お手数 を おかけ し て 恐縮 です が。 「お手数をおかけして」の意味・目上の人へ使うのは失礼か

「お手数をおかけしますが」を徹底解説!類語もチェック

お手数 を おかけ し て 恐縮 です が

「お手数おかけします」の意味と読み方 「お手数おかけします」の意味 「お手数おかけします」は、行動をしてくれる相手に対し、お詫びや感謝の気持ちを表現する言葉です。 「手間や面倒をかけてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします」という意味がこもっています。 「手数」は、行動に必要な動作や細工の数、またそれが多くて面倒なことを、「かける」は、あることや物のために労力や時間などを費やすこと、負担をかけることを示しています。 「お手数」の2つの読み方 「お手数おかけします」は「おてすうおかけします」と読まれることが一般的です。 「手数」=「てすう」は訓読みと音読みが混じった変則的な読み方になります。 一方、「お手数」を「おてかず」と読むこともあります。 「手数」だけを抜き取って考えると「てすう」のほかに「てかず」という読み方が存在しており、「手数」単体では訓読みをする「てかず」が本来の読み方になります。 「てかず」は、なにか物事をするための労力や手間、将棋や碁の手の数、ボクシングでの手を出す数を意味します。 基本的には「おてすう」「おてかず」どちらのの読み方をしても問題はありません。 「お手数おかけします」の類語 「ご面倒をおかけします」との違い 「面倒」は、手数がかかる不快なことや煩雑でわずらわしいことを意味しています。 その「面倒」の負担をかけることかけることへのお詫びや感謝を表現する言い方です。 意味としては「お手数おかけします」と同じで、使うシチュエーションも同じです。 「お手を煩わせる」との違い 手を煩わせる、つまりこれは相手に面倒をかけることをへりくだる表現です。 「お手数おかけします」や「ご面倒をおかけします」は、それ単体でお詫びや感謝を伝えることができます。 「お手を煩わせる」は、「お手を煩わせて申し訳ありません」などのように、お詫びの言葉などと組み合わせて使用します。 「お手数おかけします」の使い方 「お手数おかけします」はクッション言葉 お詫びの気持ちや感謝を伝えるだけではありません。 後に続く文章にワンクッション置く、クッション言葉としても使えるのが「お手数おかけします」なのです。 そのほかには「恐縮ですが」や「申し訳ございませんが」などもクッション言葉です。 ビジネス上でクッション言葉を使用すると、表現を少しぼかすことができ、話や取引を円滑に進めることにつながることもあります。 文章としては助詞がある「お手数をおかけします」が正確ですが、口語で使う場合には「を」と「お」がつながり「お手数おかけします」と使われる場合が多いようです。 改まった場面やメールなどの文章では、「お手数をおかけします」と「を」加えるとよいでしょう。 表現のバリエーションとして覚えておきましょう。 「お手数おかけします」は上司にも使える 上司など、目上の人にも使うことができる表現です。 相手に手間や面倒に当たる「手数」をかけさせてしまう場合に使用する尊敬語にあたります。 単純にお願いをする「よろしくお願いします」などの表現だけを使用するよりも、「お手数おかけします。 よろしくお願いします」もしくは「お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします」のように1文加えるだけで、より丁寧で好印象を持たれる表現になります。 相手に何かを教えてもらう時や、確認して欲しい時など幅広いシーンで使うことができます。 「お手数おかけします」の例文や返事 「お手数おかけします」を使った例文• お手数をおかけして恐縮ですが、何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします• お手数をおかけしますが、ご確認いただけますでしょうか• お手数おかけしてすみません(申し訳ありません)• 私用なお願い事で、何かとお手数おかけしました• お忙しいところ、お手数おかけします 「お手数おかけします」だけでも感謝や詫びの気持ちは伝わりますが、さらに「申し訳ありません」や「恐縮です」と言った詫びの意味を持った言葉をつなげて表現することがあります。 ビジネス上で何かと使用する「お手数おかけします」の表現を、いくつか覚えておくと表現の幅が広がるので便利です。 「お手数おかけします」への返事 相手に「お手数おかけします」と言われた場合はどのように返事をすれば良いでしょう。 大丈夫ですよ。 いつでもおっしゃってください。 構いません。 気にしないでください。 どういたしまして。 滅相もないことです。 とんでもございません。 相手は、手数をかけたことに対してお詫びの気持ちを持って「お手数おかけしました」と言ってきているので、その気持ちを打ち消す内容の返事をするようにしましょう。 立場的に対等な相手であれば、どの表現を使っても良いのですが、目上の人には「とんでもございません」「滅相もないことです」などが好ましいでしょう。 まとめ 「お手数おかけします」「お手数をおかけしますが」は、相手への気遣いを感じさせる表現です。 ビジネスシーンはもちろんのこと、あらゆるシーンで使われます。 場面や相手に応じたやりとりを上手にこなすことで、マナーのきちんとした常識のある人物だという印象を相手に与えることができます。 ぜひマスターしておきましょう。

