ミステリ 漫画。 【漫画】実写ドラマ化確定!?ミステリと言う勿れが面白すぎる

ミステリと言う勿れ4巻を無料で読むならこのサイトが最強?漫画村、zip、rarとは比べものにならない?

ミステリ 漫画

田村由美先生の「 ミステリ と 言う 勿 れ 」 6巻 まで一気に読んでしまったわ!!面白い!整くんはお友達にはなれなさそうな子だけど、こんなこだわり強い子がいたら面白いよね。 完全巻き込まれ型なのも。 ぷぷぷ。 いろんな事件や過去の糸がどう絡み合ってくのか期待。 犬堂トリオいいわ。 ———————————————— ミステリ と 言う 勿 れ 6巻 読みました。 田村由美さんのマンガ読む と 何故か手に汗を握ってしまう。 後半のある人物の目がマジ怖くてヒッてなりましたわ。 最初おっちゃんが絡んでるか と 思ったのに見捨てたの?本当に?猫呼んでないの? ———————————————— 『ミステリと言う勿れ6巻』は無料の漫画村やzip、rarで全ページ読むことはできるの? 『ミステリと言う勿れ6巻』を完全無料で読む方法! と、言われましても、一体どうやって完全無料で読むのか、いまいちイメージできませんよね……。 そこで、もしかしたら、 「 漫画村」や「 zip」「 rar」といった違法サイトを使用して、読むんじゃないか? そう思われてしまっているかもしれませんが、 実は、「漫画村」や「zip」「rar」を利用する方法ではないありません。 と、いうよりも、「漫画村」や「zip」「rar」は、利用したくても、 現在ほとんど利用することができない状態なんですよ。 なぜなら….. 『ミステリと言う勿れ6巻』を無料読破の神様・漫画村で読めない理由  『ミステリと言う勿れ6巻』を「漫画村」で読めない理由….. それは単純に、あなたもご存知の通り、漫画村は現在、 完全にサイトが廃止されているからです。 漫画村は、その圧倒的違法性から、ネット上で大きく話題になっていたり、国がかりでコテンパンにされたりと、2018年4月11日には、もう跡形もなく消え去ってしまったわけなんですよ。。。 (笑) そこで、なぜ「zip」や「rar」では、『ミステリと言う勿れ6巻』を無料で読むことができないのかといいますと、 ・ 「zip」や「rar」は圧縮されているファイルだから解凍しなくてはいけない ・ スマホには、解凍ソフトが入っていない という究極の2つの条件が揃ってしまったからです。 ですので単純に、「zip」や「rar」では、『ミステリと言う勿れ6巻』を絶対に無料で読むことができない、というわけですね。 電子書籍・漫画好きからしたら、悲しい現実ですよね…….。 『ミステリと言う勿れ6巻』を完全無料で読む方法は、令和現在になっても普通に存在するので。 もしかしたら、お聞きしたことはあるのではないでしょうか?? そこで、この内のどちらかで、 『ミステリと言う勿れ6巻』を漫画村やzip、rarの力を使わずに完全無料で読むことができる、ということですね。 ……………………. つまり、『ミステリと言う勿れ6巻』を書店で買うときと同じ値段がかかるということですね。 そこで、そう考えました際に、まず、 「eBookJapan」だとポイントをもらうことができませんので、もう、その時点で、 『ミステリと言う勿れ6巻』を無料で読むことができないわけなんですよ。 しかし、 「U-NEXT」の場合、登録時に600円分のポイントの無料で全員もらうことができるため、 『ミステリと言う勿れ6巻』が無料で読めてしまう、ということです。 かなり太っ腹なサービスですよね >< そして、続いてなのですが無料での利用に関してですが、実はどちらも、本来有料のサービスなんですね。 月額で料金がかかってきます。 そこで「 eBookJapan」をみてみますと、 サービスの無料体験期間というものが設けられておらず、初月から費用が固定で発生しまうわけなんですよ。 ですが「」は、そこも徹底されていました。 なぜなら、「 U-NEXT」の場合、 31日間無料お試しキャンペーンを実施しており、さらに 期間内に解約してしまえば、料金が一切発生しないんです。 そして、そんな「U-NEXT」では現在、 アニメや 映画、 ドラマの新作・旧作合わせて、 14万作品。 さらに、今回のメインである、 電子書籍が 計33万冊という超膨大な作品が配信されている、 のにも関わらず、31日間無料で使い放題ですので、もう使用するこちらにとっては、もうメリットしかないわけなんですよ(笑) 解約方法も電話ではなくて、サービス内から、1分ほどの簡単な入力だけで、できてしまうので、 「解約のし忘れ・やり方が分からない」なんてことも一切ありません。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 ————————————————.

