最適 化 され た バッテリー 充電 と は。 【iOS13】iPhoneが熱い、発熱する時は最適化されたバッテリー充電のオフを試す

【iOS13】最適化されたバッテリー充電とは?今までの充電方法との違いを徹底解説!

最適 化 され た バッテリー 充電 と は

最適化されたバッテリー充電とは? 最適化されたバッテリー充電はバッテリーの劣化を軽減するために追加された機能です。 ONにしておけば、自身がすることはなくiPhoneが毎日の使用状況を学習していきます。 バッテリーの劣化を軽減するモード iOS13ではiPhone自身が充電のサイクル、電池の減りなどを学習します。 生活サイクルを元に充電を行うことで、バッテリーの劣化を軽減することができます。 「化学的経年劣化」をiPhone自身がとめてくれるのです。 80%で自動的に保留されてしまう 最適化されたバッテリー充電をONにすることで、充電は80%で止まるようになります。 デバイス自身が学習を行い、充電のサイクルと消費電力を判断して、学習された時間までフル充電を行う事はないのです。 最適化されたバッテリー充電はiOS13にアップデートすると、自動でONになっています。 知らずにアップデートしてしまうと、翌日起床すると充電が80%で止まっています。 アップデートを終えたときに、初回のみOFFにしておくことが必要になります。 フル充電はバッテリーを劣化させる 何気なく、スマホを充電していると思いますが、100%を超えても充電をし続けることはバッテリーの劣化に繋がります。 バッテリーの80%以上の充電は「トリクル充電」と言われており、80%を超えると電力を弱めて充電速度を遅くさせます。 この動きにより、バッテリーの劣化を軽減することができるのです。 予め充電完了時間を教えてくれる 最適化されたバッテリー充電をONにすると、iPhoneがいつ充電が完了するか通知が来るようになります。 この時間は、トリクル充電が働いている状態での時間です。 もし、すぐにフル充電を行いたい場合は、通知を長押しすることでポップアップが表示されます。 「今すぐ充電」をタップすることで、トリクル充電を行わずフル充電までを行ってくれます。 異常な発熱もあり 最適化されたバッテリー充電をONにすると、80%までの充電が 今までの充電方法とは違い、高速で行われてしまいます。 高速で充電が開始されてしまう事で、端末が異常な発熱をしてしまうことがあるようです。 そもそも発熱を抑えるための機能なのですが、高速で充電してしまう事で異常な発熱となってしまいます。 特に端末のバッテリーパフォーマンスが下がっている人は気をつけた方がいいでしょう。 バッテリーのパフォーマンスは端末から確認することができます。 歯車マークをタップします。 バッテリーをタップします。 バッテリーの状態をタップします。 最大容量の横にある数値がバッテリーの状態です。 100%より少しでも下がっていることで劣化していると言えます。 いつまでも充電が完了しない 最適化されたバッテリー充電をONにしていると、80%で充電が止まってしまい、いつまでも充電されない状況となります。 最適化されたバッテリー充電は80%まで高速で充電し、2時間かけて100%の容量まで充電するという仕組みです。 この2時間の間は、端末をいくら確認しても充電は完了しません。 すぐにフル充電にしたいときは、一度充電ケーブルを抜いてください。 そしてすぐに刺しなおすことで、端末が長い時間充電はしないと判断し、100%まで充電を行ってくれます。 最適化されたバッテリー充電の設定方法 最適化されたバッテリー充電は、バッテリーの劣化をとめる便利な機能ですが、充電が進まない状況にもなるので、不便と感じる人もいます。 iOS13にアップデートするとデフォルトで設定されてしまうので、解除する場合は自身で設定を解除する必要があります。 歯車マークをタップします。 バッテリーをタップします。 バッテリーの状態をタップします。 最適化されたバッテリー充電の横のボタンをタップします。 「明日までオフにする」「オフにする」のどちらを選択することで、最適化されたバッテリー充電をOFFにすることができます。

次の

【iOS13】最適化されたバッテリー充電とは?今までの充電方法との違いを徹底解説!