次の

「お手数をお掛けして申し訳ありません」の意味と正しい使い方

お手数 を おかけ し て 恐縮 です が

ご存知の通り、これは日本語の「たてまえ」表現となりますので英語ではこの類の表現は存在しません。 それは英語の場合、なんでも「本質」、「表面的な価値より実力」が常識となるからです。 そこであえて最も近い表現を探すとなれば、英語の場合は実際のところ「具体的に何をするか、しているか」を言葉にした表現になりますね。 " 、これは日本語に直すと「てこずらせて申し訳ありません。 」、文脈や使い方によっては、「恐れ入りますが、・・・」とか、「お手数ですが、・・・」、さらに「誠に恐縮ですが、・・・」、という日本語の使い方に近いニュアンスで使えますね。 " 、直訳すると「事前にお時間をとっていただけることをお礼申しあげます。 」というような、いわゆる「よろしくお願い致します。 」というニュアンスと同時に、「お手数おかけしてすいません」的な意味合いを込めた定番の締め言葉があります。 もちろん、上記の両方を使った組み合わせであればより丁寧になりますね。 英語は日本語とは違う別の言語であるが故に、例えビジネスでもそこには違った感性で作られた表現があります。 して頂けませんでしょうか? 文書でも対面でも、 相手に最大限敬意を払ってお願いをするときにこういった言い方をします。 直訳すれば、 「あなたは、... して頂けるほど優しくあって頂けますか?」 日本語にすると不自然ですが、言葉の成立のされ方や文化の違いでしょうね。 例 Would you be so kind as to provide me with your residential address and your current occupation. I appreciate your time in advance. 恐れ入りますが、現在の住所とご職業をお教えいただけますでしょうか? お手数をおかけ致します。 こちらの"afraid"は「怖がっている」ではありません。 ニュアンスは、「次に言いたいことがあまりよくないですが... 」です。 "To say"を省略しても大丈夫です。 例えば、"I'm afraid we cannot send the text a day earlier. " 恐れ入りますが、原稿については、一日早いの納品ができかねます。 "でも言えます。 ちなみに、より丁寧に言いたかったら、"Sorry"の先に"I'm really"あるいは"I'm terribly"をお加えくださいませ。

