女うざい。 割り切ったセフレ関係なのに「うざい男」と「うざい女」の特徴|セフレST

割り切ったセフレ関係なのに「うざい男」と「うざい女」の特徴|セフレST

女うざい

未練がましい女とは、元彼の事が忘れることができない女性のことです。 ただ忘れることができないだけであれば可愛いものです。 その気持ちがどんどん大きくなり、行動に出てくるとかなり厄介な存在となります。 元彼やその周りの人に迷惑をかけてしまうケースも少なくありません。 さらに発展するとストーカーにもなってしまいます。 多くの場合、本人は事の重大さにあまり気づいていません。 しかし何か問題が起きてからでは遅いですよね。 そこで今回は未練がましい女の特徴についてご紹介していきます。 あなたや周りの女性に当てはまるものがあるかどうか確認してみてください。 また男性目線では未練がましい女はうざいと思われがちです。 その時はどう対処すればいいのか。 その方法もご紹介していますので参考にしてみてください。 また男性版は「未練がましい男とは|6つの特徴からしつこいときの対処法をご紹介!」でご紹介していますので、こちらもご覧ください。 未練がましい女の特徴とは 物事に対して否定的 何かがあってもスッパリと気持ちを切り替えられるタイプであれば、物事にあまり執着をしませんし、基本的に考えかたもポジティブです。 しかし、その真逆のタイプである未練がましい女性というのは考えかたが否定的で、いつまで経っても過ぎたことを忘れられずに固執をします。 今から何をしようとどうしようもないことであっても悪口や罵りをやめられず、貶し続けるのが特徴です。 前向きになることができないからこそ過去ばかりを見てしまいますし、嫌な気持ちをいつまで経っても払拭することができないのは、定期的に反芻をして思い出しては乗り越えようとすることもなく、具体的な対策を見出すこともなく放置するからというのも理由になります。 こうした人は大抵の場合口が悪く、物事を悪く見て陰口を叩くタイプも多いことからあまり評判が悪くありません。 行動しないくせにプライドばかり高い プライドが高いからこそ、自分の思ったとおりの結果を出すまで諦めることができません。 かといって必死になるのは格好が悪いと思ってしまいますし、誰かに縋るような態度を見せて情けない姿を見せるのも嫌いです。 いつも他者よりも優位に立っていたいという気持ちが人一倍強く、だからこそ思い通りに物事が運ばないことがあるとどうにかしたいと思う気持ちも大きくなるのですが、ジタバタすることが苦手なので気持ちばかりが大きくなり、未練がましくなります。 プライドが高いくせに、どこか受け身なのです。 自分が望んでいる結果を得るために自分でどうにかしようとせず、他者に頼りがちな他力本願なところがあります。 モヤモヤした気持ちを抱えていることを必死に隠そうとしますが、引きずりやすいことは言動に滲み出やすく鬱陶しく思われがちです。 感情が表に出やすい あからさまに落ち込んでいたり、沈んでいるところを隠そうとしないのも、未練がましい女性の特徴になります。 マイナスの感情を隠すことが苦手で我慢が利かず、気になることがあるとテンションが低くなり、さらにそうした様子を見せることで周囲の人達に心配されることを心地よく思うところも厄介です。 愚痴を聞いてもらうことで多少はスッキリできますが、未練を断つまでに時間がかかってしまうタイプですから、最初は構ってあげていた人達からも少々面倒がられてしまいます。 現状打破のために努力ができれば、いつまでも落ち込んでいられないと気持ちを明るく保とうとできますが、未練を断てない自分に酔っているところもあり、悲劇のヒロインを気取るのです。 過ぎたことをいつまでも思い続ける自分を哀れむことをやめられません。 いつまでも尽くしたがる 未練がましい女は、相手に拒絶されているにも関わらず、その男性との関係性を断とうとはしません。 それどころか反対にしつこく近寄り、何かと尽くそうとするのが、未練がましい女の特徴の1つです。 いつまでも恋人ぶってみたり、仲のいい友人を装い、何とかしてその男性の近くにいようとします。 そして何かと世話を焼き、まるで恋人がするようなことをして、尽くそうとするのです。 