最適 化 され た バッテリー 充電 と は

みんな大好きバッテリー長持ちハック!iOS 13で新機能登場 iOS 13で追加されたバッテリーについての新機能「最適化されたバッテリー充電」。 iOS 13にアップデートするとおそらく有効になってると思う。 デフォルトで有効ということは、きっと素敵な機能に違いない! 設定は以下の手順で確認。 設定アプリ• バッテリー• バッテリーの状態• 」 よく見たらiPhoneに全部書いてありました。 まぁ、要するに、iPhoneのバッテリーの寿命を長持ちさせるための新しいテクノロジー。 で、「そういうの人力でハックするのマジ労力半端ないからAIでワンチャン解決しようぜ!」っていう機能がこれである。 「最適化されたバッテリー充電」の仕事っぷりをグラフで見てみよう この子がどんな動きをしてるか見てみよう。 設定アプリ• バッテリー 見よ、この仕事っぷりを! 昨夜の僕のiPhone。 この中でポイントとなる時間は3:00、そして4:00だ。 なぜ3:00, 4:00なのか。 ヒントはiPhoneが教えてくれたよ! 起きる時間の算出要素は? Siri「起きるまでにやっとくんで〜」 なんか、5:00までに充電を完了、つまり充電100%にしてくれるつもりだったらしい。 まぁ、このスクショで分かるとおり僕は4:00に起きたんですがね!でもSiriさんは僕が5:00に起きると思っていた。 それはなぜか。 僕にこの5:00という時間に心当たりが2つ。 ひとつは「おやすみモード」のタイマー。 もうひとつは「ベッドタイム」に設定した起床時間。 順に見ていこう。 おやすみモードのタイマー• 設定アプリ• おやすみモード おやすみモードの終了時間を5:00に設定してたので。 Siriさんはこれをもとにした可能性はある。 ベッドタイムの起床時間と睡眠分析• 時計アプリ• ベッドタイム 月曜日から金曜日、0:00 — 7:00までを就寝時間に設定してて、さらに、Siriさんの分析によると平日はほぼ7:00に起きてました。 まぁ、4:00に満充電っぽくになってたことと、本日日土曜日は設定してなかったので、こちらはあまり関係なさそうかも。 以上簡単な検証だけど、おやすみモードの解除時間(5:00)をもとに、その1時間前までに満充電にしてくれた、という可能性が高そうな気がする。 なおこの睡眠分析はヘルスケアで詳細を確認できる。 Apple Watchならより詳しく計測できるのかも? 「最適化されたバッテリー充電」のポイント さて、グラフの写真を振り返ってみよう。 4:00頃100%になっているように見える、と前述した。 で、たまたま僕は今日4:09くらいに起きて前述のスクショを取った際、実際iPhoneの充電はどうだったか。 もちろん、バッテリー寿命を長く保つための施策であります。 不規則生活には不向きな機能なのか ただし、2時間早く起きると80%の可能性大なので注意。 日勤夜勤ある方とか、国内外飛び回ってる方についてはどうなんだろうか。 「あなたが毎日どのようにiPhoneを充電しているか学習して」とあるので、不規則生活の場合にはあまり積極的に働かないのかもしれない。 まぁそこは世界最高峰テクノロジーのAppleさんのすごく頭のいい人たちがめっちゃ考えて作られた機能なんで、よしなに動くのだろう。 不用意にオフにしないほうがいいかと このブログではよく言ってきたことだけど、こういった機能をソッコーオフるよりしばらく使ってみるのを僕はオススメする。 なぜなら、その機能ができたことには必ず意味があるから。 頭のいいAppleさんがその方が絶対いいと判断して搭載されたわけだから、僕はしばらく使ってみたいし、そもそもどんなふうに動くのか興味もある。 僕らが直感で思うほど安易な機能ではないだろうし、今後もアップデートでクオリティは上がっていくだろう。 たまにうまくいかないこともあるかもしれないけど、トータルでプラスになるならいいかなーと。 特に、ネットなどを鵜呑みにしてなんとなくでオフにすると、おそらくあなたはもうその機能を思い出すことなく、一生その機能の恩恵にあやかることはないだろう。 オフにするときは、しっかり理解して意識してオフにすることをオススメする。 2年使った僕のiPhone Xのバッテリー寿命 最後に、ここに書いたことをすべてぶっこわーす!して終わりたいと思う。 最初の画像をもう一度見てほしい。 2年弱使った僕のiPhoneのバッテリーの最大容量は98%。 バッテリー延命のための特別なハックは一切したことがない。 個体差があるのかもしれないし、温度などの要因もあるので一概には言えないが、僕は最近のiPhoneのバッテリー寿命は(ソフトウェア的処理の向上もあり)長く、バッテリー延命のためにあまり神経質になる必要はないのではないかと思ってる。 だからこの機能はどちらかというと、5-6年と長く利用されている端末を救済する機能なのかもしれない。 でも夏の車内に放置とかは絶対やめた方がいいよ!そもそも危ないし。 さよなら!.

