年末の挨拶 一 言。 新入社員のスピーチ 朝礼の例文と自己紹介、1分間スピーチを紹介

忘年会の挨拶は「短く簡潔に」が鉄則?!今すぐ使えるシーン別例文

年末の挨拶 一 言

忘年会の乾杯の挨拶は全員がお腹を空かせ、喉が渇いている時に行います。 あまり長い挨拶をしてしまうと、ビールの泡も消え不評を買いかねません。 来年への抱負を語りつつも、 言いたいことを簡潔にまとめた挨拶を心掛けましょう。 例文1 今年は本当にお疲れさまでした。 厳しい状況の中で、メンバー一丸となって取り組んだことで、大きく業績を伸ばすことができました。 これもひとえに、皆さんの頑張りとお客様との絆との結果だと考えております。 今日1日は、この1年間の集大成です。 お互いの努力や成果を褒め、存分に讃えあいましょう。 そして、次の1年は今年以上に飛躍の年になることを心より願っております。 本当にお疲れさまでした。 例文2 今年1年本当にお疲れさまでした。 今年はメンバーの入れ替わりも多く、皆さん新しい環境でさぞや苦労されたことと思います。 本当にありがとうございました。 業界自体も厳しい環境に置かれています。 残念ながら、来年も簡単に業績を伸ばすことはできないでしょう。 しかしながら、皆さんの力を合わせればできないことはないと信じています。 今年も残りわずかですが、本日の飲み会でモチベーションをあげて、あと数日を乗り切りましょう。 本当にお疲れさまでした。 締めの挨拶 締めの挨拶は、忘年会の楽しい雰囲気を残しつつも来年に向けて決意を新たにするための挨拶です。 忘年会らしく一致団結させるように、一本締めや万歳で終わらせるのも良いでしょう。 長く話したいところですが、席の予約の都合もあるのであまり長く話すことはできません。 挨拶を事前に頼まれている場合は、構成を考えておきましょう。 また、忘年会の後で二次会を予定している場合は、場所や時間などを挨拶に盛り込むと親切です。 締めの挨拶のPOINT 注意したいのは、忘年会に限らず飲み会の最後は参加者の大多数が酔ってざわざわとしている中での挨拶になります。 普段よりも大きめの声量を出さないと全員に届かないので、声を張るようにしましょう。 例文1 宴もたけなわではございますが、お時間の都合がありますのでひとまず締めの挨拶とさせていただきます。 本日はお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございました。 まだまだ皆さん飲み足りないことと思いますので、この後【会場名】にて【時間】から二次会を予定しております。 そこでまた語り合いましょう。 それでは、一本お手を拝借。 僭越ながら締めの挨拶を行わせていただきます。 本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。 皆さんと一緒に食べ、飲み、話したことでますます来年から飛躍していけるのではないかと感じております。 今年も残りわずかですので、皆さん健康に気を付けて頑張っていきましょう。 来年からも、よろしくお願いいたします。 こちらで、私の締めの挨拶とさせていただきます。 本日はありがとうございました。 忘年会での挨拶の順番 忘年会の挨拶は、乾杯と締めの挨拶だけでは終わりません。 基本的な忘年会の構成は以下のようになっていることが多いです。 ・開会宣言 ・乾杯 ・食事 一言挨拶がある場合も ・締めの挨拶 ・閉会宣言 特に締めのあいさつの後の閉会宣言は忘れがちですが、忘れてしまうとどうにも締まりのない忘年会になってしまうので注意しましょう。 また、上の忘年会の構成にある「一言挨拶」ですが、これがある場合は基本的には全員が一言ずつ話すことになります。 後の順番の人に気を配ろう 序盤に挨拶が回ってきた人にありがちですが、挨拶が長くなって話題を独占してしまうことがあります。 忘年会の挨拶は短くすることが基本です。 また、一人で時事ネタ・プライベート・来年の抱負・業績など色々な話題に言及してしまうと後の順番の人が話すことがなくなってしまうので注意しましょう。 