未練を持っている男性に、「この人がそばにいないとだめだ」とか「こんなに自分のことを想ってくれていたのだ」と思わせることが目的です。 相手にどんな風に思われようが、迷惑がられようが、未練がましい女ほどたいして気にしません。 気にしないどころか、あえて未練タラタラの気持ちを全開にしながら、求められてもいないのに全力で尽くし、自分の気持ちを受け入れてもらおうとします。 全力で尽くすことで、何とか相手の気持ちを振り向かせようとするのです。 メールやLINEの頻度が増える 未練がましい女は、相手の男性のことを断ちきれないと思えば思うほど、メールやLINEを頻繁によこすようになります。 そうすることで、男性に常に、自分の存在を認識させようと考えているからです。 返信があろうとなかろうと、一方的に連絡をしてくるのが、特徴的です。 どうでもいいような些細なことや、求められてもいない自分の近況報告をしてきたりします。 相手から反応がなければないほどムキになり、その頻度が増したり、ダラダラと長文を送ってきたりします。 迷惑も考えずに、膨大な数のメールやLINEを送信してみたり、送る数は少なくとも、短いスパンで定期的に送るようになるのです。 何とかして自分の存在をアピールしようと必死で、相手の気持ちは全く考えていません。 頻繁に連絡することで、少なくとも忘れられることはない、と考えているのです。 SNSを頻繁にチェックする 未練がましい女ほど、相手の男性のSNSを、事細かにチェックしています。 男性のブログやツイッター、インスタグラムなどの、ありとあらゆるSNSを随時チェックし、行動を監視しているのです。 チェックしているだけならまだいいものを、次第にSNSを通じて、コンタクトを取ろうと試みたりします。 そうしているうちに、SNS上だけでも、男性とつながっていられることを、嬉しいと感じるようになるのです。 また、男性が他のどんな人とコンタクトを取っているのか、やり取りをしているのかということもチェックし、特に女性の存在には目を光らせています。 いつしか相手の男性が、いつどこで、どんなことをしているのかを、SNSで常にチェックしないと落ち着かないようになり、1日に何度も何度も確認するようになってしまうのです。 未練がましい女がうざいときの対処法とは 一度だけ冷静に話を聞く 何度もやり直す気はないと伝えているのに、全く諦める気配もなく執拗に絡んでくる。 あなたは、そんな未練がましい女に生活をかき乱された経験がありますか? どれだけ関係を拒んでもしつこく付きまとってくるため、それ以上はどうしようもなくお手上げだと考えているかもしれませんが、実は効果的な対処法もあります。 その対処法とは、「一度だけ冷静に話を聞く」ことです。 女性というのは、男性と違って「結論が変わらなくてもただ話を聞いてほしい」といった思いが強い傾向にあります。 男性の側からするとムダな時間だと思えるかもしれませんが、未練を断ち切るためにはどうしても必要な時間なのです。 特に何事にもなかなか納得しないうざいタイプの女にはそういった人が多く、とにかく自分の気持ちを冷静に聞いてほしいという思いも大きくなります。 ですから、本意ではないと思いますが、一度冷静に話を聞いてあげることが大切なのです。 もちろん結論を変える必要はありません。 ただ相手の気が済むまで言葉に耳を傾け、タイミングを見計らって最終的な別れを告げればいいだけです。 完全に無視を決め込む 未練タラタラでこちらの都合も考えずうざい接し方をしてくる女には、それなりの厳しい姿勢で対処することが必要です。 少しでも甘い顔をしたり、まだ希望があるような雰囲気を漂わせたりしてしまうと、ここぞとばかりにさらにそのうざさはエスカレートしていきます。 では、最も確実で厳しい対処法とはどのようなものなのでしょうか? それは、「完全に無視を決め込む」という方法です。 電話やLINEでの連絡などをスルーするのはもちろんのこと、たとえ直接話しかけられたとしても、ひと言も返さずにその場を立ち去る必要があります。 さらにこのとき、決して視線を合わせてはいけません。 まるで視界に入っていないかのように、堂々と無視するようにしましょう。 未練がましくうざい女というのは、自分の中のわずかな希望を捨て切れないでいます。 