お 誕生 日 おめでとう フランス語。 お誕生日のことをフランス語で表現したい時

フランス語 メッセージ 例文

お 誕生 日 おめでとう フランス語

A ベストアンサー 「お誕生日おめでとう」はJoyeux anniversaireといいます。 長年フランス語に親しんで来ましたが、 Bonne anniversaireという表現は見たことも聞いたこともありません。 少なくともお誕生日を祝うanniversaireでは使われませんね。 (他の記念日などでは使われるかもしれませんが) それからje souhaite que cette annee soit heureuse pour vous! anneeは女性名詞ですから、形容詞も女性形heureuseになります。 電話でおめでとうを言うのであれば、 Happy Birthday to Youのフランス語版を 電話口で歌ってあげるのもいいのではないでしょうか。 参考までに歌詞をご紹介しておきます。 Joyeux anniversaire Acceptez de bon coeur Nos voeux les plus sinceres De joie et de bonheur Joyeux anniversaire Acceptez de bon coeur Nos voeux les plus sinceres Joyeux anniversaire! (文字化けするのでアクセント記号は省略しました) 「お誕生日おめでとう」はJoyeux anniversaireといいます。 長年フランス語に親しんで来ましたが、 Bonne anniversaireという表現は見たことも聞いたこともありません。 少なくともお誕生日を祝うanniversaireでは使われませんね。 (他の記念日などでは使われるかもしれませんが) それからje souhaite que cette annee soit heureuse pour vous! anneeは女性名詞ですから、形容詞も女性形heureuseになります。 電話でおめでとうを言うのであれば、 Happy Birthday to Youのフランス語版を 電話口... A ベストアンサー 英語圏の人が使った、ということですが、英語の会話のなかでmon amieがでてきたのでしょうか、お二人の共通語がフランス語なのでしょうか? 英語にはフランス語からの借用が多いようですが、意味が歪曲されて使われることもあるかもしれません。 日本で使われる「トラヴァーユ」はフランス語では転職ではなく「仕事」一般ですし、「アルバイト」はドイツ語で「働く」ですから。 英和でamieをひいてみると、「女友達」と「恋人」の両方がありましたが、英語圏で通常どのような感覚で使われているのかまでは私にはわかりかねます。 フランス語だけ説明しますと、mon amie は曖昧な言葉で、意味は使う人の感覚によって変わったりします。 「恋人」という意味ももちろんありますが、それ以外にも、「親友」「お友達」の意味でも往々にして使われます。 呼びかけとしてこの英語圏の男性が使うのであれば、「恋人よ」であれば「Mon amour」「Mon tresor」「Ma cherie」なりなんなりほかの言い方があります。 (Ma cherieは人によっては単なる友達に使う人もいますが。 ) 「若いとき随分長くヨーロッパにも住んでいたみたい」ということですので、年配の方でしょうか。 呼びかけでつかうMon amie(「お友達」)は、若い人がふざけて使うこともあるとおもいますが、かなり古い話し方です。 また、「Tu es mon amie! 」「お友達でしょ!(「~するのは当然よ」等の意味合い)」という風に使ったりもしますし、人に紹介するとき「Mon amie japonaise」といわれると、amieに恋人という意味はないと心得てください。 相手があなたと一緒にいる異性が恋人か単なる友達かを知ろうと探りを入れて「Ton amie? 」と効いてくるようであれば「C'est une amie. 」と付け加えてはっきりさせればいいのです。 お友達のことを話したこともない相手に Je suis alle au restaurant avec mon amie hier soir. といえば、相手は「恋人と行ったんだな」と解釈するわけで、 Je suis alle au restaurant avec une amie hier soir. だと女友達と、ということですが、例えばあるソワレにお友達(単なるクラスメートでも同僚でも)を連れて行きます。 知り合いのPierreもきていて3人で話をしました。 2日後、あなたはPierreと話すことになりました。 Pierreが「Comment va ton amieと聞いてきたからといって、Pierreはそのひとのことを恋人だと勘違いしているわけではないのです。? 」「(この前の)君の友達はどうしてる?」ときいてるだけで、ton amieは「例のお友達」程度の意味に使われます。 その人の名前を覚えてないときなど、実は便利な表現なのです。 とりあえず、mimosa55さんはこの男性とお付き合いをしていらっしゃらない様ですので、「恋人」の解釈は行きすぎかと思います。 mimosa55さんの最初の「お友達」の解釈でいいのではないでしょうか。 英語圏の人が使った、ということですが、英語の会話のなかでmon amieがでてきたのでしょうか、お二人の共通語がフランス語なのでしょうか? 英語にはフランス語からの借用が多いようですが、意味が歪曲されて使われることもあるかもしれません。 日本で使われる「トラヴァーユ」はフランス語では転職ではなく「仕事」一般ですし、「アルバイト」はドイツ語で「働く」ですから。 