新小銃 scar。 自衛隊 新小銃

陸自新小銃に多くの課題

新小銃 scar

の新型と拳銃が決定しました。 新型は、「HOWA5.56」(製)に決定しました。 銃に色々な装備を取り付ける為のレールが装備されています。 参考として取得したドイツ製の「HK416」ですが、の特殊部隊が装備しているといわれています。 これはカ軍の採用しているM4カービンの欠点をヘッケラー&コッホが全面改良して作り直したものです。 (映画でも登場しています。 ) ウイキペディアから 同じくトライアルに参加していたベルギーのFNハースタル社のSCAR-Lです。 今回の採用が決まった「HOWA5.56」の元ネタです。 M4カービンよりも頑丈になっています。 モジュール方式を採用し弾薬が変われば部品を交換して使用できるように設計されています。 ハイパー道楽様より のは採用から30年以上がたっており陳腐化が進んでいました。 近年開発された装備などが取り付けられずに時代遅れとなっていましたが、やっと新しい小銃に更新が決定しました。 ただ、は「イージス・アショア」の取得などがあり予算が乏しくすぐに新型小銃に切り替わることはなさそうです。 military-stock.

次の

自衛隊の新小銃・拳銃決定とその理由

新小銃 scar

20式5. 56mm小銃、9mm拳銃SFP9 自衛隊新小銃と新拳銃 解説 自衛隊が2020年に採用した20式5. 56mm小銃と9mm拳銃SFP9を詳細な実銃写真で解説します。 報道発表は防衛省にて2020年5月18日にされました。 写真はすべて陸上自衛隊の提供によるものです。 また現在確認中の点もありますので、詳細確認次第、修正・追記します。 20式5. 56mm小銃 豊和工業が製造したHOWA 5. 56が遂に報道公開され、その名称が20式5. 56mm小銃と決まった。 20式の呼び方は「にーまるしき」。 「1、2、3…」の読み方が、陸空自では「ひと、に、さん…」、海自では「ひと、ふた、さん…」となる。 資料によると使用目的は89式5. 56mm小銃の後継として、普通科部隊等に装備し、各種事態において敵人員を撃破するために使用。 とある。 5kg 口径 5. 56mm x 45弾 装弾数 30発 重量は89式小銃とほぼ同じではあるものの、銃身長は330mm 13インチ と、89式小銃の420mmよりも短くなっており、閉所戦闘 CQB での取り回しが良くなっている。 使用する弾薬は5. 56mm x 45弾で、と同じ。 レシーバーの刻印はまだ部隊配備されていないとのことで、試験用小銃となっているが、配備用には20式5. 56mm小銃とレーザー刻印されるだろう。 左側にはボルトリリース、マガジンキャッチ、セレクターがある。 ボルトリリースはボルトが後退ロックした状態で上側を押すとボルトがリリース、マガジンを抜いた状態でもコッキングハンドルを引き、下側を押すと手動でボルトをロックすることができる。 マガジンハウジングには四角形の浅い窪みがあり、管理用のQRコードを貼るのかもしれない。 陸自伝統のア 安全 、タ 単発 、レ 連発 の3ポジションセレクター。 レシーバーの形状からするとフルオートポジションまで150度回転くらいの変則角度となりそうだ。 米国MAGPUL社製の樹脂製弾倉 マガジン 、が装着されている。 軽量で耐環境性能が高く、米軍でも使用されるベストセラーマガジンの最新型。 装弾数は30発。 残弾確認が容易な窓が左右についている。 またペイントペンドットマトリックスと呼ばれるドット状の窪みには塗料を流し込むことでマーキングし識別できるようになっている。 89式小銃の弾倉や、米軍のM4A1カービンなどのSTANAGマガジンとも互換性がある。 レシーバーのマグウェル部はラッパ状に拡大され、89式小銃に比べ格段に弾倉交換しやすくなっている。 3ポートのフラッシュハイダーはダブルナットで固定。 