ソフトバンク paypay。 ソフトバンク契約で「PayPayボーナス1万円分」もらえるクーポン配布中!

ソフトバンクとヤフーの決済サービス「PayPay」の強みとは? 中山社長が語る

ソフトバンク paypay

前回、本コーナーにはと題して、毎月割の対象だったのに、毎月割が適用されていなかったという話を書いた。 Twitterの反応を見ると、他にも同様のミスで適用されてなかった人が居たようで、やっぱり、料金明細は確認しないといけませんね。 でも、こうした料金明細ではちょっとわからないのが各社が提供している還元策。 最近、総務省は「期間拘束のある契約はよろしくない」と言ってるけど、数年前には「長期契約者を優遇しなさい」と言ってたわけで、いったい何がしたいんだか…… 笑。 おかげで各携帯電話会社の施策は右往左往している感じだけど、各社と契約しているユーザーの中には、「今さら、携帯電話会社を変えるつもりないし、長く使ってるんだから、ちょっとくらい優遇してくれよ」という考えの人も多いはず。 そんなユーザーのニーズに応えるため、NTTドコモはや、auはやを提供している。 MVNO各社でもIIJmioがを提供中。 mineoもを提供していたけど、電気通信事業法改正の影響で、10月1日以降に申し込んだ場合は特典が付与されなくなってしまった。 主要3社の内、ソフトバンクも長く利用しているユーザーのために、という還元策を提供していて、契約期間の長さに応じて、ポイントが付与されている。 従来は「期間固定Tポイント」で還元されていたが、2018年12月にが発表され、2019年8月から特典内容がされた。 これに伴い、ソフトバンクのユーザーにはおそらく+メッセージ(SMS)で、「【長期継続特典】PayPayアカウント設定のお願い」というメッセージが届いているはず。 長期継続特典の内容がTポイント(期間限定)からPayPayに切り替わったため、契約ユーザーにはこんな案内のSMSが届いている 特典内容は、2年に一度、または契約更新ごとに、初回は3000円相当、2回目以降も1000円相当のPayPayボーナスがもらえ、契約年数や利用金額に応じて、毎月最大5%のPayPayボーナスがもらえるという。 あらためて説明するまでもないけど、もらったPayPayボーナスはコンビニエンスストアなど、街中のPayPayが使えるお店での支払いに利用できる。 ソフトバンクを長く利用しているユーザーなら、もらっておいて損はないだろう。 ただし、このPayPayボーナスを利用した長期継続特典の還元策は、ちょっとわかりにくいうえに、扱いにくい面がある。 PayPayボーナスを受け取るには、前述の通り、PayPayアカウントが必要だけど、実は、PayPayが昨年、を実施したとき、一部で話題になったように、PayPayアカウントは基本的に1人あたり、1つのアカウントで、1つの電話番号(もしくはYahoo! JAPAN ID)で設計されている。 キャンペーンの20%還元を何度も受けるために、1人でいくつもPayPayアカウントを作成したユーザーが還元ポイントの受取時にPayPayアカウントを無効にされたというニュースが報じられたため、それ以降は、1人あたり1アカウント、1電話番号という認識が一般的だった。 その結果、ソフトバンクで複数の回線を契約しているユーザーは、長期継続特典がPayPayに切り替わっても1つの回線でしか、PayPayボーナスを受け取れないのではないかと考えていた。 たとえば、ソフトバンクで同一名義で二台持ちをしている場合、長期継続特典のPayPayボーナスを受け取るには、それぞれ個別にPayPayアカウントを作成する必要がある。 ところが、前述の件もあり、「複数のPayPayアカウントを作成すると、削除されることがある」という認識のため、複数回線を契約するユーザーは「2回線目以降はPayPayアカウントが作成できない=PayPayボーナスを受け取れない」と考えていたわけだ。 ちなみに、長期継続特典でPayPayアカウントを作成しない場合、特典がまったく受けられないわけではなく、フィーチャーフォンなど、PayPay非対応機種を持つユーザー向けの「2年に一度、または契約更新ごとに1000円相当の通信料割引」と「契約年数や利用金額応じて、毎月最大5%の通信料割引」という特典の適用が受けられる。 