「また連絡する」と言って去っていく。 翌朝、芦原は尾行していた女性の事を沙織に報告する。 沙織は彩香が塚本のプロ愛人だという情報を掴んでいた。 相手に一切の迷惑が掛からないように痕跡を全く残さないプロ愛人。 それでも沙織は彩香に自分が愛人だと独占告白させようと考えていた。 沙織は塚本を24時間尾行するように芦原に命じる。 夕方、沙織は圭吾の墓参りに行き、妹の石山綾子(中村映里子)とその息子の悠斗とばったり会う。 この日は圭吾の命日だった。 5年間、田舎の療養施設で静養していた沙織。 綾子は戻ってきた沙織が「週刊星流」で働き始めた事を心配する。 沙織は塚本の動きを芦原に訊ねる。 芦原は塚本と彩香が接触する事はなかったが、一応写真を撮ってきたと伝える。 編集部員たちは使える写真がないと呆れるが、沙織は「ありがとう、助かった」と写真から新たな情報を掴んでいた。 後日、沙織と芦原はアポを取り、開店前に彩香から塚本の後援会のメンバーとして話を聞く。 沙織は塚本に愛人がいた事を彩香に教え、塚本とサングラスをしたきれいな女性が並んでいる写真を見せる。 その愛人は六本木のクラブで働く雪乃という女性だった。 沙織は塚本が雪乃に結婚を申し込んだ事を彩香に教える。 「冗談でしょう?先生には奥さんとお子さんがいらっしゃるんですよ?」と信じようとしない彩香に決定的な証拠として婚姻届けのコピーを見せる沙織。 婚姻届けの夫になる人の欄には塚本の名前と住所が記載されていた。 だが、雪乃の目当てはあくまでも塚本のお金。 雪乃が結婚を断ると、塚本は雪乃にしつこく付きまとうようになり、嫌気が差した雪乃は不倫の事実を公表し、愛人関係に終止符を打とうと決めたという。 プロ愛人の彩香は沙織の揺さぶりにも動揺せず、後援会のメンバーという立場を崩さない。 この後、沙織は写真と婚姻届けが入った封筒をテーブルに置いたまま去っていく。 彩香が封筒の中身を確認すると、そこには雪乃のインタビュースケジュールと撮影場所の地図も入っていた。 帰り道、芦原が別にも愛人がいた事に驚いていると、沙織は向こうから連絡があった事を教える。 沙織は芦原と別れ、クリニックで糸賀朱里(鈴木砂羽)のカウンセリングを受ける。 「私は正しいことをしているんでしょうか?自分では心の奥から湧き上がってくる衝動を止めることが…」「その衝動に従いなさい。 あなたがやろうとしていることは間違っていないから」沙織は朱里の言葉に安心しきった表情を浮かべる。 インタビュー当日、沙織と芦原が待つレストランに帽子にサングラス、マスクをした雪乃がやってくる。 早速、沙織がインタビューを開始すると、そこに彩香が現れる。 「あなた、先生の愛人なんですって?」「・・・」「何とか言いなさいよ!あんた何者なの!? 一体どういうつもり!? 」興奮した彩香は雪乃の腕を力強く掴む。 彩香は間に入ろうとする沙織を払い除け、「この女が言っている事は全部ウソよ」と続ける。 「この写真だって合成じゃない!先生はこんな軽率な行動を取る人じゃない!」「あたなに何がわかるの?」ついに雪乃が沈黙を破って反撃を開始する。 雪乃と彩香は激しく罵り合って修羅場になるが・・・。 果たして、塚本を地獄の底に叩き落そうとしている沙織が2人を引き合わせた思惑とは・・・。 ドラマは本当に面白い。 今期1位2位争うくらい。 木村多江さんの演技がとにかく凄い。 でもカミナリの二人はいらないです。 ブラックリベンジ動画1話から視聴者反響 木村多江さん主演のドラマ 『ブラックリベンジ』が面白すぎる。 旦那が捏造スキャンダルで追い詰められて自殺してしまい、同じ方法で復習する話。 今期のドラマで一番かな。 福島とアヤコ死んだのはちょっと予想外過ぎて呆然、、、二朗さんのイカれた演技最高だったのに — 杉山裕太郎 yutarosugiyama 平山浩行さんのいい熟れ具合。 天満龍二役の平山浩行さんがかなりよいかも、今後要注目。