銃身には銃剣を取り付けるためのバヨネットラグがある。 89式小銃から大きく変更されたのがオプション装備を取り付けできるハンドガードだ。 米国でも最新アサルトライフルに使用されるM-LOK規格のハンドガードを装備。 トップ部分にのみピカティニー規格のレイルがあり、側面と下面にはM-LOKの拡張スロットが設けられる。 ここに拡張用レイルを取り付けたり、対応するオプションをダイレクトマウントしたりできる。 ハンドガードは4. 5スロットなので約9インチの長さ。 使用しないスロットには写真のようにカバーを取り付けておくこともできる。 M-LOKとは米国マグプル社が2014年に開発したオープンライセンスのレイルインターフェイスシステム。 たとえばこの写真にはMAGPUL M-LOK Paraclip Sling Mountが装備され、スリングを取り付けることができる。 ハンドガード前端上部にはフリップアップ式のアイアンサイトが装備。 またガスピストン方式 恐らくショートストローク式 の作動方式でガス圧を調整するノブがバレル上部に付いている。 射撃時に発生した燃焼ガスをガスブロック内へ誘導し、小さなピストンを押すとロッドを通じてボルトキャリアを後方へ押し出す仕組み。 ちなみに米軍の採用するM4A1カービンはダイレクト・インピンジメント作動方式を採用している。 これは発射ガスをガスブロックからボルト内部までチューブで導いてボルト作動させる方式で、シンプルで安価・軽量である反面、発射ガスによる汚れが付きやすく、こまめなメンテが必要とされる。 また、水に浸かった状態からの作動不良が発生しやすいこともあり、水機団などに優先配備することも考えて、ショートストロークガスピストン方式を採用したのだと考えられる。 レシーバー前ギリギリまであるコッキングハンドル。 レシーバーとハンドガードは分離式。 米国Bravo Company USA社のBCMGUNFIGHTER Grip MOD3が装着されている。 右下にBCMの刻印があることからもそれがわかる。 角度が立ったCQBグリップと呼ばれるもので閉所戦闘での取り回しに優れる。 またグリップ内部にはコンパートメントスペースがある。 搭載するスコープは1-8倍のズームスコープ。 ディオン光学技研のMarch-F Compact 1x-8x24 Shortyのように見える。 ただし、このスコープの採用が陸自として決定したという事ではないとのことだ。 もちろん調達予算にも含まれていない。 QDマウントによりレイルに装着されている。 なお、これら装着されているマガジン、グリップ、フォアグリップ等のパーツは今後変更される可能性もあるとのことだった。 このバイポッドは脚部を収納して、射撃時に銃を安定させるフォアグリップとして使用できる優れものではあるが、通常のバイポッドに比べて安定性が悪いのが難点でもある。 可変型のストック、チークピース、銃身長の短縮などで操用性が向上、また、排水性等が向上しているそうだ。 大きめのイジェクションポート内にはホールドオープンしたロッキングラグが見える。 また、左右から操作可能なアンビ式のセレクター、ボルトリリースレバー、マガジンリリースボタンがある。 コッキングハンドルは右側にも切り替え可能。 また、ホールドオープンした状態でコッキングハンドル取り付け部が後退していることから、射撃時にはボルトキャリアに連動してコッキングハンドルが前後に動くものと思われる。 伸縮式の樹脂製ストック。 バットプレート横のレバーで5段階 刻印あり に調節できるようだ。 左側に山形の伸縮用調節ボタンがある。 折り畳む フォールディング ことはできないので、空挺隊員用のPDWストック、フォールディングストックなどのパーツ供給があるかもしれない。 チークピースは右側の四角いボタンで高さを調節できる。 バットプレートには大型のリコイルパッドが付いている。 20式5. 56mm小銃をみて気になった点も述べておこう。 