プロ コントローラー。 FXismプロコントローラー改

MT4プロコントローラー改を購入・検証しました| FXゴールドナビ

プロ コントローラー

You tubeで1日100万円利益のトレードを公開してることで有名な 「及川圭哉(おいかわけいすけ)」さん。 インターネットでFXのことを調べていると、 かなり目立ってるのでトレーダーであれば知ってる方が多いと思います。 リアルトレード動画をYou tubeに定期的に公開し、 しかも 毎回100万円以上勝つという離れ業をやってのける大物トレーダーということで。 ド派手な感じでFX系You tube業界を圧巻されているわけですね。 以下が及川圭哉さんのご尊顔。 ヘアバンドと色付き眼鏡がトレードマークのダンディな方という感じでしょうか。 御年アラフィフ越えの熟年ということですが、 動画でのベシャリもマイルドかつ饒舌で、 ブログやメルマガの文章もなかなか味わい深いものがあり、 多数の信者トレーダーを獲得しているとされているお方です。 そんなわけなので、FXをやってる方であればご存知の方も多いでしょう。 私も存じてましたし。 及川圭哉さんのこれまでに関しては、以下のレビュー記事で。 そして今回は、及川圭哉さんがトレードで使用しているMT4システム「プロコントローラー改」が一般発売されたというわけで。 FXismMT4プロコントローラー改は、注目度高い商品です。 発売されて一カ月以上が経過した現在も、かなり売れている状況が続いてるそうです。 私も購入して検証しました。 商品内容と評判、レビューを記載していきます。 やってやるって! FXismMT4プロコントローラー改の商品内容 「FXism(エフエックスイズム」とは、及川圭哉さんが中心となってFX塾等のサービスを販売している団体です。 及川さんのFX塾の販売は、このFXism名義で行われることが多いようです。 今回のMT4プロコントローラー改もFXismが販売会社です。 ビシッとした及川圭哉さんがMT4プロコントローラー改を説明しておられます。 MT4プロコントローラー改でできることの主要部分は以下です。 複数ポジションの同時決済• 自動決済機能• チャートのワンクリックキャプチャ機能 上記以外にも、 MT4チャート画面上にエントリーしているポジションの獲得PIPS等を表示させたり、 スプレッドが急変した場合に画面上アラームで知らせたり、 色々な機能が搭載された「MT4専用の便利ツール」と言えるでしょう。 MT4でトレードする場合に、便利になるように作成されたツールです。 商品内容に関しては、以下の動画だったり他のレビュー記事が詳しいので、そちらを参照される方が早いかと。 動画でわかりやすいかもですね。 ちょいちょい入る雑談がユルイですが。 参照: (MT4プロコントローラー改の商品内容は、上記の記事が詳しいです) MT4プロコントローラー改を使ってみて、私が内容的に気になったのは… 「これは、及川さんのトレードを真似するトレーダーじゃないと、使い所がなーい!!!!(んじゃないか?)」 というもの。 及川圭哉さんのトレード動画では、 とにかく複数のポジションを同時にエントリーしていくのが特徴的。 以下のような感じで。 MT4画面の下の方に、ずら~っと取られたポジションがわかります。 スキャルピングとかの短期でのトレードをする場合であれば、 こんな感じでガンガンエントリーするのも有りだと思いますが、 通常のデイトレとかでこんなに複数ポジションを持ちまくるトレーダーは、そこまで多くないかも。 私も通常のトレードではせいぜい5ポジションくらいまでです。 そこまで資金量大きくないこともあるんですが… なので、 及川圭哉さんのトレードみたいに一度にたくさんポジションエントリーするトレーダー向きのツールだと思います。 あと、MT4口座でそのままトレードする場合じゃないとほぼ意味ないです。 MT4でチャート見て、他のとかでトレードするのであれば、 プロコントローラー改の機能の殆どが使い道無いと思いました。 MT4でトレードするトレーダー向きのツールっす! 商品内容の評判レビュー このFXismMT4プロコントローラー改ですが、売れてます。 現在のFX商材ランキングでも、2位を維持。 発売後一ヵ月以上が経過している商品としては、異例の売れっぷりと言えるでしょう。 (ちなみに5位には直近で発売されたも入ってますね) FXismMT4プロコントローラー改はこのランキングの商品と比べても、 価格も一番安い部類で、かつMT4を使っているトレーダーに限定された内容にも関わらず、 これだけ売れ行きが良いのも驚異的に感じます。 私が使ってみた感想としては、 及川圭哉さんのトレードを同じようにやりたい場合には有効だな!というもの。 及川さんのFX塾に参加しているトレーダーであれば、ご用達ツールになるんじゃないかな、と。 そういう感じなら使い勝手もいいし、 及川式トレードもマスターしやすいように作成されていると思いました。 もともと及川塾の方が及川圭哉さんのトレード用に作成されたツールということですもんね。 そうそう、このFXismMT4プロコントローラー改の開発者とされる「ヨン様(Y氏)」も及川圭哉さんのFX塾生。 なかなか根強いファンと支持者に支えられて活動されているのがわかります。 及川さんの実績と人柄によるものかもしれないですね。 私はそう思いました。 プロコン改、売れてますね。 その後のプロコン改なんですが、なかなか好評で売れ続けているようです。 FX関連の商材販売ランキングでもランクインし続けている模様です。 2019年7月には及川圭哉さんの新しいFX教材「FXデイトレ大百科」が発売されました。 FXデイトレ大百科の発売に際し、及川圭哉さんが「プロコン改は、MT4を使う全てのトレーダーにおすすめできる」と改めて解説。 そういった及川圭哉さんの活動が活発なこともあり、 プロコン改も引き続き販売数を伸ばしている状況となります。 プロコン改を扱ったレビュー記事も増えてきています。