ただし、単純に比較して、「PayPayボーナスの3000円相当」だったものが「1000円相当の通信料割引」に目減りするわけだから、ハッキリ言って、かなり損した気分だ。 筆者もソフトバンクで複数の回線を契約していて、その内の1つの回線でiPhone 11を利用しているため、「2回線目以降は、長期契約特典のPayPayボーナスを受け取れないの?」と、ソフトバンクとPayPayに問い合わせてみたところ、実はそれぞれの回線の長期契約特典を「PayPayボーナス」で受け取れることがわかってきた。 PayPayアプリの外部サービス連携で「ソフトバンク・ワイモバイル」の連携を設定すれば、PayPayボーナスを受け取ることができる。 ちなみに、Yahoo! JAPAN IDの連携はすでに他の電話番号と連携されているYahoo! JAPAN IDと連携できないため、Yahoo! JAPAN IDも回線ごとに登録する必要がある まず、PayPayのアカウントは不正利用を目的としていなければ、1人で複数のアカウントを作成することができる。 ただし、PayPayアカウントに紐付く電話番号、もしくはYahoo! JAPAN IDは個別に必要。 長期継続特典で付与される「PayPayボーナス」を受け取るだけであれば、ソフトバンクの携帯電話番号などで作成して、PayPayのアプリ内で「外部サービス連携」を設定すれば、完了。 次に、PayPay残高にセブン銀行のATMで現金をチャージしたり、ヤフオクの売り上げからチャージしたいときは、PayPayアカウントに銀行口座を登録するか、写真付き本人確認書類(運転免許証など)を登録して、本人確認を行なう必要がある。 本人確認が済んだ状態でチャージした残高は「PayPayボーナス」とは別物で、「PayPayマネー」と呼ばれ、言わば、「お金」と同じ扱いになる。 PayPayの対象店舗で支払うときは、どちらも同じPayPayの残高として利用できるけど、出金や送金(わりかん機能)については、PayPayマネーの残高から差し引かれる。 有効期限があるものは「PayPayボーナスライト」という名称で区別されている。 これに対し、「PayPayマネー」は「お金」と同じ扱いのため、本人確認が必要になるわけだ。 いわゆるマネーロンダリング(資金洗浄)の問題があるので、このあたりはしっかりと区別されている。 PayPayボーナスとPayPayマネーの違いについては、PayPayのされているので、目を通しておくことをおすすめしたい。 ちなみに、PayPayボーナスを利用した還元策は、ソフトバンクやワイモバイルで対象機種を購入したとき、1000円、3000円、5000円のPayPayボーナスがもえらえるなどでも採用されている。 これも付与されるのは「PayPayボーナス」なので、電話番号が紐付いたPayPayアカウントのみで受け取ることができる。 付与されたPayPayボーナスを他のPayPayアカウントに送ることはできないが、お買い物などには利用できる。 また、長期契約特典とは関係ないけど、PayPayアプリ内で、PayPayアカウントをYahoo! JAPAN IDと連携させる設定は、すでに他の電話番号と連携済みのYahoo! JAPAN IDは連携できない。 そのため、回線ごとにYahoo! JAPAN IDを登録しないといけない。 このYahoo! JAPAN IDに関連する仕様は、以前、ワイモバイルとYahoo! プレミアムとの連携でも指摘したんだけど、また同じような制限をくり返していて……。 (、) とまあ、とりあえずは長期継続特典のPayPayボーナスを受け取ることはできたので、課題はひとつクリア。 国のキャッシュレス政策の後押しもあり、PayPayがQRコード決済で拡大していることは認めるけど、そもそものお膝元のサービス連携がわかりにくすぎて、閉口してしまった。 とにかくPayPayもソフトバンクも説明が下手すぎて、中途半端な内容しか伝わらないというのが正直なところ。 「PayPayマネー」と「PayPayボーナス」の違いなんて、どれだけの人が理解しているんでしょう? 次々と使い道を拡げていくのはいいけど、ちゃんと体系立てて説明したり、もっと解説を充実させていかないと、お客さんの理解度はそう簡単に拡がっていきませんよ。 >ソフトバンクさん、PayPayさん.