したがって、そんな希望を完全に打ち砕く必要があるわけです。 少しかわいそうだと感じるかもしれませんが、同情をしているようでは状況を変えることができません。 しっかりと心を鬼にして、この対処法を最後までやり通しましょう。 感情を出して怒る 未練が透けて見える女が自分の近くでいつまでも喋っていたりすると、ただそれだけでとてもイライラしてしまいますよね。 もちろん黙ってやり過ごすのもひとつの手ですが、それでは同じ状況の繰り返しになってしまう危険性もあります。 そこでぜひともおすすめしたい対処法は、「怒りの声をあげる」というものです。 そして重要なポイントは、そのときの「声の大きさ」になります。 相手がびっくりして一瞬言葉を失ってしまうぐらいの大声を出しましょう。 怒りの言葉自体は、「いい加減にしろ」とか、「もうたくさんだ」など、短いもので構いません。 後は相手が怯んでいる隙に、その場から足早に立ち去るだけです。 この対処法を使えば、さすがのうざい女にも恐怖心が芽生えます。 少し乱暴な方法かもしれませんが、それくらいはやっておかないといつまで経っても未練が消えませんので、覚悟を持って実行してください。 時が解決してくれるのを待つ どんなに未練がましい女でも、今抱いている未練な心を一生持ち続けるということはないでしょう。 元彼に対する未練を引きずっているとしても、時間がたてがだんだんその気持ちが薄れていくということもあります。 また、ほかに好きな男性が現れたり、新しい彼氏ができれば、当然意識はその男性に向きますから、元彼への未練は消滅するということもありえます。 未練がましい女は、つまり、時間がたったり、新しい彼氏ができたりすることで、自然に未練心がなくなるものと考えていいでしょう。 人生には時が解決してくれる問題が少なくありません。 「未練がましい女がうざい」という問題も、その一つと言っていいでしょう。 ですから、彼女がどんなに未練がましい言動をしたとしても、ふつうに対応し、時がたつのを待てばいいのです。 特別なことはしないで、時が解決してくれるのを待つというのが、未練がましい女がうざい時のおすすめの対処法です。 新しい彼氏を作るサポートをする 未練がましい女に新しい彼氏ができれば、問題は解決するのですから、それを積極的にサポートするというのも、有効な対処法ではないでしょうか。 彼女の男性の好みはわかっているはずですから、友人や知人の中から、彼女が好きになりそうなタイプの男性を選んで、彼女に紹介しましょう。 あるいは、合コンを開いて彼女にも参加させるという手もあります。 その際も、できるだけ彼女好みの男性をそろえるのがポイント。 未練がましい女というのは、彼氏のいないさみしさからいつまでも未練を引きずってしまうということが少なくありません。 目の前にタイプの男性が現れ、その男性と恋愛関係になれれば、さみしさから解放されますから、もう前の彼氏への未練を引きずるということはなくなるのです。 ぜひ、彼女に新しい彼氏ができるように、こちらから働きかけましょう。 第三者から忠告してもらう 未練がましい女とうのは、こちらがいくら「やめてほしい」と言っても、なかなかそれに従おうとはしないものです。 「やめてほしい」と彼女に伝えるためには、彼女とコミュニケーションを取らなければいけません。 未練がましい女は、どんな形であれ、元彼とコミュニケーションを取れることをうれしく感じるものなのです。 そのため、直接話をしても、なかなか事態は改善されません。 そこでおすすめしたいのが、第三者から彼女に忠告してもらうという方法。 その女性との共通の友人や知人に頼んで、彼女に忠告してもらいましょう。 「元彼のことをいつまでも引きずっていても、あなたのためにならないから、別の彼氏を見つけたほうがいい」とか、「未練を引きずっていると、ますます元彼に嫌われてしまうよ」というように話してもらうのです。 できれば複数の第三者にそのようにアドバイスしてもらえば、未練がましい女も聞く耳を持つようになるかもしれません。 未練がましい元カノは嫌われる いかがでしょうか。 大好きだった元彼を忘れられない気持ちはよくわかります。 できることなら楽しかった生活に戻りたいと思うでしょう。 