ふくらはぎ 痛み 原因。 ふくらはぎが痛いときの原因と対処法|さいたま市浦和区のアキ循環器・血管外科クリニック

ふくらはぎの痛みの原因と病気一覧

ふくらはぎ 痛み 原因

ランニングでふくらはぎが痛くなる原因 そもそもなぜ、ランニングでふくらはぎが痛くなるんでしょうか? 筋肉の強度よりも負荷の方が大きい つまり筋肉があんまり鍛えられていないのに、筋肉が耐えられる以上の運動をしているということですね。 それが原因でふくらはぎが痛くなることは多いです。 ただし、筋肉の強度を高めれば、ふくらはぎが痛くなくなるわけではありません。 他にも原因があるからです。 走り方が悪い(フォーム) やっぱりこれは原因に出てきますね。 筋肉の強度も大切ですが、そもそもの原因はやっぱり走るフォームなんです。 走り方が悪いと、変なところの筋肉に力が入って痛くなってしまうんですね。 だから、筋肉を鍛え直したところで、走り方を直さないとまた痛くなることでしょう。 栄養不足で筋肉の回復が追いつかない ランニングは、ご存知のとおり「有酸素運動」です。 だからダイエット効率が良いんですね。 それは嬉しいんですが、体を痛めたら元も子もない。 ランニングでダイエットをするなら、食事制限ではなく、食事の栄養バランスを考える必要があるんです。 単なるカロリーコントロールの食事をしていると、ふくらはぎの痛みは回復しません。 ふくらはぎの痛みを改善する方法 では、ふくらはぎの筋肉の痛みは、どのように改善すれば良いのでしょうか? ふくらはぎが痛くなると、1ヶ月くらいは回復に時間がかかると思っておいたほうが良いでしょう。 「そんなに?」と思うかもしれませんが、ふくらはぎは一度痛めると回復が大変な場所なんです。 タンパク質のほかに「糖質」をしっかり摂取する 糖質と言えば、ダイエットの大敵である「太るもと」だと思っているのではないでしょうか? でもランニングでダイエットをするなら、糖質は絶対に必要な栄養なんです。 もちろん、ウォーキングやスクワットなど他の運動でも必要です。 筋肉に負荷をかけた後は、栄養の吸収が良くなっています。 つまり必要な栄養が入ってくるのを待っているんですね。 ランニング後に糖質を摂っても、すぐに筋肉の合成や修復に使われるため、太ることはないと言われています。 むしろ次回、筋肉を使う際の栄養分となり、筋肉をより強化してくれるそうですよ。 もちろんカロリーオーバーはダメですが、糖質を摂らないと体の故障は治らないということです。 冷やす・ストレッチ・マッサージ ふくらはぎが痛い時は、まず運動直後に冷やすことです。 運動をすると血行が促進され、熱を持つんですね。 それをクールダウンさせることが大切です。 また痛みがある場所に血流が集中すると言われていますので、血行が滞ってしまうんです。 それを改善して、悪い血を流すことが大切です。 痛みがある場所には、きれいな血流を送りこむことが大切だからです。 そのためにストレッチやマッサージが効果的なんです。 といっても、ふくらはぎを力任せに揉んではダメです!悪化する恐れがありますので、気をつけてください。 ストレッチは、いわゆるアキレス腱伸ばしでOK• 安静は大事!でも適度な運動も大事 ふくらはぎが痛い時は、ランニングはお休みしましょう。 基本的には安静にすることが大切です。 でも、完全に安静にする必要はありませんし、それは無理ですよね。 一日中寝ているわけにもいきませんから。 ふくらはぎの痛みを改善するためには、ふくらはぎにきれいな血流を送ることが大切です。 そのためには適度に動かして、血行を促進することで回復が早くなります。 ふくらはぎは血行が滞りがちなので、心臓より高い位置に上げる• 適度にふくらはぎに力を加える。 正しいランニングフォームを身につける ランニングでふくらはぎが痛い時は、回復するのに時間がかかります。 その間に、正しいランニングフォームのイメージトレーニングをしてはいかがでしょうか? せっかく痛みが治まっても、フォームが正しくないと、また痛くなってしまいます。 正しいランニングフォームとランニングの効果はコチラからどうぞ。 そして正しいランニングフォームを身につけてくださいね。 きっと楽しいランニングライフを過ごすことができるでしょう。 ふくらはぎの痛みは、しっかり回復させよう ランニングでふくらはぎが痛い場合の改善方法をご紹介しました。 ふくらはぎが痛い時は無理をせず、休めることが回復の近道です。 一旦、痛くなると長引くことが多いので、しっかりと回復させましょうね。 はじめは単なる筋肉痛に感じますが、どんどん痛みが悪化して、肉離れなどを起こすこともあります。 ふくらはぎが痛いと、走るときにかばうように走るため、他の部分も痛くなってしまうと考えられます。 そんな事態を避けるためにも、しっかりと1つ1つの故障を治していきましょうね。