英和でamieをひいてみると、「女友達」と「恋人」の両方がありましたが、英語圏で通常どのような感覚で使われているのかまでは私にはわ... A ベストアンサー よく『恋は盲目』と言われ、結婚に踏み切るのを止まってかたもおイでです。 でも、フランスはにそのような方へ決断を促す警句が下の句を付けてあります。 『恋は盲目、でも結婚すれば、それに視力もたらしてくれる』 L'amour est aveugel... Mais, le mariage lui rend la vue 視力が増せば、人生がよく見えて二倍にも三倍にもなるのでしょうか。。。 さて本題です。 Felicitations pour ton mariage! おめでとう(Felicitations は複数で,最初のeにはアクサンテギュを 親しい方へならtonをそうでなければvotreとなります。 花の色ほど、見る人の心の有様を反映して 多用な言い方がまだまだありますね。 ご不明の点は、何なりと。。。 よく『恋は盲目』と言われ、結婚に踏み切るのを止まってかたもおイでです。 でも、フランスはにそのような方へ決断を促す警句が下の句を付けてあります。 『恋は盲目、でも結婚すれば、それに視力もたらしてくれる』 L'amour est aveugel... Mais, le mariage lui rend la vue 視力が増せば、人生がよく見えて二倍にも三倍にもなるのでしょうか。。。 さて本題です。 Felicitations pour ton mariage! おめでとう(Felicitations... A ベストアンサー はじめまして。 ご質問: <もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。 > そんなことないですよ。 たまに耳にしますし、使うこともあります。 1.確かに、仕事などの公的な場面でもBonjourで事足りるようになっています。 ビジネスでは、あまり堅苦しくなく気を許しあってビジネスしましょう、という一種の見せかけのポーズの役割にもなっています。 ビジネスがアメリカナイズされてきた影響があるのかもしれません。 2.ただ、Enchanteを使う人がいても、こちらが使ったとしても、正しい仏語を使っていると思いこそすれ、誰も「古い」「時代遅れ」などと思いません。 3.もちろん状況によりけりで、パーティなどのプライベートな紹介場面では、あまりenchanteは使いません。 若者の間では初対面の相手でも、気軽にBonjour!、Salut!などが粋な挨拶になります。 4.一方、相手に敬意を表したい場合は、ちょっときざなニュアンスで使われたりします。 例えば、プライベートな紹介場面でも、男性が初めて会う女性に惹かれたり、自分を印象づけたい時は、キザっぽくEnchanteと言ったりします。 しながら手の甲にキスしたり、キザを演出している感じです。 5.外国人がフランスでEnchanteを使って、笑われたり眉をしかめられたりすることはまずありません。 「礼儀正しい」というプラス評価があるだけです。 日本でも、初対面でも「はじめまして」を使うことも少なくなりましたが、外国人がプライベートな場面で「初めまして」を使ったとしても、「正しい言葉遣い」と感心すれど、「変」と思う日本人はいないと思います。 6.ちなみに、フランス人でも、厳格できっちりしたフランス語を話す人は、Enchanteを好む人が多いように感じます。 7.また、敬意を必要とする場面や、大事なビジネスシーンでは、「初めまして」をEnchanteの代わりに、Tres heureux se 「お会いできて光栄です」を使う人もよく見かけます。 個人的には、仕事ではEnchanteよりもTres heureuseの方を多用しています。 が、通常はやはりBonjourで済ませることが多いです。 8.以上から、EnchanteやBonjourは、相手との距離感や状況によって、フランスでは主観的に使い分けている、と言えます。 9.そのフランス語の講師の方は、Bonjour派か、あまりEnchanteやTres heureux se を使う機会のない方なのだと思います。 以上ご参考までに。 はじめまして。 ご質問: <もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。 > そんなことないですよ。 たまに耳にしますし、使うこともあります。 1.確かに、仕事などの公的な場面でもBonjourで事足りるようになっています。 ビジネスでは、あまり堅苦しくなく気を許しあってビジネスしましょう、という一種の見せかけのポーズの役割にもなっています。 ビジネスがアメリカナイズされてきた影響があるのかもしれません。 2.ただ、Enchanteを使う人がいても、こちらが使ったとしても、正しい... Q 現在大学4年生で、在学中に1年ほどの留学を英語圏でした者です。 もう帰国して1年半以上たつのですが、今だに、いわゆる"センターカルチャーショック"の中にいて、抜け出せません。 日本にいるのが苦しいのは、あちらでできた彼氏と遠距離中であるということも理由の1つだと思うのですが、留学中、毎日があまりにも充実していたため、帰国後はそのギャップで、魂が抜けてしまったように、何もする気がおきないんです。 ただただ戻りたいという気持ちが強く、卒業後戻ることも考えましたが、親の反対や、就職云々の問題で最低1年は日本で働くことになりました。 帰国後には日本において、日本のいやなところばかりが目につくようになってしまいました。 たとえば電車に乗るのがものすごいストレスに。 ・(混んでいる)電車に乗るのが苦痛でしかたありません。 知らないおじさんとかと体をくっつけぎゅうぎゅう状態になるのが嫌。 (もちろん文句を言っても、しょうがないこととは承知しています。 