しかし残念ながら二人はすでに別れてしまっているのです。 その事実を受け入れるしか道はありません。 時が経てばお互い笑って、また会える日が来るかもしれません。 元彼の立場だと、いつまでも未練がましい態度を取り続けている元カノとは二度と会いたくないと思うでしょう。 あなたが元カレを本当に忘れられないのであれば、時間をおいて次のチャンスにかけるべきです。 そのためには嫌われるようなことは何としても避けなければいけません。 友達に戻るよう努力しましょう。 そして友達に戻ったら、次第に距離を縮めていくようにします。 大切なのは焦らないこと。 まだそんなに時間が経っていないのに、復縁を匂わせると相手は逃げていってしまいます。 数ヶ月もしくは年単位で時間を空けるのが無難でしょう。 その機関はたまに連絡を取り合い、近況を伝え合う、 そんなの関係でい続けられるのがベストです。

次の

職場の女上司が嫌いすぎる!うざい女上司の特徴と4つの対処法を紹介

女うざい

名前を呼び捨て&あだ名呼び 男性との距離感を縮めるためのモテテクとして、相手の下の名前を呼んだり、あだ名呼びをしたりする方法があります。 ですが、ちょっとやり方を間違うと、男性からは途端に「うざい女」認定されてしまうことにも……。 たとえば、合コン開始早々に男性を気さくに名前呼びしたり、職場の先輩に親しみをこめてあだ名をつけたり、気になる男性だけに特別な呼び方をしてみたりなど。 男性は年齢を重ねるごとに、考え方が固くなっていくもの。 ある程度の礼儀や立場をわきまえた行動を心がけなければ、常識外れのうざい女として認識されてしまうなんて、マイナスポイントにもなりかねません。 新密度がある程度増してから、下の名前で相手男性を呼び捨てしたり、あだ名でお互いを呼び合うよう心掛けましょう。 仕事においても様々な難関を突破し、経験を積んできた男性に対しては、あまり軽い接触をせず、その呼び方についても注意しておくべきといえるでしょう。 何に対しても批判的 普通の人とは違う一面にドキッとする瞬間があるというモテテク定説の如く、人とは違った意見を披露するために、何に対しても批判的になってしまうこともしばしば。 しかしそれが、逆に男性からうざいと思ってしまわれる要因にもなり得ます。 たとえば、男性の趣味嗜好について、否定的な意見を出したり、ボランティアなどに参加する人に対して偽善的であると話したり、気遣い出来る女性に対して八方美人と言ったりなど。 確かに、モテテクとしては独自の意見や自身を強く持っていることは重要な時もあるでしょう。 しかし、それは 一歩間違えれば単なるひがみや嫌味にしか感じられなくなることも十分にあり得るのです。 男性は単純な生き物であるが故に、その批判的な意見の裏側にある女性の思惑に気付かないなんて場合も多くいです。 ですので、表面的な意見だけ聞きいれ、性格の悪いうざい女性と判断されてしまうなんて恐れもあり。 十分注意が必要であるといえるでしょう。 大人の女振る 特に人生経験の浅い年下男性を落とす際のモテテクとして、大人女子を感じさせるという方法があります。 ですが、大人ぶり過ぎるのもうざい女と男性に思われてしまうNG行為といえるでしょう。 たとえばお酒に弱い男性に対して経験の足りなさを指摘したり、恋愛について経験談を交えてアドバイスしたり、事あるごとに「若者扱い」をしてしまったりなど。 もちろん、年齢を重ねたからこそ醸し出される色気や大人びた魅力があることは確かです。 しかし、それを自らアピールすると、男性からはうざいと感じられてしまうことがほとんど。 本来の「大人の女性」の魅力とは、言葉には出さず受け取る側が勝手に感じるものであるので、積極的に表に出すのは、モテテクとしてはNG行為。 男性からはお節介なうざいおばさんなんて思われてしまう危険性もあり。 あからさまな年上アピールや、人生経験に特化しているという自己アピールはモテテクとしては避けるべきといえるでしょう。 仕切りたがり 自己表現ができ、自身の意見をしっかり持っていて統一力のある女性は、男性も大いに惹かれることがあるでしょう。 ですが、あまりにも唯我独尊の仕切りたがりと判断されてしまうと、男性からはうざい女と思われてしまう恐れもあります。 