次の

及川圭哉FXismMT4プロコントローラー改の内容と評判

プロ コントローラー

【目次】• プロコントローラー改はこんなMT4専用の決済ツール まずプロコントローラー改をMT4に表示をさせるとこんな感じになります。 これが実際に僕が使っているのチャートです。 左上に出ているのがプロコントローラー改のスイッチ類ですね。 実際のトレードで使うと次のような感じになります。 水色のpips数は含み益、これが含み損になると赤い文字(指定できます)になると言う感じです。 これの何が良いのか?って言いますと、いちいちターミナルを開かなくても良い!と言う事なんですよ。 プロコントローラー改で僕が一番メリットと思っているのがこの部分。 この理由は、ターミナルを見ると目の前でお金の増減が見えてしまいますよね? これが相当メンタルを揺さぶってくるんですよ。 ビビるってやつですね^^; プロコントローラー改を使っても大体の損益はわかります、もちろん。 でも目の前で自分のお金が増減するのを見るより、はるかに精神的に楽で、特に損切りをする時に躊躇なく出来るようになってきます。 プロコントローラー改を最初に購入した理由としては、プロフィットを見たくなかったのでどうにかMT4のターミナルを開かずに決済が出来ないかな?と思っていたからです。 プロコントローラー改を入れるまではどうしても目の前の損益を見てしまって引っ張りたいところまで引っ張る事が出来なかったり、損切をしたくても少し握ってしまったり。。 こんな経験からプロコントローラー改を見つけた時には飛びついて購入をしました。 もちろん上記画像の赤い部分をクリックするだけで、どれだけのポジションを持っていても決済をする事が出来ます。 デイトレを主軸に行っているのですが、タイミングを見余ってエントリーをしてしまった時にサクッと成行で損切りが出来るのも本当に重宝します。 スイングトレードとかをする方にはそこまで必要がないツールかもしれませんが、デイトレやスキャルピングを行うトレーダーの方には本当におススメしたいツールと言えます。 プロコントローラー改は余分な機能を無くすことも出来る プロコンではチャート上で細かい設定をする事も出来るようになっています。 こんな感じですね~MT4のチャート右上のにこちゃんマーク(EA)をクリックする事でこの画面が出てきます。 ここで先ほどのpipsの色を変更したり、タイマーを表示させたりといろいろ便利な機能の設定が出来るのも良いところですね。 たくさんの機能の中でも僕が気に入っている部分は、 エントリーをした瞬間に損切り(SL と利食い(TP)をpips単位で自動設定が出来ると言う部分です。 このブログでは、僕が実際に行っているFXのトレード手法をいろいろとご紹介をしていきますが、特に損切りをギリギリまで抑えたトレードを中心にしていますので、自動損切り設定はとても便利。 エントリーした瞬間に経済指標とか忘れていて逆行してもしっかりと損切りをしてくれますからね。 大きな経済指標で瞬間的にでも大きく逆行してしまった時、なかなか手動で損切りって出来ないものです。 強制的に損切りをしてもらう事で大切な資金を守る事が出来ますので、プロコントローラー改はデイトレ、スキャルピングをする人達にはむちゃくちゃおススメをしたいところです。 プロコントローラー改を使う時に注意をして欲しいところとは? 基本はとても便利な決済ツールなのですが、便利すぎて注意をしなくてはならないところもあります。 それは誤操作で決済をしてしまう事。 この全通貨ペア決済と言う部分をクリックするだけでたとえ10ポジ持っていたとしても全部決済をされてしまいます。 トレードって本当に疲れるもので、自分でもよくわからないタイミングでこれを押してしまう事があるんですよ。 僕もこれで何回も自ら損切りをしてしまったり、伸ばせるはずのポジションを手仕舞いしてしまった事があります。 