1つめはコッキングハンドルの使い勝手で、SACRに比べてレシーバープロファイルが低いので、コッキングハンドルの操作時に、トップレイルに搭載した光学機器のマウントベースやQDレバーに干渉しやすくなったりしないだろうか。 レシーバー両サイドに設けられた短いレイルもコッキング操作時に手に当たって引っ掛けたりしやすいのではと思う。 また薬莢受けを装着する場合はハンドルは左側一択になるだろう。 もうひとつはSCARにも似た伸縮ストックだが、やや大柄でハンドリングしにくそうな印象を受ける。 リコイル吸収用の大型バットプレートは上下左右に出っ張っていて、装具に引っかかりやすそうに思えるし、円弧状に膨らんだバットプレートは銃を壁などに立てかけることができない。 自衛隊で小銃を立てかけるといった運用はないと聞くが、それでも有事の際には様々な小銃の運用が考えられるだろう。 とはいえ、実に31年ぶりとなった今回の小銃の更新。 随所に最新軍用ライフルのトレンドが盛り込まれ、海外製オプションパーツなどを採用し汎用性、操用性に優れた小銃となっていそうだ。 まさに令和時代にふさわしい新世代の自衛隊個人装備と言えるだろう。 使用用途は9mm拳銃の後継として指揮官等に装備し、自衛用に使用。 とある。 スライド部は金属製で、グリップフレーム部は樹脂製のストライカー式ピストル。 ・樹脂製のグリップフレームになったことで軽量化、耐環境性が向上した。 またグリップサイズを任意に交換でき射手に合わせることができる。 ・ダブルアクションからシングルアクショントリガーに。 ・装弾数が9発から15発に増加 ・マガジンキャッチ位置の変更、マニュアルセフティを廃して操作性が向上 刻印はHK SFP 9 M 9mm x 19とあるが部隊配備時には変わるかもしれない。 マリタイム版独自の鉾と錨のマークも刻印されている。 使用弾薬は従来同様の9mm x 19弾で装弾数は15発。 形状を選択可能なグリップ等により操用性が向上している。 スライド下のレバーは分解用のテイクダウンラッチ。 スライドのセレーションが大型化し、雨や海水に濡れたような状況下でも操作しやすくなっている。 スライド後端の指掛けも大型化。 グリップ上部のレバーはスライドリリースレバー。 スライド前側のセレーションも大型化されている。 フロントサイトは夜間でも視認性の良い非放射性の夜光タイプ。 また夜間作戦時などウエポンライト等を装着できるアンダーマウントレイルも備える。 トリガーセフティを備えたシングルアクショントリガー。 マガジンリリースは両側から操作できるパドル式。 グリップフレームは樹脂製で、バックストラップとサイドプレートが別パーツとなっていて、使用者の好みで交換できるようになっている。 スパイダーマングリップと呼ばれるテクスチャとフィンガーレストで日本人の手にもなじみが良い。 筆者は米国版のVP9を何度か撃ったことがあるが、操作性やトリガーフィーリングが他のポリマーフレームピストルに比べても良く感じた。 右側にもスライドリリースレバーを備える。 チャンバー側面には後継を示す9mm x 19の刻印。 残念ながらオプティックマウントではなかったが、将来的にはOR オプティックレディ 版も配備されるかもしれない。 防衛省発行による「」によると、 新小銃の取得(3,283丁:10億円) 現有小銃の後継として耐環境性、火力性能及び拡張性に優れた新小銃を整備 新拳銃の取得(323丁:0.3億円) 現有拳銃の後継として、操用性に優れた新拳銃を整備 とあり、単純計算で、新小銃は一丁当たり30万4,600円、新拳銃は一丁当たり92,880円の調達価格となる。 仮に89式小銃14万5千丁と同じ納入数とした場合、年間5,000丁のペースで納入したとしても、29年も掛かってしまい、予算と供給体制のさらなる強化が求められるだろう。 【 の 及び 】 新たな装備品として「20式5.56mm小銃」と「9mm拳銃SFP9」が導入されました。