日本のサラリーマンは本当に毎日すごいとも思います。 ) ・都心に出るまで電車で約1時間弱なのですが、近場でも出かける気がおこりません。 ちなみに、小学校から電車通学をしているのですが、こう感じるようになったのは帰国後からです。 ・思いやりのない人や余裕のない人にすごくイライラする。 たとえば、ぶつかったり、混んでる電車の中などでちょっとぶつかっただけで舌打ちしたりする人。 ぶつかっても謝れない人など。 電車の中で、どうしてこんなにも心が狭いんだろうと、泣きそうになったことがあります。 留学中は、Social Butterflyと言われるほど、本当にいろいろな場所に出かけ、毎日が充実していました。 自分がそこまでアクティブだとは思っていなかったので、自分でも驚いたほどです。 また、海外では1人でも常に新しいことに挑戦し、少しの問題が起こっても、ポジティブ思考で、楽に乗り越えられました。 しかし、帰国後は、小さなまだ起こるかもわからないことに気をもみ、常に焦燥感や不安感があります。 どうしてこんなに違うんだろうと思い、なぜ自分が生まれた日本でそこまで人生を楽しむことができないんだろう、とこんな自分に嫌気がさして涙がでてくるときも多々あります。 留学中のことを思い出すと、胸が熱く、ここ(日本)から早く抜け出したい!戻りたい!と叫びたくなるようなときもあります。 こんな私はおかしいでしょうか?? 同じような経験をされた方いますか?? 本気で悩んでいます。 私はノイローゼや鬱病などなのでしょうか!? 現在大学4年生で、在学中に1年ほどの留学を英語圏でした者です。 もう帰国して1年半以上たつのですが、今だに、いわゆる"センターカルチャーショック"の中にいて、抜け出せません。 日本にいるのが苦しいのは、あちらでできた彼氏と遠距離中であるということも理由の1つだと思うのですが、留学中、毎日があまりにも充実していたため、帰国後はそのギャップで、魂が抜けてしまったように、何もする気がおきないんです。 ただただ戻りたいという気持ちが強く、卒業後戻ることも考えましたが、親の反対や、... A ベストアンサー 私は結婚を機に海外で生活しており、今年で13年目を迎えました。 shaoshaotさんにとって、留学期間の1年間があまりにも充実していたために、日本とのギャップを感じるのは当然だと思います。 (私も日本に帰国すると、まずガリバー現象が起こります・・・この道ってこんなに狭かったっけ?って) 留学中は、常に新しいことに挑戦してポジティブに受け止めていける自分がいた、そんな自分が大好きだったのではありませんか?そしてその時を共に過ごした大切なBoy Friend、友人たちとも遠く離れているから、寂しさや不安が出てくるのはおさらですよね。 日本を好きになれない、そんな自分に嫌気がさす・・・全然おかしいことではないと思います。 shaoshaotさんはとてもまじめな方なのでは?だから考えれば考えるほど、日本も、そして自分自身をも嫌いになってしまう。 自分の生まれた国だからと無理やり好きにならなくてもいいと思います。 好きにならずとも、感謝していけるようにしてみてはどうでしょうか?日本人として生まれたことで、きちんと教育もうけられた、そして海外で充実した生活をおくれるほどの英語力もつけられた、そんな教育環境が整っている国で生まれ育ったことに感謝する。 感謝できるようになれば、もっと前向きになれます。 前向きになれば、 今いる場所でできることが見えてきます。 日本でしか学べないことが必ず見えてきます。 日本で仕事をすることは、海外に出たときに、けっして無駄にはならないですよ。 日本では新卒が優遇されますが、海外では職歴がないと信用されません。 仕事をしながら学校に学ぶこともできる(私も日本で働いていた時、いつも学校に通っていました。 その時に出会った先生方に海外への目を開かせていただいたんです) 海外が恋しい、今すぐ戻りたい!その気持ちに罪悪感を持つ必要もないし、大切にしてください。 今の自分の気持ちを責めず、それこそ私って、本当に海外が大好きなんだな、将来必ず大好きな海外に行くぞ!って決意しましょうよ。 焦ったら逆に失敗します。 後悔します。 自分の将来・夢・人生にしっかり目をむけることが今の悩みを解決できる何よりの方法だと思います。 より明確に具体的に自分の人生設計をして、ご両親にも本当に信頼していただいて、海外に送り出してもらえるよう努力してみましょうよ。 ご両親にしてみれば、大切な愛娘が海外でなにかあったらと本当に心配されてるのだと思いますよ(私も2人の子を育てる親なのでわかります)絶対に大丈夫だという保障がないですし、見守る側の切ない気持ちを受け止めることも大切です。 私は、海外で生活して日本の良い所をたくさん教えてもらいました。 日本人でよかったと心から思っています。 でも、それは最初の半年で大嫌いになったこの国を心から好きになれたからなんです。 子供たちはこちらで生まれましたが、自分たちは日本人だと言っています。 日本には2・3回しか行ったことがないのに・・・ 笑) shaoshaotさん、がんばってくださいね。 応援しています。 自分は近い将来、必ず海外にでれる!って、自分の夢を信じて。 人や周りではなく、大好きな自分をみつめて前に進んでいってください。 私は結婚を機に海外で生活しており、今年で13年目を迎えました。 shaoshaotさんにとって、留学期間の1年間があまりにも充実していたために、日本とのギャップを感じるのは当然だと思います。 (私も日本に帰国すると、まずガリバー現象が起こります・・・この道ってこんなに狭かったっけ?って) 留学中は、常に新しいことに挑戦してポジティブに受け止めていける自分がいた、そんな自分が大好きだったのではありませんか?そしてその時を共に過ごした大切なBoy Friend、友人たちとも遠く離れているから、...