これには充分に気を付けて欲しいところですね~。 もう1つ、これもプロコントローラー改の便利な機能でもあるのですが、複数の通貨ペアで同時に使う事が出来るツールなんですよ、プロコンって。 ドル円だけは損切りをしてポンドドルは伸ばそうと思っても、この全通貨ペア決済を押してしまうと別々の通貨ペアのポジションごと全部決済をしてしまうのです。 これも怖いですよね^^; そこでプロコントローラー改には次のような通貨ペアごとの決済ボタンが付いているんですよ。 現通貨決済と言うボタンですね。 このボタンを押すと、複数の通貨ペアでポジションを持っていても指定した通貨ペアだけ決済をする事が出来るのです。 少し慣れが必要だとは思いますが、もし複数の通貨ペアを同時にトレードしたい方はこの部分は絶対に練習をしておいてください。 プロコントローラー改をMT4へ導入してみる! プロコントローラー改はMT4のインジケーターではありませんので、導入方法がフリーの一括決済インジケーターとは異なってきます。 プロコンの導入方法を画像を使って解説をしてみたいと思います。 この赤い四角部分ですね~。 そうすると上記のような画面が出てきます。 このExpertsと言うフォルダの中にプロコントローラー改のファイルを挿入。 こんな感じですね。 まずMT4への導入はこれで完了です。 ただ!!!!! これはインジケーターではないので自動売買の設定をしなくてはいけません。 そうすると上記のような画面が出てきますので、赤い枠の部分にチェックを入れるようにしてください。 そして最後に、 MT4の『自動売買』をON(クリック)にして完了です。 この順に進めていくと、プロコンが開けるようになりますので、もしMT4に導入したけど動かない。。。 なんていう時はこの順番で再度設定をし直してみてくださいね。 無料(フリー)のMT4一括決済ツールはどう? 海外FX口座ではメインのプラットフォームとなるMT4。 MT4にはいろいろなインジケーターが無料で出ている! これも魅力的なところですよね~。 このページでは僕が購入をして今でも使っているプロコントローラー改を解説していますが、中には無料で使える一括決済ツールもあります。 OneClickCloseが一番メジャーかな? ただ複数の通貨でポジションを持っている方には使いにくい部分も。 それはプロコントローラー改のように通貨ペアごとの決済が出来ないんですよ。 僕もそうですが、通貨の強弱を見て複数通貨でトレードをする事が多くなっています。 例えばポンドが一人負けをしているような地合いだと、ポンドとの組み合わせ通貨ペアを複数ショートしたり、こういった方法も使うんですよね~。 こういう時に通貨ペアごとの決済が出来ないとなると非常に困ります。 1つの通貨を徹底的に極めるようなトレードをする方には無料で使えるので便利かな?とも思いますが、この辺はどういったトレードをするのか? これで使い分けをしたいところですね。 後は決済の反応。 これも非常に大事です。 もちろん使っているブローカーによっても決済スピードは異なってきますが、ツール自体の反応もやっぱりあります。 OneClickCloseとプロコントローラー改を比較してみると、僕の感覚ではプロコントローラー改の方が圧倒的に早い気がしています。 やはり有料の方が特化しているだけ良いのかな?と思ったりもしていますね~。 先ほどご紹介しましたが、プロコントローラー改には一括決済機能だけではなくpips表示や自動SL、自動TP設定も出来ますので、僕としては使い勝手はプロコントローラー改の方が良いと感じました。 どうしても無料が、と言う方は『OneClickClose』と検索をすると出てきますのでそもそも一括決済が必要かどうか? これを試すのも良いんじゃないでしょうか。 いらない人もいますからね、絶対に(笑).