同じ内容でも言い回しを工夫する 順番も最後になってくるとどうしてもネタが尽きてきます。 そうした場合は、言い回しを工夫しましょう。 例えば、最初の人が「今年は営業成績も良く」という風に話していた場合は「今年は景気にも恵まれ」という風に言い換えましょう。 特に大人数での忘年会の場合は、最初の方の人の挨拶の内容を覚えていない人も多くいます。 どうしても話す内容に困る人は、最初に話した人の挨拶を参考にするのも良いでしょう。 忘年会での面白い挨拶の例文 業界の景気に触れてみよう 先ほどの例文でも「今年は厳しい状況の中で」というフレーズを使いましたが、こちらも言い方によっては面白い挨拶にすることができます。 「がっぽがっぽと稼いだ一年でしたが」や「財布の紐がキツく、僕のお小遣いも減少傾向です」など、言い回しを工夫しましょう。 事件・事故は避けよう ただし 時事ネタでも事件や事故に触れるのは避けた方が無難です。 関係者がその場にいた場合、知らなかったとしても気まずい雰囲気の忘年会になりかねません。 たとえば北海道の会社で沖縄の事件に触れたとしても、親戚が当事者である可能性は十分にあります。 忘年会は楽しい場なので、事件や事故の話題は避けましょう。 無礼講な雰囲気で使える挨拶 社風によっては無礼講な雰囲気の忘年会になることがあります。 しかし 無礼講とはいえ、あくまで上下関係のある仕事の忘年会です。 羽目を外し過ぎないように注意しましょう。 無礼講な雰囲気の挨拶では、 普段から親しい直属の上司や同期に絡めた挨拶をすることが無難です。 親交のない人はネタにしない 無礼講という言葉を額面どおりに受け取って、 忘年会などの場でしか話さない人をネタにするのは大変危険です。 その人の普段の様子を知らないので偏った意見になりがちですし、機嫌を損ねてしまう可能性もあります。 「無礼講だから許される」と考え、いきなり 立場の遠い重役の話をすると今後の仕事にも影響しかねません。 批判は絶対にしちゃダメ 普段から親交のある人でも 忘年会の場で批判をしてはいけません。 忘年会はあくまで1年をねぎらう会であることを忘れないようにしましょう。 たとえ実際に大きなミスをした人がいて、普段は本人も笑い話にしていても忘年会の場で蒸し返すのはやめましょう。 忘年会の場で自分が一番上の立場の場合は、少し威厳のある挨拶をする必要があります。 また、忘れがちですが必ず労いの言葉を入れるようにしましょう。 挨拶の最初と最後に二回入れると、より良くなるでしょう。 乾杯の挨拶 今年一年お疲れさまでした。 皆さんのおかげで良い成績を残すことができました。 来年は消費が減少傾向にあると報道されているため状況は今年よりも厳しくなると思われます。 業界の明るい話題は少なくなっている世知辛い世の中ですが、皆さんがいれば乗り越えていけると信じています。 ひとまずは、今年一年の疲れを癒してください。 締めの挨拶 今日は年末の忙しい中、忘年会に出席してくれてありがとうございます。 日ごろの疲れをお酒のシャワーで洗い流せたのではないでしょうか?今年も残りわずかですが、全員で乗り越えていきましょう。 本日はお疲れさまでした。 幹事の立場から 忘年会の幹事の場合、開会宣言と閉会宣言を怒って乾杯や締めの挨拶は上司に任せることが多いですが、たまに上司に話題を振られてそのまま挨拶をすることもあります。 本日はご出席賜りありがとうございます。 なにぶん、心の準備をしていなかったもので少し困ってはおりますが、簡単に一年を振り返らせていただきます。 今年は景気にも恵まれ、皆さん気持ちよく仕事ができた一年だと聞いております。 来年もこの追い風が吹くことを願いつつ、まずは今年の疲れを吹き飛ばしましょう。 乾杯とは杯を乾かすと書きますが、皆さん準備はよろしいですか。 それではご唱和ください、乾杯。 本日はみなさんお疲れさまでした。 まだまだ飲み足りない顔をしているようですので、引き続き二次会を行わせていただきます。 