次の

ソフトバンクユーザーがPayPayを使うメリット!連携方法・まとめて支払いを解説

ソフトバンク paypay

「メリハリプラン」への加入が必要です。 ・48回払いで購入し、25カ月目以降のソフトバンクでの買い替え時に旧機種回収で最大24回分の旧機種の分割支払金・賦払金(頭金は対象外)のお支払いが不要になるプログラムです。 ・お申し込み状況等によって時期が前後にずれることがあります。 お客さまの特典受付開始日は、ソフトバンクのホームページ上で案内するタイミングから、My SoftBankでご確認いただくことができます。 ・旧機種は、買い替え日の翌月までにソフトバンク指定の回収・査定条件を満たす必要があります。 査定条件を満たさなかった場合、回収に加えて20,000円(不課税)のお支払いが必要です。 特典受け取りまでの流れ• のウェブ・電話購入でクーポンをご利用いただけます。 ウェブでお申し込みの場合 本ページでクーポンを取得した後、から機種を選択して、各機種の詳細ページ内の「ウェブから申し込む」ボタンよりご購入いただくとクーポンが適用されます。 電話でお申し込みの場合 下記の電話番号から購入ください。 本企画クーポンのご利用意思とクーポン番号をオペレーターにお伝えいただくと、クーポンが適用されます。 お申し込み前の準備 必要な書類などについてはをご確認ください。 クーポンを使える契約の種別• ・のりかえ(MNP)を含む新規契約• 有効期限は付与日から60日です。 PayPay公式ストアでも利用可能。 特典クーポン <特典クーポン取得の対象条件> クーポンページ上でログインをするYahoo! JAPAN IDを「前月末時点」で取得していること。 ただし、有効期限内の特典クーポンがあるYahoo! JAPAN ID、本企画にて1年以内に特典を進呈しているYahoo! JAPAN IDは対象外です。 <取得方法> クーポンページまたは上で特典クーポン取得の対象条件を満たすYahoo! JAPAN IDにてログインすると取得可能です。 <クーポンのご利用方法> 契約時にクーポンを以下の方法でご利用ください。 ソフトバンク取扱店でお申し込みの場合 クルーにクーポンを提示ください。 クルーがクーポン番号をご契約時に登録します。 電話でお申し込みの場合 下記の電話番号から購入ください。 本企画クーポンのご利用意思とクーポン番号をオペレーターにお伝えいただくと、クーポンが適用されます。 オンラインショップでお申し込みの場合 の「申し込む」ボタンもしくは対象機種一覧の機種名、またはから機種を選択し各機種の詳細ページ内の「ウェブから申し込む」ボタンよりご購入ください。 <クーポンの注意事項>• お申し込み時に有効な特典クーポンのご利用がない場合、特典対象外です。 特典対象ID 特典クーポンを取得し、適用条件を満たしたYahoo! <B> ご契約回線がソフトバンク指定の以下「対象料金サービス」に加入していること。 特典除外条件 以下条件のいずれかに合致した場合は特典進呈の対象外です。 特典クーポンの有効期限内に特典クーポンを利用してソフトバンクの新規契約(のりかえ、ワイモバイルからの番号移行を含む)、契約変更を完了しなかった場合• 本特典と併用不可のソフトバンクキャンペーン、プログラムへお申し込みになった場合• 特典対象のYahoo! 不正な行為を行っているYahoo! JAPAN IDであると当社が判断した場合• 特典の受け取りまでに特典対象のYahoo! JAPAN IDに対して付与します。 特典の受け取り状況はよりご確認いただけます。 実際に特典を利用するには、特典対象のYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要です。 お申し込みいただいた月の翌々月20日から末日ではありません。 PayPayボーナスライトについて• 付与されるPayPayボーナスライトは、PayPay残高を送る機能やわりかん機能では利用できません。 付与されるPayPayボーナスライトは、銀行口座への出金はできません。 付与されるPayPayボーナスライトは、PayPay公式ストアでも利用可能です。 Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウント連携が済んでいない場合、PayPayボーナスライトは未連携残高となります。 未連携残高はよりご確認ください。 なお、未連携残高の状態ではPayPayボーナスライトは利用できません。 60日を過ぎると失効します。 未連携残高からPayPay残高への移行が完了すると、未連携残高だったときの移行期限が、移行したPayPayボーナスライトの有効期限になります。 すでに連携済みのYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携を解除された場合、既存のPayPay残高はPayPayアカウントに残りますが、新たに付与されるPayPayボーナスライトは未連携残高となり利用できません。 Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントを連携後、システム上の都合等により、付与されたPayPayボーナスライトを利用できるまでに時間がかかる場合があります。 お客様のご利用状況やシステム上の都合等により、PayPayボーナスライトの付与に時間がかかる場合があります。 その他ご注意事項• 特典の提供主体はヤフー株式会社です。 特典の受け取りは、回線契約者ご本人様に限ります。 なお、回線契約者に対して、ソフトバンク株式会社より本特典利用に関しての通知をお送りいたします。 特典およびソフトバンクのご契約は個人が対象です。 法人は対象外です。 JAPAN IDで、本特典クーポンを重複して発行はできません。 「対象者限定クーポンでソフトバンク契約特典」においては1つのYahoo! JAPAN IDにつき、特典受け取りは1年に1回のみです。 特典の内容および適用条件は、予告なく変更する場合があります。 本企画は予告なく終了する場合があります。 クーポン取得後、特典対象のYahoo! JAPAN IDに登録のメールアドレスあてにYahoo! 携帯ショップからのお知らせメールが届くことがあります。 keitaishop-info-master mail. yahoo. jpからのメールを受信できるよう設定ください。 本特典以外にも、同時期または提供期間終了後におトクな特典を提供することがあります。 ご契約後に特典対象のYahoo! JAPAN IDでログインできるように、パスワードを使ったログイン認証に変更してください。 2020年7月14日改訂.