たとえば、仕事の場でも他人の意見には苦言が多かったり、人に指示することを抵抗なく行えたり、飲み会やプライベートな場でもその場の空気を無視して何かと仕切りたがったりなど。 モテテクとして、リーダーシップを発揮し、物事の中心となって人々に貢献できるということはプラスになります。 ですが、 周囲の雰囲気や流れなどが読めずにコレをしてしまうと、単なる目立ちたがりと判断されてしまうことも。 また、特に男性に対して上から目線になりがちな女性は要注意。 総じて男性は女性から指示されたり仕切られることを面白く思わないもの。 譲れるところは譲って、うまく相手をコントロールできる方が、モテテクとしては確実といえます。 しつこい 気になる男性には積極的にアプローチをというモテテクとしては定番化している行為も、度合いが過ぎると、男性からうざいと思われてしまう要因となり得ます。 何事も押してばかりでは状況が悪くなるといえるでしょう。 たとえば、合コンなどで特定の男性にばかり話しかけたり、デートを断られたにも関わらず何度もお誘いをかけたり、意味のないメールやLINEを気になる男性に毎日のように送るなど。 もちろん、恋愛に関しては正解がない分、モテテクとしてはアタックあるのみとされるパターンもあり得ます。 ですが、本来男性は興味のある女性に対しては、行動を起こすもの。 それがない時点で「あなたは違います」と言われているものと判断すべき。 それでも諦めずに猛アタックをする行為は、男性からしてみれば、しつこくてうざい女と思われる原因となる場合がほとんど。 適度に力を抜き、あえて引いてみるというモテテクも習得すべきといえるでしょう。 自分の話が多い 自分の良いところを男性に分かってもらい相手を振り向かせるという方法は、モテテクとしては間違っていません。 でも、あまりにも自分の宣伝文句ばかりの女性は、男性からうざい女と思われる恐れも。 たとえば、仕事での自分の成果や着手しているプロジェクトの重大さを語ったり、プライベートでもナンパされた経験や告白をされた人数、周囲から言われた褒め言葉を話すなど。 モテテクとしては、まずは自分を知ってもらい、理解してもらうことからスタートするものです。 すべてがNG言動とはいえませんが、あまりにも自身についての話ばかりだと、男性がうんざりしてしまう場合も。 その本人の良いところというのは、第三者の人物から聞いた方が、モテテクとしては効果が高いもの。 自分自身でアピールする場合は、頻度に気を付けるべきといえるでしょう。 あまりにも自己アピールばかりの女性は、単なる自意識過剰のうざい女と思われてしまう危険性もあるので要注意。 心配したがり 気遣いができ、心優しい女性は、男性にとっても心惹かれるものがあるはず。 しかし、そんな内面美人を演出するためのモテテクとして、心配したがり女性を演じる行為は、男性からはうざいと感じられる場合が実は多いのです。 たとえば、飲み会などで飲み過ぎた人に対してオーバーに心配したり、大切なプレゼンを控えた男性に対して心配から言葉をかけたり、何かと「大丈夫かな」「何か出来ることはないかな?」が口癖だったりなど。 人を気遣える気持ちはモテテクとしても重要なポイントですが、過度な心配症は、男性にとっては少々疎ましいと感じらる恐れも。 また、 「心配する優しい自分」に酔っていると判断され、うざいと思われる可能性もあり。 また、普段の様子や行動から、「その心配は本心?」と疑われてしまう場合も。 何事も進んで取り組む姿勢を常に見せておかなければ、こういった気遣いの言動は、単なる口先だけの良い人ぶりっ子にしか見えないのです。 おわりに 男性から「うざい女」と思われてしまう、NG行動&言動について、注目したい7つをご紹介させていただきました。 いかがでしたでしょうか? 恋愛において、気になる男性を落とすためには様々なアピールやアプローチ方法があるでしょう。 でも、やり方やタイミングによって、男性からはマイナスポイントとされてしまうこともしばしば。 正しい方法で、最適のタイミングを見計らい、確実なモテテクを披露することによって、本来の効果が発揮されるもの。 ぜひ参考にしてください。

次の

うざい人に「キク~ッ」対処法!行動パターンを知って適切にブロック!