次の

こむら返り

ふくらはぎ 痛み 原因

ふくらはぎを含む脚のむくみは日常的によく起こりますが、場合によっては注意が必要なこともあります。 むくみのある足の血管が浮き出てきた• ふくらはぎにむくみが出てきてから、なんだか体もだるくなった気がする• むくみのある足がジンジンと痛み出し、熱を持っているような感じもする このような場合に考えられる病気や、受診の目安とはどのようなものでしょうか。 病気が原因で起こる足のむくみ ふくらはぎなど足のむくみは、病気の症状のひとつとして現れることがあります。 主な病気には以下のようなものがあります。 両足がむくむ事が多い病気 心不全 とは、何らかの原因によって心臓のポンプ機能が低下する状態のことを指します。 心臓から十分な血液が送り出せなくなることで、息苦しさや疲れやすさなどの症状が現れるほか、水分が体内に貯留すると体重の増加や足にむくみが生じることがあります。 むくみ以外で息苦しさや疲れやすさなどの症状が出たら、早めに受診するようにしましょう。 腎不全/肝不全 腎臓の機能が著しく低下した状態を、肝臓の機能が著しく低下した状態を肝不全といいます。 であれば足・顔のむくみ、尿量の減少、息苦しさ、体のだるさ、吐き気、食欲低下など、肝不全であれば全身のむくみ、皮膚が黄色くなる黄疸、お腹に水が溜まる腹水などの症状が主として現れます。 ・肝不全ともに命にかかわることもあるので、症状に心当たりがあれば早期の受診が必要です。 甲状腺機能低下症 とは、甲状腺の炎症などによって甲状腺ホルモンの分泌が少なくなってしまう病気のことで、女性に多いといわれています。 甲状腺ホルモンの分泌が少なくなることで、イライラや抑うつ、情緒不安定などの精神症状がよく現れます。 また、食欲が低下するにも関わらず体重が増えるのも、の特徴的な症状です。 他の症状としては、むくみ(主に足やまぶた)や、声のかすれ、月経異常(女性の場合)などが現れることもあります。 月経前症候群 とは、月経前の3~10日の間に続く体と心の不調のことを指し、症状は精神症状、自律神経症状、身体症状に大別されます。 よくみられるのは、精神症状としてイライラや抑うつ、不安、情緒不安定、など、自律神経症状として体のだるさやのぼせ、、・過食など、身体症状としてや腹痛、腰痛、むくみ、乳房の張りなどです。 薬の副作用 解熱鎮痛薬や漢方薬、降圧剤、ステロイド剤といった薬の服用後に、副作用としてむくみが生じることがあります。 初めて飲む薬を使用してむくみが出た場合には、勝手に中止せずすぐに処方された病院で相談するようにしましょう。 片足がむくむ事が多い病気 下肢静脈瘤 とは、足の静脈が太くなって瘤(こぶ)のように浮き出た状態をいいます。 静脈が浮き出るのは、主にふくらはぎ、ひざの裏、太ももの内側で、浮き出た部分がむくむこともあります。 また、多くの場合、足に痛みやだるさを感じたり、こむらがえり(ふくらはぎの筋肉の痙攣)が起こったりします。 蜂窩織炎 ほうかしきえん は、傷やアトピー、、などが原因で皮膚のバリア機能が破れ、細菌に感染して起こる皮膚の感染症です。 感染した部分にむくんだような腫れや熱感、痛みが現れることが多く、発熱や寒気、関節痛、体のだるさといった全身症状が伴う場合もあります。 深部静脈血栓症 は、身体の深くにある静脈に血栓(血のかたまり)ができて詰まってしまう病気で、脚に起こることが多いといわれています。 になると、詰まった部位の周辺に腫れやむくみ、痛み、熱感、発赤(皮膚が赤くなる)などの症状が現れることがあります。 リンパ浮腫 とはリンパの流れが悪くなることで、リンパ管の中にリンパ液が過剰に溜まって起こるむくみのことです。 体のさまざまな部位に起こりますが、ふくらはぎに起こることも多く、片側だけむくむこともあれば、両側がむくむこともあります。 また、むくみによって重さやだるさを感じる場合もあります。 などのリンパ節郭清など手術の影響で症状が出現することがあります。 受診の目安とポイント ふくらはぎのむくみ以外に、痛みなど何かしら気になる症状があれば受診しましょう。 また、片方のふくらはぎだけがむくんでいるような場合にも一度受診しておくとよいでしょう。 上で挙げた原因それぞれで専門科目が異なるため、まずは近くの内科やかかりつけの医療機関などで相談してみるとよいでしょう。 受診の結果専門の科目を紹介されることもあります。 受診の際には、むくみはいつから続いているのか、きっかけの有無、むくみ以外の症状などについて、医師に詳しく伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活が原因となって、ふくらはぎがむくむこともあります。 日常生活上で考えられる原因は以下のようなものが挙げられます。 立ち仕事などが続いた 仕事などで長時間立つ姿勢が続くと、足の血液やリンパ液の循環が悪くなり、細胞の隙間などに水分が停滞することでむくみが生じます。 立ち仕事が続く時は 立つ姿勢が続くことでむくみが生じる場合は、弾性ストッキングの着用で予防ができるといわれています。 弾性ストッキングの着用を検討してみましょう。 また、じっとしている状態が続く時には、足の血流を良くするために、時々足首を回したり立ち踏みをしたりして筋肉を意識的に動かしてあげるのもよいでしょう。 筋力不足 ふくらはぎの筋肉は、心臓に血液を送り返すためのポンプの役割を果たしていますが、筋力が低下するとポンプ機能が低下して、血液をうまく送り返すことができません。 その結果、血液中の水分が停滞してむくみとなって現れます。 筋力不足によるむくみを予防するには ふくらはぎの筋力不足を感じているなら、ウォーキングや筋力トレーニングなどを定期的に行って、筋力を鍛えるようにしましょう。 身近なトレーニング法としては、つま先で立ち、かかとを下す動作を繰り返すことで、ふくらはぎの筋力を鍛えることができます。 水分や塩分の摂りすぎ 水分を摂りすぎると、血管の中の水分量が増えて血管の外に浸みやすくなります。 また、塩分は体内に水を蓄えるはたらきがあるので、摂りすぎると水分がうまく体外に排出されなくなります。 このような理由から、水分・塩分のいずれも摂りすぎることで、むくみを引き起こします。 水分や塩分を摂りすぎてしまったら 塩分の元となるのがナトリウムで、カリウムにはナトリウムを排出するはたらきがあります。 塩分を摂りすぎてしまったら、野菜やワカメ、イモ類、リンゴやバナナなど、カリウムを多く含むものを食べるとよいでしょう。 また、食生活の改善も大切です。 日頃から水分や塩分を摂りすぎないように注意し、塩分においては減塩食を取り入れる、水分に関してはがぶ飲みしない、熱めのお湯・お茶を飲むなど工夫するようにしましょう。 アルコールの飲みすぎ アルコールを飲むと血管の浸透性が高まり、血管中の水分が染み出して、むくみを引き起こすとされています。 アルコールを飲みすぎてしまったら アルコールを飲むことで体内の水分が減少し、脱水状態になります。 飲みすぎてしまったら、まずは水分を摂取するようにしましょう。 また、自分にとって適切な飲酒量を知り、適量を守る、飲酒の頻度を減らして、飲みすぎないように注意することも大切です。 良くならない時には 自分で対策をとるのが難しい場合、対策をとっても良くならない場合には、一度病院を受診することを考えましょう。