次の

ミステリと言う勿れ6巻を無料で読むならこのサイトが最強?漫画村、zip、rarとは比べものにならない?

ミステリ 漫画

それだけに数も多く、どれを読むべきか悩むもの。 今回は、おすすめのミステリー漫画を15作品厳選してご紹介します。 コアなミステリーファンをもうならせる個性派ぞろい、ぜひご堪能ください。 また、リンク先の電子書籍ストアBookLive! では、 を差し上げています。 また、当記事にはネタバレを含みます。 1~6巻 田村由美/小学館 「人の数だけ真実はある」独特の天パ青年が謎を解く新感覚ミステリー 『7SEEDS』(小学館)の田村由美先生による新作は、探偵役の主人公がとにかくしゃべり倒す新感覚ミステリー。 天パが印象的な大学生の整(ととのう)が、バスジャックや犬神家も真っ青の血みどろの殺人事件、連続放火事件などの謎を(半ば巻き込まれる形で)暴いていきます。 大きな特徴は整のキャラクターでしょう。 ひょうひょうとしたたたずまいで相手の懐に入り、鋭すぎる観察眼で真実を引き出す様は、「刑事コロンボ」を彷彿とさせます。 とてもおしゃべりで、「常々思っていること」を一度喋り出したら止まらない、しかも博識で話が面白いからもっともっとと聴きたくなる……。 そうなったら整と、「閉鎖空間の会話だけのお話をやってみたかった」という田村先生の思うつぼです。 「真実は 人の数だけあるんですよ」など、真顔で連発される明言の数々も心に響きます。 整の不思議な魅力は、暗い過去に由縁があるようで……。 田村先生は「ミステリーなんて描けない!」という思いからこのタイトルにされたようですが、そんなことは全くなく、事件解決後にやってくるどんでん返し的な余韻も味わい深い、れっきとした謎解きものです。 「このマンガがすごい! 2019 オンナ編」「マンガ大賞2019」それぞれ2位を受賞したのが確たる証拠。 メディア化も近いのではないでしょうか? 一筋縄ではいかない整と事件の数々、「読まない」なんて言う勿れ。 舞台である19世紀のイギリス(大英帝国)では階級制度が強大な影響力を持っており、貴族と貧民の間には想像を絶する格差がありました。 小説や映画で登場する「モリアーティ教授」といえば、オールバックのシニカルなおじさんというイメージですが、今作のウィリアムはまぁスタイリッシュ、スマート、惚れ惚れする美男子。 謎を欲し、モリアーティを追うワイルドなホームズ像もユニークで、ホームズの活躍すらモリアーティの思うつぼであるという解釈が斬新です。 ホームズシリーズの中でもおなじみの『緋色の研究』『バスカヴィル家の犬』をベースにした事件などもあり、シャーロック・ホームズファンは一見の価値あり。 また、ミュージカル、舞台、アニメ(放映時期未定)など、多彩なメディア展開もなされていますので、好きなジャンルから入るのもアリでしょう。 漫画の次は何に手を出そうか悩んでいる方は、ノベライズの (いずれも集英社)をぜひ。 日本一の頭脳を持つ少年時代の道真が、『伊勢物語』などで知られる在原業平とともに、物の怪や鬼の仕業とされる怪奇事件を解決します。 勉強のことしか頭になく、人付き合いが下手くそな道真と、平安きってのプレイボーイでイケオジな業平という凸凹コンビがユニークです。 また、圧倒的な画力で描かれる写実的な絵と、コミカルで軽妙な会話のアンバランスさにも引き込まれます。 平安時代の貴族の暮らしが事細かに知られるので、歴史漫画としても楽しめます。 また、道真、業平以外にも、藤原家を中心とした歴史上の人物が多数登場。 入内を控えた藤原高子と業平との淡い恋や、道真の兄・吉祥丸の死にまつわる謎なども絡み、読み応えは抜群です。 「日本史なんてもう覚えていないなあ……」という方でも、監修を務める東京大学史料編纂所の本郷和人教授によるコラムで、平安時代のことを興味深く理解できます。 もちろん『薬屋のひとりごと』のような「歴史ミステリー大好き!」な人には、言うまでもなくもってこいの内容です。 普段何気なく口にしている食事が、殺意やトリックにどう絡むかが見どころです。 正統派ミステリーらしいシリアスさと、景気良く笑わせてくれる東村節のバランスも絶妙で、読めば頭もお腹も満たされるはずです。 