次の

「お忙しいところ」のビジネスメールでの正しい使い方

お手数 を おかけ し て 恐縮 です が

ビジネスシーンにおいて、「恐縮」という言葉は使用頻度が高い言葉の一つです。 「恐縮」という言葉はよく耳したり、メールや文書などでもよく見る言葉ですが、どういった意味でどのように使われるでしょうか。 ここでは、「恐縮」の意味や使い方についてみていきます。 「恐縮」の意味 「恐縮」とは、恐れにより身が縮こまるという意味で、相手に迷惑をかけたりまたは相手から何か厚意を受けた場合などに、相手に申し訳ないという気持ちを表す言葉です。 ビジネスシーンにおいては、厚意を受けたばあいに申し訳ないという気持ちを表す際に使われることが多いです。 言い換えれば、「すみません」にあたる言葉ですが、「すみません」だとただ謝っているだけですが、「恐縮です」となると申し訳ないという気持ちのほか、厚意を受けて感謝を示すという意味も付け加えられるため、よく使われます。 「恐縮」の使い方 「恐縮」はビジネスシーンにおいてよく使われますが、どういった使い方をするのでしょうか。 ここでは、「恐縮」の使い方、例文、また使用する場合の注意点についてみていきます。 1.相手への感謝 「恐縮」という言葉を使う場合に気を付けなければならないことがあります。 それは、「恐縮」という言葉は基本的には書き言葉であるため話言葉ではあまり使わないということです。 もし、話言葉として使うのであれば「恐れ入りますが」とか「恐れ入ります」というような言葉を使った方が堅い印象がなくすんなりと受け入れることができます。 「恐縮」という言葉は、基本的には書き言葉であるということをおぼえておきましょう。 また、「恐縮」という言葉はここぞという場合には、相手への気遣いが感じられ好印象を与えることができますが、使いなれていく中で多用してしまうと逆効果となります。 あまりに、「恐縮です」「恐縮ですが」などと使っていると、相手は口癖(好きな言葉)なのかと捉えるだけで、本来の感謝している気持ちが伝わりにくくなります。 「恐縮」の例文 「恐縮」を使った文はさまざまなシーンで使われます。 ここでは、「恐縮」を使った例文をいくつかご紹介します。 恐縮です 「恐縮」という言葉を使った表現に、「恐縮に存じます」という言い方があります。 「恐縮に存じます」とは、「恐縮です」をより丁寧にした言い方で、目上の人へ言う場合に使われます。 さらに、「非常に恐縮しています」という意味で、「恐縮至極に存じます」という言い方もあります。 以下に「恐縮に存じます」の例文をご紹介します。 」 恐縮しております 「恐縮」という言葉を謝罪に使う場合などは、「恐縮しております」という表現をすることがあります。 例えば、以下のように使います。 (例文) 「このたびは並々ならぬご指導をいただき恐縮しております。 」 「今回の失態でご迷惑をおかけしまして、大変申し訳なく恐縮しております。 」 「恐縮の至り」の意味と使い方 「恐縮」という言葉は、相手の厚意に対して申し訳ない、恐れ多いという気持ちを表したり、これから依頼することに対して枕詞的に「恐れ入りますが」と言って、依頼する側の申し訳ないという気持ちを伝えるために使われます。 つまりは、厚意に対する謝罪や感謝の気持ちを表す効果があります。 そして、「恐縮」には、その他にもクッション言葉として、こちらからの依頼などについて語感を和らげる効果もあります。 ただ依頼文を書くよりも、この「恐縮ですが」を頭に入れるだけで相手が受ける印象が変わります。 以下にクッション言葉としての「恐縮」の例文をいくつかご紹介します。 クッション言葉の「恐縮」:例文 以下が「恐縮」をクッション言葉として使っている例文です。 (例文) 「重ね重ねご迷惑をおかけして恐縮ですが、ご依頼の件どうぞお願いいたします。 」 「勝手を申しまして恐縮ですが、資料を事前に送付願えませんでしょうか。 」 「私事にて恐縮ですが、このたび〇月〇日に結婚披露宴を執り行うこととなりました。 」 「恐縮」と似たようなクッション言葉 「恐縮」がクッション言葉として使われていることをご紹介しましたが、以下のようにほかにも同じような意味で使われているクッション言葉があります。 (類語) 「恐れ入りますがご返事を少々お待ちいただけますでしょうか。 