次の

Proコントローラーは必要?Joy

プロ コントローラー

Proコントローラーって何? Proコントローラーとは、本体に装着して使用したりするJoy-Conとは違い、 従来のゲームコントローラーと同じスタイルなので、長時間でも快適にプレイできるワイヤレスコントローラーです。 お値段は6,980円+税と、コントローラーにしてはやや高価です。 加速度センサー/ジャイロセンサーやNFCリーダーなど、多くのセンサーを搭載しているので高いのは仕方ないですね。 ProコントローラーとJoy-Conの比較 まずは外観の比較です。 二本のJoy-Conを組み合わせたJoy-Conと違い、Proコントローラーは、従来のコントローラーの形をしています。 高さも違い、Proコントローラーのほうが握りやすく、手にフィットします。 Proコントローラーには十字キーがある ProコントローラーとJoy-Conの最も大きな違いは、やはり十字キーがあるところでしょうか。 Joy-Conは、ABXYボタンを十字キーとしても使いますが、ボタンが独立しているので、正直やりやすいとは言えません。 Proコントローラーは しっかりとした十字キーか備わっているので、十字キーを使うゲームでも快適に遊ぶことができます。 ボタンの大きさがこんなに違う 写真を比較すると ABXYボタンの大きさが倍くらい違います。 Joy-Conのボタンは小さく、長時間遊んでいると指に跡がついたり、痛くなってしまっていました。 Proコントローラーのボタンは大きくて押しやすく、指が痛くなることもありません。 Proコントローラーはちょっと重い 重さはProコントローラーのほうが約50g重いです。 しかしすぐに慣れますし、比較して持たなければ重さはそこまで気になりません。 バッテリー持続時間は、Proコントローラーのほうがが2倍も持つ バッテリー持続が2倍も違うんです。 Joy-Conは約20時間しか持たないのに対し、Proコントローラーは40時間も持ちます。 毎日5時間ほど遊んだとしても、Proコントローラーなら1週間充電しなくても使えます。 ゲーム中にバッテリーが無くなるリスクも減りますし、毎日遊ぶ方はProコントローラー使ったほうが楽でいいですね。 Proコントローラーは充電しながらプレイ可能 これが地味に大きい。 Joy-Conは本体付属のグリップでは、充電するときにいちいち本体に装着しないと充電できません。 これがすごく面倒だったんですが、Proコントローラーでは充電ケーブルをコントローラーに直接繋げば充電できます。 しかも充電しながらプレイすることもできるので、途中で切れる心配もありませんし、急にバッテリー切れを起こしたときでもケーブルに繋げば使えます。 Proコントローラーを使ってみた感想 1. ゲームが操作しやすい やはりコントローラーの形状がProコントローラーのほうが持ちやすく、ボタンも大きく押しやすいので、ゲームのしやすさが全然違います。 スプラトゥーン2で比べても、Proコントローラーのほうが断然動きやすく、対戦も強くなった気がします 笑 2. そのため、 ボタンを長く押すようなゲームをしていると指に跡がつきます。 Proコントローラーはボタンが大きめなので、指に跡がつきにくいですいし、押しやすさも断然上です。 Proコントローラーがあれば、Joy-Conは本体に装着したままでいい スイッチは、テレビで大画面で遊んだり、携帯モードで持ち歩いてどこでも気軽にプレイできるすごいゲーム機です。 しかし、テレビモードと携帯モードを切り替えるときのJoy-Conを付け替える作業が意外と面倒じゃないですか? 結局、Joy-Conを付け替えるのが億劫になって、携帯モードばかりで遊んでいました 笑 しかしProコントローラーがあれば、 テレビモードで遊ぶときもJoy-Conは本体に付けっぱなしで遊べるんです。 つまり、テレビモードで遊びたいときは、Joy-Conが付いたままのスイッチ本体をドックに入れてProコントローラーで操作し、携帯モードで遊びたいときは、Joy-Conが付いたスイッチをドックから取り外すだけでいいんです。 スイッチ本体のドックからの付け外しだけでよくなるの、気軽にプレイスタイルを変更できるようになり、本当に楽になりました! 【まとめ】長時間遊ぶ人はProコントローラーがいい! スイッチで遊ぶ頻度が高い・テレビモードが中心の方は、Proコントローラーは買って損はしないと思います。 とくにスプラトゥーン2やマリオカートなどの、激しい操作が必要なゲームでは、Joy-Conよりも操作がしやすいので多少有利です。 操作がしやすくて指の疲れも少なく、バッテリーも2倍持つので、 毎日遊ぶ方はProコントローラーは買っておいて損はないと思います!.

次の