『秘密 -トップ・シークレット-』 完結 全12巻 清水玲子/白泉社 死者の脳から時に残酷な真実をあぶり出す 女性に見間違えられるほどの美貌を持つ主人公・薪剛(まき つよし)は、死者の脳から生前の記憶を見るという特殊捜査を行う警視正。 残酷なシーンを見る心理的負担から職を辞す者が多い中、室長として捜査をリードしています。 そこへ新規配属されてきた青木一行(あおき いっこう)警部は、薪にとって過去のトラウマ(心的外傷)を刺激する人物。 薪は動揺と戦いながら、被害者を救うため尽力しますが……。 抜群の記憶力と観察力の持ち主である薪と、その薪を心理的に支える青木のコンビが、猟奇的で残忍な犯人の犯行を解明していきます。 バディものとしての面白さ、骨太かつ緊張感のあるストーリー展開が魅力です。 2016年には、生田斗真さん(薪)と岡田将生さん(青木)による実写映画が公開されました。 本作で第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した清水玲子先生は、美麗な絵柄とストーリー構成に定評があり、ほかに、等の作品があります。 『幽麗塔』 完結 全9巻 乃木坂太郎/小学館 古典ミステリーを大胆に翻案した意欲作 「もし君が、僕についてくれば、金も名誉も女もすべて手に入るけど?」 昭和29年の神戸で、無職の青年・天野太一は、テツオと名乗る美青年からそう持ち掛けられます。 かつて、老女を長針短針に縛りつけて殺すという残忍な事件があり、天野自身まで同じ方法で殺されかけた時計塔の下には、財宝が隠されているのだから、と……。 やがてその時計塔で、天野の初恋の女性が、仮面をかぶった殺人鬼「死番虫」によって殺害されます。 相次ぐ残虐な事件、美しすぎるテツオの正体、致命的なカラクリが仕掛けてある時計塔への入り方。 多くの謎が入り乱れる本作は、ジェンダーの問題や濃密な人間関係を描いているという点でも読みごたえのある重厚な作品です。 2014年度 第14回センス・オブ・ジェンダー賞の大賞を受賞した話題作でもあります。 の乃木坂太郎先生による本作のベースとなったのは、ミステリー作家・黒岩涙香が翻案した海外文学(青空文庫で無料で読めます)。 黒岩版を気に入った江戸川乱歩によってさらに翻案されるなど、長らく愛されてきた作品です。 本作は原作とはまた違った人物やストーリー展開なので、両方を読み比べてみるのも楽しいかもしれません。 「マンガ大賞2014」第2位など各賞にノミネートされ、アニメや藤原竜也さん主演での実写映画も話題となりました。 作者の三部けい先生は、の荒木飛呂彦先生の元アシスタントという経歴の持ち主です。 主人公の藤沼悟は売れない漫画家。 子ども時代に友達を、今度は母を殺されてしまった悟は、「再上映(リバイバル)」という時を遡る能力で子ども時代に戻り、未来を変えようと試みます。 しかし犯人の魔の手は悟に迫り……。 先手を打って追いつめてくる犯人の凶悪さ、見えそうで見えないその正体がもどかしく、ハラハラする作品です。 過去に悔いを残していた暗い青年が意志的な人間へと変わっていき、友との絆が生まれるくだりには、希望とカタルシスも感じられます。 『オールド・ボーイ』 完結 全8巻 土屋ガロン・嶺岸信明/双葉社 10年間監禁されていた男の復讐劇 主人公は、ある日突然拉致され、10年もの間監禁されていた男。 解放された後、わずかな手がかりを継ぎ合わせて、自分を監禁した人間とその理由を追及します。 監禁中、ストイックに心身を鍛えた主人公が、敵の監視の目を逆手に取りながら真相に迫っていく展開は、まさにハードボイルド! 中盤、拉致監禁相手と接触を持つに至ってからは、「理由」の部分に焦点が当てられます。 本作は、韓国で実写映画化され、カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。 映画版と原作では結末が違うので、映画ファンの方もぜひご一読を! 『ウツボラ』 完結 全2巻 中村明日美子/太田出版 妖しさと官能が交錯する耽美ミステリー ビルから飛び降り、謎の死を遂げた一人の女性。 