次の

【iPhone】iOS13で充電が80%で止まる、100%まで充電されない時の原因と対処法

最適 化 され た バッテリー 充電 と は

最適化されたバッテリー充電とは? 最適化されたバッテリー充電はバッテリーの劣化を軽減するために追加された機能です。 ONにしておけば、自身がすることはなくiPhoneが毎日の使用状況を学習していきます。 バッテリーの劣化を軽減するモード iOS13ではiPhone自身が充電のサイクル、電池の減りなどを学習します。 生活サイクルを元に充電を行うことで、バッテリーの劣化を軽減することができます。 「化学的経年劣化」をiPhone自身がとめてくれるのです。 80%で自動的に保留されてしまう 最適化されたバッテリー充電をONにすることで、充電は80%で止まるようになります。 デバイス自身が学習を行い、充電のサイクルと消費電力を判断して、学習された時間までフル充電を行う事はないのです。 最適化されたバッテリー充電はiOS13にアップデートすると、自動でONになっています。 知らずにアップデートしてしまうと、翌日起床すると充電が80%で止まっています。 アップデートを終えたときに、初回のみOFFにしておくことが必要になります。 フル充電はバッテリーを劣化させる 何気なく、スマホを充電していると思いますが、100%を超えても充電をし続けることはバッテリーの劣化に繋がります。 バッテリーの80%以上の充電は「トリクル充電」と言われており、80%を超えると電力を弱めて充電速度を遅くさせます。 この動きにより、バッテリーの劣化を軽減することができるのです。 予め充電完了時間を教えてくれる 最適化されたバッテリー充電をONにすると、iPhoneがいつ充電が完了するか通知が来るようになります。 この時間は、トリクル充電が働いている状態での時間です。 もし、すぐにフル充電を行いたい場合は、通知を長押しすることでポップアップが表示されます。 「今すぐ充電」をタップすることで、トリクル充電を行わずフル充電までを行ってくれます。 異常な発熱もあり 最適化されたバッテリー充電をONにすると、80%までの充電が 今までの充電方法とは違い、高速で行われてしまいます。 高速で充電が開始されてしまう事で、端末が異常な発熱をしてしまうことがあるようです。 そもそも発熱を抑えるための機能なのですが、高速で充電してしまう事で異常な発熱となってしまいます。 特に端末のバッテリーパフォーマンスが下がっている人は気をつけた方がいいでしょう。 バッテリーのパフォーマンスは端末から確認することができます。 歯車マークをタップします。 バッテリーをタップします。 バッテリーの状態をタップします。 最大容量の横にある数値がバッテリーの状態です。 100%より少しでも下がっていることで劣化していると言えます。 いつまでも充電が完了しない 最適化されたバッテリー充電をONにしていると、80%で充電が止まってしまい、いつまでも充電されない状況となります。 最適化されたバッテリー充電は80%まで高速で充電し、2時間かけて100%の容量まで充電するという仕組みです。 この2時間の間は、端末をいくら確認しても充電は完了しません。 すぐにフル充電にしたいときは、一度充電ケーブルを抜いてください。 そしてすぐに刺しなおすことで、端末が長い時間充電はしないと判断し、100%まで充電を行ってくれます。 最適化されたバッテリー充電の設定方法 最適化されたバッテリー充電は、バッテリーの劣化をとめる便利な機能ですが、充電が進まない状況にもなるので、不便と感じる人もいます。 iOS13にアップデートするとデフォルトで設定されてしまうので、解除する場合は自身で設定を解除する必要があります。 歯車マークをタップします。 バッテリーをタップします。 バッテリーの状態をタップします。 最適化されたバッテリー充電の横のボタンをタップします。 「明日までオフにする」「オフにする」のどちらを選択することで、最適化されたバッテリー充電をOFFにすることができます。

次の