次の

フランス語の「誕生日おめでとう」メッセージ20選!お礼の言い方も紹介

お 誕生 日 おめでとう フランス語

「Joyeux anniversaire! (ジョワイユ アニヴェルセル)」と声をかけましょう。 X 出典文献 フランスで使われている2つの一般的な誕生日メッセージのうちの1つです。 ケベックやその他のカナダのフランス語圏でも使用できますが、カナダでは、一般的な誕生日を祝う方法ではないので注意しましょう。 このフレーズは、直訳すると「幸せな誕生日」で、英語の「happy birthday」と同じ意味です。 「 joyeux」は、「幸せな」「楽しい」「喜ばしい」という意味です。 「 anniversaire」は、「誕生日」や「記念日」と翻訳できますが、単体で使う場合は、一般的に誰かの誕生日を指します。 結婚記念日を指す場合は、「anniversaire de mariage(アニヴェルセール ドゥ マリアジュ)」と言います。 このフレーズは、ケベックなどカナダのフランス語圏において、最もカジュアルで一般的な「誕生日おめでとう」の言い方です。 フランスでは、聖人の名前をとってファーストネームにすることが多く、「聖名祝日」とは、名前の由来となった聖人の祝日のことを指します。 「 Bonne」は、「良い」という意味である「bon」の女性形です。 (ジュ ヴ スウェト プレン デ ボヌール アン セット ジュルネ エスペシアル)」と言ってみましょう。 X 出典文献 この文章は、大まかに訳すると「この特別な日に、たくさんの幸福を願っています」となります。 「 je」は「私」、「 vous」は「あなた」を指す目的格代名詞です。 「 souhaite」は「~を願う」、「 plein」は「いっぱい」、「 de」は「〜の」、そして、「 bonheur」は「幸福」という意味です。 (ケ ヴ プシエ エトレ ウールー (ウールーズ)アンコール デ ヌンブレス アネス)」と伝えてみましょう。 このお祝いの言葉は、「多くの幸せが返ってくる」または「来たる多くの幸せな年」といったような意味の文章です。 基本的に、今後たくさんの幸せな誕生日がその人に訪れることを願っているフレーズです。 X 出典文献• 「 encore」は「今でも」や「まだ」という意味で、このフレーズの「まだこれから訪れる」という部分を表しています。