携帯電話の発信履歴から、作家の溝呂木舜(みぞろぎ しゅん)との関係が浮上しますが、そのとき溝呂木は「ウツボラ」という作品を書いていました。 しかし、実はそれは盗作で……。 意味深長な冒頭から、フラッシュバックする過去まで、一コマ一コマが印象的な作品です。 さらに、自殺した女性の双子の妹を名乗る、瓜二つの女も現れ、中村明日美子先生ならではの繊細かつ官能的な絵柄で、耽美なミステリーが展開されていきます。 全2巻というボリュームながら、丁寧に張り巡らされた伏線がミステリーファンを魅了してやまない作品です。 『外天楼』 完結 全11巻 カネコアツシ/KADOKAWA/エンターブレイン シュールでポップな異世界ミステリー 郊外の住宅地「そいるニュータウン」で、停電の夜に巡査が失踪します。 そして住民・鈴白一家も行方不明に。 鈴白家には塩の柱が残り、中学校の庭にも塩のピラミッドが出現と、超常的な現象が続きます。 警察が捜査を進めるにつれ、美しく清潔に見えた町そいるのダークサイドがあらわになってくるのでした。 上品で幸福そうな住民たちが、一皮むくと異常性をもつ犯罪者だったり、集団で執拗ないじめをしていたりと、おぞましく不気味な真実に胸がザワザワします。 デイヴィッド・リンチの人気ドラマ「ツイン・ピークス」を思い出す読者が多いことからも分かるように、世界観が特異で、謎の解かれ方も超現実的です。 ファン同士、様々な解釈を語り合いたくなる作品です。 『生存~LifE~』 完結 全19巻 渡辺潤/講談社 自分は犯罪者の息子なのか 昭和史最大の未解決事件である「三億円強奪事件」を基にしたフィクションです。 幼い頃、謎の男から、父親が三億円事件の犯人だと告げられた主人公・鳴海大和。 父の不審な死をきっかけに、大和は三億円事件を巡る巨大な謎と陰謀に巻き込まれていきます。 市民の安全を守るはずの警察に追われ、誰を信用していいかわからなくなる大和。 果てには大物政治家も絡んできて……という、壮大なスケールを持つ作品です。 重厚に絡みあう伏線と、過去の事件に翻弄される人々の末路に、最終巻までハラハラドキドキが止まりません。 親子2世代、北海道から沖縄までを股に掛けた話が、起点となった長崎で収束するストーリーテリングが見事。 2016年に福士蒼汰さん主演によりテレビドラマ化されました。 『Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁』 完結 全10巻 横幕智裕・竹谷州史/集英社 科学捜査で救済するのは被害者の「心」 民間の科学捜査研究所に勤める、元・警視庁科捜研の流田縁(ながれた えにし)が、決定的証拠(smoking gun)を見つけることによって謎を解き人を救う、ヒューマンドラマ系のミステリーです。 一見お調子者の流田は、実は鋭い洞察力の持ち主。 基本的には単発のストーリーで構成されているため読みやすく、後味も爽やか。 また、流田はある事件をきっかけに12時間分の記憶を失っており、その「失われた12時間(ミッシング・トゥエルヴ)」の秘められた真相を解明するという大きな謎も魅力となっています。 2014年には香取慎吾さん主演でテレビドラマ化されました。 登場人物の主観を強く反映した文体や、おどろおどろしい独特な雰囲気を、志水アキ先生がシャープな描線と魅力的なキャラ造形で表現し、原作ファンからも高評価を得ました。 少女の首の入った箱を男が持ち歩く、という古典的な妖怪漫画を思わせるストーリーだけではなく、臓器移植のような現代的なテーマが掘り起こされてくる重みのある怪奇性も魅力です。 一作目にあたる、続く、もコミカライズされているので、あわせてどうぞ。 最後に 幾重にも張り巡らされた謎と伏線に翻弄されながら、最後の謎解きで得られるカタルシスがミステリー漫画の醍醐味。 リアル系からSF系、伝奇系まで様々なタイプの作品を紹介しましたが、これをきっかけに新たなミステリー漫画との出会いをお楽しみください。 ゾクゾクする要素をメインで味わいたい方は「サスペンス漫画」をどうぞ!• 「怖さ」をとことん味わいたい方は「ホラー漫画」をどうぞ!.