次の

ソフトバンクスマホユーザー限定で毎週日曜日は、PayPayモール最大20%還元、Yahoo!ショッピング最大16%還元、LOHACO最大17%還元。

ソフトバンク paypay

まだインストールしていない方は上記からどうぞ。 PayPayアプリをインストールしたあとは,アプリ下部の「アカウント」から「外部サービス連携」で「ソフトバンク・ワイモバイル」と連携すればOKです。 ソフトバンク・ワイモバイルと連携する際には,Wi-Fiを切って,ソフトバンク・ワイモバイルの4G回線(5Gも可)で通信できるようにする必要があります。 ソフトバンクのAndroid SIMはSIMフリー機でも通信できない めっちゃ懐かしいソフトバンクのAndroid特設ページを発掘してきました。 とにかく,ソフトバンクはいろいろと特殊(罠が多い)で有名です。 上記にあるように,ソフトバンクのAndroidのSIMは,SIMフリーやSIMロック解除済み他社端末でそのまま通信ができません。 まあ,普通であれば,ソフトバンクの長期継続特典をもらうような人は,そのままソフトバンクの端末を利用していることが多いと思いますが,そうでない場合(なぜか寝かせSIMを裸で持ってる場合)はちょっと苦労します。 「スマホデビュー割」「スマホデビュープラン」等の割引を維持したままの人は私と同じ羽目に陥っているかと思います…。 保守端末がないと厳しいですね…。 SIMフリー機でいけたという方は,コメント欄で教えてくださると嬉しいです。 該当回線のSIMを刺してソフトバンクとPayPay連携をしたら3,000PayPayボーナスもらえました 上記の手順で,該当ソフトバンクSIMを刺したPayPayアプリから連携が完了しました。 PayPayアプリで連携した直後には反映されなかったのですが,30分ほどしたあとで見たら,3,000円分のPayPay残高が反映されていました。 上記はPayPay残高の内訳で,あくまで送金できないPayPayボーナスとして3,000円分です。 ・PayPayフリマの売上金を利用してPayPay残高にチャージした残高です。 出金や、PayPay残高を送る機能、わりかん機能で友だちに送ることができます。 JAPANカードや、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してPayPay残高にチャージした残高です。 PayPay残高を送る機能や、わりかん機能で友だちに送ることができます。 PayPay残高を送る機能や、わりかん機能では使えません。 PayPay残高を送る機能や、わりかん機能では使えません。 また、有効期間が設定されており、有効期間を過ぎると失効します。 なお、Yahoo! JAPANが付与するPayPayボーナスライトを利用する際には、Yahoo! JAPAN IDの連携が必要です。 PayPay残高の種別については上記をご参照ください。 まとめ ソフトバンクの長期継続特典は,2019年8月29日からPayPayボーナスに変更されています。 実は2019年8月29日にPayPayボーナスに変更される前は,期間固定Tポイントでした。 期間固定Tポイントは,契約時期によっても違いがあり,2017年11月30日以前に契約した方は,なんと2年に一度,3,000円分ずつ受け取れたんですね。 PayPayボーナスもこれに準じてくれれば良かったのですが,改悪されました。 ともあれ,ソフトバンクを契約している人は,1回目更新の3,000円分のPayPayボーナスはもちろん,2回目以降更新の1,000円分も受け取らないのは損です。 ソフトバンクを契約していて,PayPayアプリを入れてない方は,まずPayPayアプリを入れて….

次の