次の

ふくらはぎが痛いときの原因と対処法|さいたま市浦和区のアキ循環器・血管外科クリニック

ふくらはぎ 痛み 原因

ふくらはぎの痛みの原因と症状は? ふくらはぎがつったような症状であれば 水分の過剰摂取が原因である可能性があります。 身体の中で水分と血液はバランスを保ちながら流れていますが、これは双方ともに多すぎても少なすぎてもよくないもので、バランスが極めて大切です。 しかし水分が過剰に増えてしまうと血液や体液が進路を妨害される場合があり、必要なものがふくらはぎを流れなければこういった症状が出てくる可能性があります。 さらに水分の過剰摂取は身体全体を冷やすという特徴がありますから、 適量を心掛けた対処法が必要です。 ふくらはぎの痛みの対処法について また筋肉による痛みだったとしてもそれを 放置しておくのは危険です。 脚の筋肉は身体中の血液を巡らせるためのいわばポンプの役割をしていますから、常に健康な状態で動いていなければ意味がありません。 間違ったトレーニングで筋肉を傷つけてしまう事が原因となって痛みを感じさせるという場合もあります。 一般的なウォーキングやランニングであれば簡単ですが、筋トレとなればきちんとした知識を持って行う事が求められます。 まずはトレーナーなどに教わって 上手に筋力をつけていくというのも対処法と言えるでしょう。 このようにそれぞれの状態を確認して原因を突き止める事でおのずと対処法が明確になってきますよ。

次の