女うざい

名前を呼び捨て&あだ名呼び 男性との距離感を縮めるためのモテテクとして、相手の下の名前を呼んだり、あだ名呼びをしたりする方法があります。 ですが、ちょっとやり方を間違うと、男性からは途端に「うざい女」認定されてしまうことにも……。 たとえば、合コン開始早々に男性を気さくに名前呼びしたり、職場の先輩に親しみをこめてあだ名をつけたり、気になる男性だけに特別な呼び方をしてみたりなど。 男性は年齢を重ねるごとに、考え方が固くなっていくもの。 ある程度の礼儀や立場をわきまえた行動を心がけなければ、常識外れのうざい女として認識されてしまうなんて、マイナスポイントにもなりかねません。 新密度がある程度増してから、下の名前で相手男性を呼び捨てしたり、あだ名でお互いを呼び合うよう心掛けましょう。 仕事においても様々な難関を突破し、経験を積んできた男性に対しては、あまり軽い接触をせず、その呼び方についても注意しておくべきといえるでしょう。 何に対しても批判的 普通の人とは違う一面にドキッとする瞬間があるというモテテク定説の如く、人とは違った意見を披露するために、何に対しても批判的になってしまうこともしばしば。 しかしそれが、逆に男性からうざいと思ってしまわれる要因にもなり得ます。 たとえば、男性の趣味嗜好について、否定的な意見を出したり、ボランティアなどに参加する人に対して偽善的であると話したり、気遣い出来る女性に対して八方美人と言ったりなど。 確かに、モテテクとしては独自の意見や自身を強く持っていることは重要な時もあるでしょう。 しかし、それは 一歩間違えれば単なるひがみや嫌味にしか感じられなくなることも十分にあり得るのです。 男性は単純な生き物であるが故に、その批判的な意見の裏側にある女性の思惑に気付かないなんて場合も多くいです。 ですので、表面的な意見だけ聞きいれ、性格の悪いうざい女性と判断されてしまうなんて恐れもあり。 十分注意が必要であるといえるでしょう。 大人の女振る 特に人生経験の浅い年下男性を落とす際のモテテクとして、大人女子を感じさせるという方法があります。 ですが、大人ぶり過ぎるのもうざい女と男性に思われてしまうNG行為といえるでしょう。 たとえばお酒に弱い男性に対して経験の足りなさを指摘したり、恋愛について経験談を交えてアドバイスしたり、事あるごとに「若者扱い」をしてしまったりなど。 もちろん、年齢を重ねたからこそ醸し出される色気や大人びた魅力があることは確かです。 しかし、それを自らアピールすると、男性からはうざいと感じられてしまうことがほとんど。 本来の「大人の女性」の魅力とは、言葉には出さず受け取る側が勝手に感じるものであるので、積極的に表に出すのは、モテテクとしてはNG行為。 男性からはお節介なうざいおばさんなんて思われてしまう危険性もあり。 あからさまな年上アピールや、人生経験に特化しているという自己アピールはモテテクとしては避けるべきといえるでしょう。 仕切りたがり 自己表現ができ、自身の意見をしっかり持っていて統一力のある女性は、男性も大いに惹かれることがあるでしょう。 ですが、あまりにも唯我独尊の仕切りたがりと判断されてしまうと、男性からはうざい女と思われてしまう恐れもあります。 たとえば、仕事の場でも他人の意見には苦言が多かったり、人に指示することを抵抗なく行えたり、飲み会やプライベートな場でもその場の空気を無視して何かと仕切りたがったりなど。 モテテクとして、リーダーシップを発揮し、物事の中心となって人々に貢献できるということはプラスになります。 ですが、 周囲の雰囲気や流れなどが読めずにコレをしてしまうと、単なる目立ちたがりと判断されてしまうことも。 