次の

【ミステリというなかれ】漫画を全巻無料で読む方法を紹介|女性まんがbibibi

ミステリ 漫画

それだけに数も多く、どれを読むべきか悩むもの。 今回は、おすすめのミステリー漫画を15作品厳選してご紹介します。 コアなミステリーファンをもうならせる個性派ぞろい、ぜひご堪能ください。 また、リンク先の電子書籍ストアBookLive! では、 を差し上げています。 また、当記事にはネタバレを含みます。 1~6巻 田村由美/小学館 「人の数だけ真実はある」独特の天パ青年が謎を解く新感覚ミステリー 『7SEEDS』(小学館)の田村由美先生による新作は、探偵役の主人公がとにかくしゃべり倒す新感覚ミステリー。 天パが印象的な大学生の整(ととのう)が、バスジャックや犬神家も真っ青の血みどろの殺人事件、連続放火事件などの謎を(半ば巻き込まれる形で)暴いていきます。 大きな特徴は整のキャラクターでしょう。 ひょうひょうとしたたたずまいで相手の懐に入り、鋭すぎる観察眼で真実を引き出す様は、「刑事コロンボ」を彷彿とさせます。 とてもおしゃべりで、「常々思っていること」を一度喋り出したら止まらない、しかも博識で話が面白いからもっともっとと聴きたくなる……。 そうなったら整と、「閉鎖空間の会話だけのお話をやってみたかった」という田村先生の思うつぼです。 「真実は 人の数だけあるんですよ」など、真顔で連発される明言の数々も心に響きます。 整の不思議な魅力は、暗い過去に由縁があるようで……。 田村先生は「ミステリーなんて描けない!」という思いからこのタイトルにされたようですが、そんなことは全くなく、事件解決後にやってくるどんでん返し的な余韻も味わい深い、れっきとした謎解きものです。 「このマンガがすごい! 2019 オンナ編」「マンガ大賞2019」それぞれ2位を受賞したのが確たる証拠。 メディア化も近いのではないでしょうか? 一筋縄ではいかない整と事件の数々、「読まない」なんて言う勿れ。 舞台である19世紀のイギリス(大英帝国)では階級制度が強大な影響力を持っており、貴族と貧民の間には想像を絶する格差がありました。 小説や映画で登場する「モリアーティ教授」といえば、オールバックのシニカルなおじさんというイメージですが、今作のウィリアムはまぁスタイリッシュ、スマート、惚れ惚れする美男子。 謎を欲し、モリアーティを追うワイルドなホームズ像もユニークで、ホームズの活躍すらモリアーティの思うつぼであるという解釈が斬新です。 ホームズシリーズの中でもおなじみの『緋色の研究』『バスカヴィル家の犬』をベースにした事件などもあり、シャーロック・ホームズファンは一見の価値あり。 また、ミュージカル、舞台、アニメ(放映時期未定)など、多彩なメディア展開もなされていますので、好きなジャンルから入るのもアリでしょう。 漫画の次は何に手を出そうか悩んでいる方は、ノベライズの (いずれも集英社)をぜひ。 日本一の頭脳を持つ少年時代の道真が、『伊勢物語』などで知られる在原業平とともに、物の怪や鬼の仕業とされる怪奇事件を解決します。 勉強のことしか頭になく、人付き合いが下手くそな道真と、平安きってのプレイボーイでイケオジな業平という凸凹コンビがユニークです。 また、圧倒的な画力で描かれる写実的な絵と、コミカルで軽妙な会話のアンバランスさにも引き込まれます。 平安時代の貴族の暮らしが事細かに知られるので、歴史漫画としても楽しめます。 また、道真、業平以外にも、藤原家を中心とした歴史上の人物が多数登場。 入内を控えた藤原高子と業平との淡い恋や、道真の兄・吉祥丸の死にまつわる謎なども絡み、読み応えは抜群です。 「日本史なんてもう覚えていないなあ……」という方でも、監修を務める東京大学史料編纂所の本郷和人教授によるコラムで、平安時代のことを興味深く理解できます。 もちろん『薬屋のひとりごと』のような「歴史ミステリー大好き!」な人には、言うまでもなくもってこいの内容です。 普段何気なく口にしている食事が、殺意やトリックにどう絡むかが見どころです。 正統派ミステリーらしいシリアスさと、景気良く笑わせてくれる東村節のバランスも絶妙で、読めば頭もお腹も満たされるはずです。 