次の

記事一覧

塚本舞 リベンジ

そんな文字がSNSのTLから飛び込んできた時、私は「あっ」と小さくつぶやき、全身の力が抜けるのを感じた。 とうとうそんな日が来てしまった。 その「ハロプロ人生」には数々のドラマがあった。 眩いばかりのあの日々も、ぐっと耐え忍んだ時間も、力強く立ち向かった戦いも、愛しい仲間たちのことも……すべて受け止め、抱きしめ、一歩一歩進んできた彼女がこれから見せたい景色とは。 15年という長い時間をハロプロメンバーとして生きた彼女の答えとは。 『ハロプロ エッグ オーディション2004』に合格し、当時10歳でハロプロエッグ入りした和田彩花。 健康的な肌色にキラキラとした大きな瞳、華奢な手足に舌ったらずな口調の少女は、ハロー! プロジェクト新人公演などでアイドルとしての研鑽を積み、2009年には「メジャーデビューを目指す為の新ユニット」のリーダーとして選出された。 2010年5月、「スマイレージ」としてメジャーデビューした彼女達は、デビューシングルからオリコントップ5入り、初の単独ライブツアー、アルバム発売、日本レコード大賞最優秀新人賞受賞と快進撃を続け、まさに順風満帆だった。 風向きが変わったのは、その翌年。 「スマイレージに何かが足りない」「だから、メンバー募集します」新メンバーオーディションの開催、オリジナルメンバーの卒業、新メンバーの離脱、更なるオリジナルメンバーの卒業、これらのことが短期間で起こり、それ以外にもきっと色々な要因があり、のちにメンバーが「どん底」と表現するに至る、スマイレージにとって辛い時期が始まるのであった。 翌2012年から6人体制での活動をスタートさせるも、規模や活動は縮小し、集客不足の現状に涙を流すメンバーの動画が公式に公開されるなど、頑張っても頑張っても報われない日々は続いた。 それでも6人は結託し、スキルを磨き、リベンジの炎を燃やした。 47都道府県のライブハウスを回り、様々な「下積み」を経て、2014年7月には初の日本武道館公演に辿り着いた。 そして運命の9月、3期メンバー加入とグループ名の改名が発表された。 存続し繁栄し続けるための前向きな決定、グループを愛しているからこその決断だった。 現体制でのツアーファイナル前日、あやちょのブログには6人になってからの悔しい気持ち、ホールツアーができる他のハロプログループが羨ましいこと、ライブへの熱い思いが綴られている。 そして最後にはこう締めくくったのだ。 悔しい思いがたくさんありましたが、、、 それは、もう、すべてこの言葉で片付けましょう! この言葉使うのも明日で終りますように!笑 「スマイレージはいつもこうだ」 そんなあやちょの強い決意と共に「アンジュルム」として生まれ変わったグループは、高いパフォーマンススキルとフレッシュな華やかさを持ち合わせた、非常に好戦的な戦闘集団へと進化した。 『大器晩成』『乙女の逆襲』『七転び八起き』『臥薪嘗胆』『出すぎた杭は打たれない』『ドンデンガエシ』……タイトルからも伝わってくるほどギラギラとした楽曲群は彼女達を鼓舞し、またファンの士気を高めた。 気づけば、履歴書を片手にオーディション会場を訪れた少女は、ハロー!プロジェクトのリーダーを努める大人の女性になっていた。 ボイストレーニングで涙を拭っていた彼女はもういない。 そしてそんなあやちょを見るたびに、一人の人間として自立した美しい姿を見るたびに、ああきっといつかそんな日が来てしまうんだろうな、と思っていた。 気づいていた。 でも気づきながらも、見て見ぬふりをしていた。 冒頭に戻る。 来年春のグループ卒業とハロー!プロジェクト卒業についての報告と共に、今の気持ちを丁寧に綴ったブログを更新してくれたあやちょ。 グループアイドルとしての夢とそれぞれの人生。 これはとても脆くデリケートな問題で、誰もがはっきりと口にすることを躊躇ってきたのではないだろうか。 現役のアイドルならば尚更である。 それらを決して曖昧な言葉でなく、真摯に、時に鋭利に、自分自身の未来として思考し提示してくれた。 そこには人間としての素晴らしさとアンジュルムへの愛情が溢れていた。 そしてハロー!プロジェクトメンバーとして少女から女性への唯一無二な時間を過ごした、彼女の青春が定義されていた。 彼女が愛し、育み、守り続けてきたアンジュルムの最高の瞬間を、一人でも多くの人に目撃して欲しい。 そして来年春までの貴重な時間を、是非とも共有して欲しい。 きっと、あなたの中の「アイドル」を軽々と超えてくるはずだ。

次の

【全話無料】ブラックリベンジ動画1話無料視聴方法!

塚本舞 リベンジ

人気ユニット・夏の魔物のボーカルとしても現在活躍中の人気グラビアアイドル・塚本舞が、思わず眠気も吹き飛んでしまいそうな「おねむツイート」を投稿、その内容に、多くの男性ファンからの視線が集まっている。 これは塚本が2月24日に自身のTwitterアカウントで公開したもの。 彼女は「おはようございます!昨日は遅くまで台本確認してたので、ねむたいぞ。。 でも毎日とっても楽しくて、贅沢な日々です 今日は撮影からの稽古 たくさんツイートもするぞ~!」というコメントと共に、スタジオのような場所で撮ったと思しきビキニショットを投稿。 当の塚本自身は眠気のある様子ではあるものの、無論、これを見た男性ファンの目はもちろんパッチリ。 すぐさまネット上でも「くっそエロいw」「おいらは逆に目が冴えてきたやで~www」「今日もエロくて何よりw」「これどこで撮ったんかな?なにげにめっちゃエロい」「こんな水着でそのへんにおったらさらわれてしまうでw」「おじさんも元気もろうたで!舞台稽古がんばってやー」といった声が相次いだ。 ちなみに、そのハッシュタグから察するに、彼女の言う「稽古」とは、3月16日より上演される舞台『熱いぞ! 猫ヶ谷!! 』(品川プリンスホテル クラブeX)に備えてのものである模様。 グラビアに、音楽に、そして舞台にと春に向かってフルスロットルで活躍中の彼女に、今後も多くのファンからの人気と注目が集まりそうだ。 おはようございます!昨日は遅くまで台本確認してたので、ねむたいぞ。。

次の