また、特に男性に対して上から目線になりがちな女性は要注意。 総じて男性は女性から指示されたり仕切られることを面白く思わないもの。 譲れるところは譲って、うまく相手をコントロールできる方が、モテテクとしては確実といえます。 しつこい 気になる男性には積極的にアプローチをというモテテクとしては定番化している行為も、度合いが過ぎると、男性からうざいと思われてしまう要因となり得ます。 何事も押してばかりでは状況が悪くなるといえるでしょう。 たとえば、合コンなどで特定の男性にばかり話しかけたり、デートを断られたにも関わらず何度もお誘いをかけたり、意味のないメールやLINEを気になる男性に毎日のように送るなど。 もちろん、恋愛に関しては正解がない分、モテテクとしてはアタックあるのみとされるパターンもあり得ます。 ですが、本来男性は興味のある女性に対しては、行動を起こすもの。 それがない時点で「あなたは違います」と言われているものと判断すべき。 それでも諦めずに猛アタックをする行為は、男性からしてみれば、しつこくてうざい女と思われる原因となる場合がほとんど。 適度に力を抜き、あえて引いてみるというモテテクも習得すべきといえるでしょう。 自分の話が多い 自分の良いところを男性に分かってもらい相手を振り向かせるという方法は、モテテクとしては間違っていません。 でも、あまりにも自分の宣伝文句ばかりの女性は、男性からうざい女と思われる恐れも。 たとえば、仕事での自分の成果や着手しているプロジェクトの重大さを語ったり、プライベートでもナンパされた経験や告白をされた人数、周囲から言われた褒め言葉を話すなど。 モテテクとしては、まずは自分を知ってもらい、理解してもらうことからスタートするものです。 すべてがNG言動とはいえませんが、あまりにも自身についての話ばかりだと、男性がうんざりしてしまう場合も。 その本人の良いところというのは、第三者の人物から聞いた方が、モテテクとしては効果が高いもの。 自分自身でアピールする場合は、頻度に気を付けるべきといえるでしょう。 あまりにも自己アピールばかりの女性は、単なる自意識過剰のうざい女と思われてしまう危険性もあるので要注意。 心配したがり 気遣いができ、心優しい女性は、男性にとっても心惹かれるものがあるはず。 しかし、そんな内面美人を演出するためのモテテクとして、心配したがり女性を演じる行為は、男性からはうざいと感じられる場合が実は多いのです。 たとえば、飲み会などで飲み過ぎた人に対してオーバーに心配したり、大切なプレゼンを控えた男性に対して心配から言葉をかけたり、何かと「大丈夫かな」「何か出来ることはないかな?」が口癖だったりなど。 人を気遣える気持ちはモテテクとしても重要なポイントですが、過度な心配症は、男性にとっては少々疎ましいと感じらる恐れも。 また、 「心配する優しい自分」に酔っていると判断され、うざいと思われる可能性もあり。 また、普段の様子や行動から、「その心配は本心?」と疑われてしまう場合も。 何事も進んで取り組む姿勢を常に見せておかなければ、こういった気遣いの言動は、単なる口先だけの良い人ぶりっ子にしか見えないのです。 おわりに 男性から「うざい女」と思われてしまう、NG行動&言動について、注目したい7つをご紹介させていただきました。 いかがでしたでしょうか? 恋愛において、気になる男性を落とすためには様々なアピールやアプローチ方法があるでしょう。 でも、やり方やタイミングによって、男性からはマイナスポイントとされてしまうこともしばしば。 正しい方法で、最適のタイミングを見計らい、確実なモテテクを披露することによって、本来の効果が発揮されるもの。 ぜひ参考にしてください。

次の