次の

自衛隊の新小銃はHOWA5.56、新拳銃はH&K SFP9(VP9)に決定!

新小銃 scar

試作型のHOWA 5. 56 20式5. 56mm小銃 種類 製造国 設計・製造 年代 仕様 口径 5. 5kg 有効射程 89式より長い 歴史 設計年 製造期間 - 配備先 陸上自衛隊 20式5. 56mm小銃(にいまるしき5. 56ミリしょうじゅう 、ふたまるしき5. 56ミリしょうじゅう 、:Howa Type 20 Assault Rifle、HOWA 5. 56)は、が制式化したである。 (2年)、豊和工業がの後継として開発していた「HOWA 5. 56」が20式5. 56mm小銃として制式化され、調達が開始された。 開発 [ ] 2014年8月、が89式小銃に代わる新型小銃の採用を検討していると報じられた。 この時点での候補としては、、、、といった外国製小銃が挙げられる一方で、国産小銃の新規開発も模索されていた。 2015年、は試験用に各種外国製小銃を調達し、同時に豊和工業との間でも試験用小銃の納入契約を行った。 調達契約の内容は以下の通りである。 なお、「M型」についての詳細は不明である。 豊和工業は外国製小銃の試験と同年の5月15日に自社の小銃の意匠登録を出願した。 さらにその後、2015年9月25日には更新された意匠も登録した。 2018年に防衛省は試験用の小火器を別途調達した。 調達契約書には次のように示されている。 56(K型)、HK 416(YH型)、SCAR-L(YS型)の三種類まで絞り込まれた後、2019年12月6日にHOWA 5. 56が選ばれたと公表された。 その後の報告書によると、2018年の内に候補の小銃について2つの評価が行われたとされている。 第一段階の評価では有効射程距離や精度など実用上の性能に焦点が当てられた。 第二段階の評価では、兵器の性能に加えて兵站とコストの面から審査された。 3つの小銃はすべて陸上自衛隊の要件を満たしていたため、二次評価で最高点を獲得したHOWA 5. 56 が選択された。 量産単価は維持費・運用費を含めて28万円とされている。 15万丁調達した場合のライフサイクルコストは439億円と見積もられている。 2020年の防衛予算によると、第一回目の調達では3,283丁が9億円で購入されている。 また、防衛省は2020年5月18日に報道陣に対してHOWA 5. 56を「 20式5. 56mm小銃」として採用したことを発表した。 特徴 [ ] 20式は、SCAR Lと同様のショルダーパッドとチークパッドを備えた伸縮式銃床やHK416同様のアンビタイプのセーフティセレクター、折畳式のといった現代的な特徴を有するほか、89式と比較して耐久性や火力の面においても改良が加えられていると言われている。 また、はとの互換性もあると考えられている。 銃身は89式よりもかなり短縮されて閉所における取り回しが容易になったほか、ハンドガード部にはM-LOKモジュラーレールシステム()を採用しており拡張性が格段に向上されている。 作動方式はショートストロークピストン式を採用しているとされている。 そして、離島防衛を想定し、海水でも錆びにくく、すぐに排水して発射できるようになっている。 20式の外見は89式と比較して近代的なデザインになっている。 外見の参考元についてはいくつかの憶測があり、日本のなどで調達されてきた前例がある製の小銃に影響を受けたと考えられている。 また、海外のメディアなどではFN SCARや、と比較されることがある。 セレクターについては、先代の89式、64式同様「ア-タ-レ」(安全装置、単発、連発)が採用されているが、89式で採用されていた3点バーストは採用されていない。 調達と配備 [ ] 先代の正式採用小銃であった89式小銃は陸上自衛隊に約14万5千丁配備されており、20式小銃についてもほぼ同等の約15万丁の調達が計画されている。 配備先についてはに優先的に配備するほか、全国のを中心に配備が進められる予定である。 また89式小銃とほぼ同数の調達を予定していることから、普通科部隊への配備完了後順次後方支援部隊への配備も進むものと思われる。 陸上自衛隊以外からの調達計画は2020年現在公表されていないが、陸上自衛隊同様に89式小銃を採用していたやも将来的に20式小銃を採用する可能性がある。 陸上自衛隊の20式小銃調達数 予算計上年度 調達数 予算額 令和2年度 2020年 3,283丁 9億円 合計 3,283丁 9億円 脚注・出典 [ ] []• では数字の2を「に」と読む• では数字の2を「ふた」と読む• 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 2020年5月18日閲覧。 2014年8月19日. 2020年3月12日閲覧。 Ministry of Defense Japan. 2020年3月15日閲覧。 JISAKUJIEN. org 2016年6月26日. 2020年3月15日閲覧。 J-PlatPat 2015年. 2020年4月1日閲覧。 Military Blog. 2020年3月31日閲覧。 Japanese Law Translation. 2020年3月31日閲覧。 Ministry of Defense Japan. 2019年12月6日. 2020年1月30日閲覧。 Ministry of Defense Japan. 2019年12月26日. 2020年3月17日閲覧。 防衛省. 20 2020年3月30日. 2020年6月30日閲覧。 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 Nash, Ed 2019年12月11日. Military Matters. 2020年3月20日閲覧。 hyperdouraku 2019年12月11日. 2020年4月2日閲覧。 テレ朝news. 2020年6月28日閲覧。 Juraszek, Przemyslaw 2020年1月30日. StrategyPage. 2020年4月2日閲覧。 2020年5月18日. 2020年6月29日閲覧。 アームズマガジンウェブ 2020年5月18日. 2020年6月29日閲覧。 テレ朝news. 2020年6月28日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2020年5月18日. 産経ニュース. 2020年6月28日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 『』 - この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の