『秘密 -トップ・シークレット-』 完結 全12巻 清水玲子/白泉社 死者の脳から時に残酷な真実をあぶり出す 女性に見間違えられるほどの美貌を持つ主人公・薪剛(まき つよし)は、死者の脳から生前の記憶を見るという特殊捜査を行う警視正。 残酷なシーンを見る心理的負担から職を辞す者が多い中、室長として捜査をリードしています。 そこへ新規配属されてきた青木一行(あおき いっこう)警部は、薪にとって過去のトラウマ(心的外傷)を刺激する人物。 薪は動揺と戦いながら、被害者を救うため尽力しますが……。 抜群の記憶力と観察力の持ち主である薪と、その薪を心理的に支える青木のコンビが、猟奇的で残忍な犯人の犯行を解明していきます。 バディものとしての面白さ、骨太かつ緊張感のあるストーリー展開が魅力です。 2016年には、生田斗真さん(薪)と岡田将生さん(青木)による実写映画が公開されました。 本作で第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した清水玲子先生は、美麗な絵柄とストーリー構成に定評があり、ほかに、等の作品があります。 『幽麗塔』 完結 全9巻 乃木坂太郎/小学館 古典ミステリーを大胆に翻案した意欲作 「もし君が、僕についてくれば、金も名誉も女もすべて手に入るけど?」 昭和29年の神戸で、無職の青年・天野太一は、テツオと名乗る美青年からそう持ち掛けられます。 かつて、老女を長針短針に縛りつけて殺すという残忍な事件があり、天野自身まで同じ方法で殺されかけた時計塔の下には、財宝が隠されているのだから、と……。 やがてその時計塔で、天野の初恋の女性が、仮面をかぶった殺人鬼「死番虫」によって殺害されます。 相次ぐ残虐な事件、美しすぎるテツオの正体、致命的なカラクリが仕掛けてある時計塔への入り方。 多くの謎が入り乱れる本作は、ジェンダーの問題や濃密な人間関係を描いているという点でも読みごたえのある重厚な作品です。 2014年度 第14回センス・オブ・ジェンダー賞の大賞を受賞した話題作でもあります。 の乃木坂太郎先生による本作のベースとなったのは、ミステリー作家・黒岩涙香が翻案した海外文学(青空文庫で無料で読めます)。 黒岩版を気に入った江戸川乱歩によってさらに翻案されるなど、長らく愛されてきた作品です。 本作は原作とはまた違った人物やストーリー展開なので、両方を読み比べてみるのも楽しいかもしれません。 「マンガ大賞2014」第2位など各賞にノミネートされ、アニメや藤原竜也さん主演での実写映画も話題となりました。 作者の三部けい先生は、の荒木飛呂彦先生の元アシスタントという経歴の持ち主です。 主人公の藤沼悟は売れない漫画家。 子ども時代に友達を、今度は母を殺されてしまった悟は、「再上映(リバイバル)」という時を遡る能力で子ども時代に戻り、未来を変えようと試みます。 しかし犯人の魔の手は悟に迫り……。 先手を打って追いつめてくる犯人の凶悪さ、見えそうで見えないその正体がもどかしく、ハラハラする作品です。 過去に悔いを残していた暗い青年が意志的な人間へと変わっていき、友との絆が生まれるくだりには、希望とカタルシスも感じられます。 『オールド・ボーイ』 完結 全8巻 土屋ガロン・嶺岸信明/双葉社 10年間監禁されていた男の復讐劇 主人公は、ある日突然拉致され、10年もの間監禁されていた男。 解放された後、わずかな手がかりを継ぎ合わせて、自分を監禁した人間とその理由を追及します。 監禁中、ストイックに心身を鍛えた主人公が、敵の監視の目を逆手に取りながら真相に迫っていく展開は、まさにハードボイルド! 中盤、拉致監禁相手と接触を持つに至ってからは、「理由」の部分に焦点が当てられます。 本作は、韓国で実写映画化され、カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。 映画版と原作では結末が違うので、映画ファンの方もぜひご一読を! 『ウツボラ』 完結 全2巻 中村明日美子/太田出版 妖しさと官能が交錯する耽美ミステリー ビルから飛び降り、謎の死を遂げた一人の女性。 