次の

誰でも今すぐ使えるポルトガル語のかっこいい&ステキなフレーズ集

お 誕生 日 おめでとう フランス語

フランス語でおめでとう!相手を祝う時そのまま使える15フレーズ! 1. 仕事で昇進したときや、試験に合格したとき&就職祝い、結婚式や出産祝いに宝くじに当たったときなど、相手がとにかくなんでも運や成功を掴んだときに「おめでとう」と言いたいときに使えるフランス語です。 彼氏や彼女ができたとか、妊娠したとか結婚するの!とめでたい報告を受けたときには、思う存分に連発してくださいね。 メールやカードで祝う時にも使えます。 Joyeux anniversaire! 同じく誕生日を祝うフランス語のフレーズで、「 Bon anniversaire! メールや手紙で祝うときには、「Joyeux anniversaire! 」 が一般的な表現です。 なお、フランス語のメールや手紙を書くときに使えるフレーズを以下にまとめていますので、こちらも合わせて読んでみてください。 Bravo! 「おめでとう」という意味にも使われますが、同時に良くやった!と相手を称賛するときにも使えるフランス語です。 スポーツなどで勝ったときや、ゴールを決めた相手などにも「おめでとう」と祝うことができますよ。 なお、スポーツ観戦で使うフランス語フレーズを以下にまとめましたので、こちらもぜひチェックしてみてください。 Tous mes voeux de bonheur! 意味は同じく結婚を祝うフランス語です。 Excellent! 日本語にすると「素晴らしい」という意味ですが、特に抜きに出た才能を褒め称えるときには「おめでとう」という意味にも疲れ便利なフランス語です。 Bon travail! 同時に「良い仕事をしたね」と称賛したいときにも使える、便利なフランス語フレーズです。 子どもが勉強を頑張ったときに労わりの言葉としても使えます。 なお、ビジネスで使えるフランス語は以下にまとめていますので、こちらもチェックしてみてください。 めちゃくちゃスゴイことが起こった場合に使いましょう。 Meilleurs vous! 12月に入ってから、クリスマスと新年のあいさつを同時に済ませるグリーティングカードの文面としても使うことができます。 なお、フランスのクリスマスについては以下で詳しく解説していますので、こちらもぜひ読んでみてください。 Formidable! 相手にとって、ものすごく素晴らしいできごとがあった時に使いましょう。 たまに皮肉でこのフランス語を使う人もいますが、成功者には惜しみなく使って祝うと喜ばれるでしょう。 結婚式で花嫁がこの世のものとは思えない美しさだったり、言い表せないような素晴らしいことが起きた時に祝う言葉として使うことができます。 なお、フランスの結婚式にまつわる話については以下で詳しく解説していますので、こちらも合わせて読んでみてください。 Mes compliments! なにか失敗したときなどに嫌味ったらしく祝うためのフレーズなので、間違って本気で称賛したい相手に使ってはいけません。 フランスでは新年が明けると、通りすがりの人でも見知らぬ間柄でも互いにこのフランス語フレーズを言い合うことが多く、お店でも店員さんが声をかけてくれることが多いので、自分からもBonjourに続けて挨拶するようにしましょう。 これだけで、不愛想な店員でも笑顔になって親切に対応してくれることがあります。 クリスマスの時期にフランスを訪れたら、所かまわす別れ際の挨拶として活用しましょう。 1年の最大イベントであるクリスマスには、フランス人はこのフレーズだけでご機嫌になる人がたくさんいるんですよ。 まとめ いかがでしたか? 今回は、フランス語で相手を祝うときによく使われるフレーズをご紹介しました。 どのフレーズも、大人から子どもまで社会人でも学生でも、日常的によく使うフレーズばかりです。 お誕生日や結婚祝い、出産や昇進、合格などを祝うときには今回ご紹介したフレーズを使ってみてくださいね。 フランス語でおめでとう!相手を祝う時そのまま使える15フレーズ! 1. Joyeux anniversaire! Bravo! Tous mes voeux de bonheur! Excellent! Bon travail! Meilleurs vous! Formidable! Mes compliments!

次の