」 「恐れ入りますが、お手持ちの資料を次回まで一とおり目を通していただけると幸いです。 」 ビジネスシーンで使える「恐縮」を使った言葉 ビジネスシーンにおいて「恐縮」という言葉がよく使われるということをご紹介しましたが、実際にどういった形で使われるのでしょうか。 ここでは、ビジネスシーンでよく使う「恐縮」を使った文をご紹介します。 ビジネスシーンの「恐縮」:お礼 ビジネスシーンにおいて「恐縮」は、お礼としても使えます。 「恐縮」をお礼として使う場合の例文が以下になります。 (例文) 「いつも御心にかけていただき、まことに恐縮しております。 」 「平素は格別のご高配をいただき、恐縮に存じます。 」 ビジネスシーンの「恐縮」:会ったときのお礼 ビジネスシーンにおいて「恐縮」は、会ったときのお礼としても使えます。 「恐縮」を会ったときのお礼として使った例文が以下になります。 (例文)「本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただき恐縮です。 」 ビジネスシーンの「恐縮」:評価されたとき ビジネスシーンにおいて、「恐縮」は相手から評価してもらった場合にも使えます。 「恐縮」を相手から評価してもらった場合の例文が以下になります。 (例文)「本日は私の資料についてお褒めいただき、まことに恐縮です。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 」 「恐縮」の英語表現 「恐縮」という言葉を使った「恐縮です」「恐縮の至りです」という表現は、相手に申し訳ないという意味の言葉です。 英語で「恐縮の至りです」を表現しようとすると、「申し訳ない」という意味のsorryを使い、以下のようになります。 ・「ご心配をおかけしまして、恐縮の至りです。 」 シーン別「恐縮」の使い方 前述にもありますように、さまざまなシーンで使われます。 そして、「恐縮」は一つだけの意味ではなく、シーンごとに意味合いが異なる言葉でもあります。 ここでは、シーン別の「恐縮」の使い方、そしてその場合の意味についてみていきます。 感謝 「恐縮」という言葉には、相手から受けた厚意に対する感謝の気持ちを伝えるという役割もあります。 例えば、上司や取引先や顧客など目上の人から誉めてもらった、感謝の言葉をもらったなどの場合に、その言葉への感謝の気持ちとして「恐縮」という言葉を使います。 この場合の「恐縮」は、「ありがとうございます」「感謝しております」という意味と同じく用いられるのですが、その感謝の意味に加え「身の程を越えたお褒めの言葉をいただいて」といった謙遜の意味も加わるため、ビジネスシーンにおいて目上の人に対して使うことが多いです。 依頼 「恐縮」という言葉には、相手になにかを依頼したり、了承を得たりする場合に使うことがあります。 例えば、「お手数をおかけして大変恐縮ですが、〇月〇日までにお返事をいただきたくお願いいたします。 」というように、依頼内容の前に「恐縮」という言葉を入れる使い方があります。 代替の言葉としては、「申し訳ありませんが」「お手数ですが」といった言葉になり、「恐縮ですが」と言うとさらに相手に申し訳ない感じが強い表現となります。 丁寧な挨拶 「恐縮」という言葉は、丁寧な挨拶言葉として使用することもあります。 例えば、「お暑い中、わざわざ足を運んでいただき、大変恐縮です。 」といったように使います。 「恐縮」の意味と使い方を覚えましょう いかがでしたか。 「恐縮」という言葉は、ビジネスシーンにおいてよく使われる言葉であり、依頼を行ったり了承を得たりする場合に使ったり、感謝の意を伝える場合に使ったり、また謝罪する場面で使ったりします。 それぞれ使うシーンや前後の文章によって意味合いが異なってきますので、シーンに合った使い方をしましょう。 また、「恐縮」はあまりに頻発して使うと、かえって適当にこの言葉を使っている印象を相手に与え、不快にさせる危険があります。 もし、何度か使いたい場合には類語表現を併用してみてはいかがでしょうか。 「恐縮」という言葉は、ビジネスシーンではよく使う言葉ですので、きちんと意味と使い方を覚えておきましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の