携帯電話の発信履歴から、作家の溝呂木舜(みぞろぎ しゅん)との関係が浮上しますが、そのとき溝呂木は「ウツボラ」という作品を書いていました。 しかし、実はそれは盗作で……。 意味深長な冒頭から、フラッシュバックする過去まで、一コマ一コマが印象的な作品です。 さらに、自殺した女性の双子の妹を名乗る、瓜二つの女も現れ、中村明日美子先生ならではの繊細かつ官能的な絵柄で、耽美なミステリーが展開されていきます。 全2巻というボリュームながら、丁寧に張り巡らされた伏線がミステリーファンを魅了してやまない作品です。 『外天楼』 完結 全11巻 カネコアツシ/KADOKAWA/エンターブレイン シュールでポップな異世界ミステリー 郊外の住宅地「そいるニュータウン」で、停電の夜に巡査が失踪します。 そして住民・鈴白一家も行方不明に。 鈴白家には塩の柱が残り、中学校の庭にも塩のピラミッドが出現と、超常的な現象が続きます。 警察が捜査を進めるにつれ、美しく清潔に見えた町そいるのダークサイドがあらわになってくるのでした。 上品で幸福そうな住民たちが、一皮むくと異常性をもつ犯罪者だったり、集団で執拗ないじめをしていたりと、おぞましく不気味な真実に胸がザワザワします。 デイヴィッド・リンチの人気ドラマ「ツイン・ピークス」を思い出す読者が多いことからも分かるように、世界観が特異で、謎の解かれ方も超現実的です。 ファン同士、様々な解釈を語り合いたくなる作品です。 『生存~LifE~』 完結 全19巻 渡辺潤/講談社 自分は犯罪者の息子なのか 昭和史最大の未解決事件である「三億円強奪事件」を基にしたフィクションです。 幼い頃、謎の男から、父親が三億円事件の犯人だと告げられた主人公・鳴海大和。 父の不審な死をきっかけに、大和は三億円事件を巡る巨大な謎と陰謀に巻き込まれていきます。 市民の安全を守るはずの警察に追われ、誰を信用していいかわからなくなる大和。 果てには大物政治家も絡んできて……という、壮大なスケールを持つ作品です。 重厚に絡みあう伏線と、過去の事件に翻弄される人々の末路に、最終巻までハラハラドキドキが止まりません。 親子2世代、北海道から沖縄までを股に掛けた話が、起点となった長崎で収束するストーリーテリングが見事。 2016年に福士蒼汰さん主演によりテレビドラマ化されました。 『Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁』 完結 全10巻 横幕智裕・竹谷州史/集英社 科学捜査で救済するのは被害者の「心」 民間の科学捜査研究所に勤める、元・警視庁科捜研の流田縁(ながれた えにし)が、決定的証拠(smoking gun)を見つけることによって謎を解き人を救う、ヒューマンドラマ系のミステリーです。 一見お調子者の流田は、実は鋭い洞察力の持ち主。 基本的には単発のストーリーで構成されているため読みやすく、後味も爽やか。 また、流田はある事件をきっかけに12時間分の記憶を失っており、その「失われた12時間(ミッシング・トゥエルヴ)」の秘められた真相を解明するという大きな謎も魅力となっています。 2014年には香取慎吾さん主演でテレビドラマ化されました。 登場人物の主観を強く反映した文体や、おどろおどろしい独特な雰囲気を、志水アキ先生がシャープな描線と魅力的なキャラ造形で表現し、原作ファンからも高評価を得ました。 少女の首の入った箱を男が持ち歩く、という古典的な妖怪漫画を思わせるストーリーだけではなく、臓器移植のような現代的なテーマが掘り起こされてくる重みのある怪奇性も魅力です。 一作目にあたる、続く、もコミカライズされているので、あわせてどうぞ。 最後に 幾重にも張り巡らされた謎と伏線に翻弄されながら、最後の謎解きで得られるカタルシスがミステリー漫画の醍醐味。 リアル系からSF系、伝奇系まで様々なタイプの作品を紹介しましたが、これをきっかけに新たなミステリー漫画との出会いをお楽しみください。 ゾクゾクする要素をメインで味わいたい方は「サスペンス漫画」をどうぞ!• 「怖さ」をとことん味わいたい方は「ホラー漫画」をどうぞ!.

次の