もうしばらく私のつたない幹事におつきあいいただければ幸いですが、ひとまず一次会は締めておきましょう。 お手を拝借。 新人の立場から 歓迎会ならともかく、忘年会で新人が話す場はそれほど多くはありません。 しかし急に挨拶を任されることもあるので準備をしておくことは必要です。 新人で挨拶がうまくできる人はほぼいません。 たどたどしくても良いので、 感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 乾杯の挨拶 僭越ながら乾杯の音頭をとらせていただきます。 貴重な体験をさせていただき、ありがとうございます。 今年は初めての経験ばかりで、諸先輩方に大きく助けられました。 本当にありがとうございました。 来年は少しで恩返しできるよう今年以上に成長していきたいです。 それでは、乾杯。 締めの挨拶 締めの挨拶ということで、手短に話させていただきます。 今年一年、本当にありがとうございました。 来年からは私も先輩になると思いますので、皆さんのように頼れる存在になりたいと思います。 本日は本当にありがとうございました。 これを持ちまして、私の締めの挨拶とさせていただきます。 忘年会での簡単な挨拶の例文 今まで色々な立場やシーンでの挨拶の例文を紹介してきましたが、ここでもう一度押さえておきたいポイントをおさらいしましょう。 忘年会の挨拶の基本的な構成 挨拶は個人の裁量に任されているとはいえ、外してはいけない三つのポイントがあります。 まずは一年を振り返ろう 業界全体や会社の成績、営業所やチームの成績など忘年会の構成メンバーによっても変わってきますが、必ず一年の振り返りをしましょう。 異動や新人配属による増員があった場合は、その出来事にも触れると良いです。 厳しい状況でも全員を労わろう 景気によっては目標を大きく下回るなど決して楽しい一年ばかりではありません。 しかしながら忘年会は一年の苦労を労わる場です。 全員の努力を労わることを忘れてはいけません。 ここで気を付けなければならないのが、全員が厳しい状況の中で一人だけ達成しているような時です。 その人を褒めるのは良いことですが、あまりほめ過ぎると 周りの人がつまらなく思い、空気が白けてしまう可能性があります。 個人にスポットを当てるのはほどほどにしましょう。 来年への希望を持たせよう 業界全体が尻すぼみでも、会社として明るい未来を信じて働けるようにしましょう。 売上や目標達成だけではなく、新入社員など毎年起こりうる環境の変化でも構いません。 聞いている人が 「来年も頑張ろう」と思える挨拶を目指しましょう。 簡単な挨拶の例文 今年も目まぐるしくすぎた一年でした。 一年の振り返り 残念ながら今年は目標を達成することができませんでした。 しかしながら、皆さんの地道な日々の活動は、必ずや来年以降に大きな花となって芽吹くことを確信しています。 厳しい状況下でも懸命に働いていただき、本当にありがとうございます。 全員の労わり この新しい風と今年の地道な作業によって、来年は必ず素晴らしい一年になるでしょう。 今日は今年の疲れを取り、来年に向けた英気を養いましょう。 未来への希望 忘年会の挨拶は気負わずにやろう.

次の

自治会総会会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

年末の挨拶 一 言

【アイデア5】干支にちなんだダジャレを入れる ちょっと親父ギャグ風な古典的なダジャレも、日本の伝統である年賀状とは好相性。 くすっと初笑いを届けられます。 ・子(ねずみ)「あけましておめでとうございマウス」「お互い健康にチュー意しよう」• ・牛(うし)「モウおみくじは引きましたか?」「今年モーよろしくお願いします」• ・寅(とら)「新しいことに"トラ"イするぞ!」「あけましておめでタイガー」• ・卯(うさぎ)「今年こそいい人を見つけなけれバニー!」「ピョンピョン飛躍の一年に」• ・辰(たつ)「時がタツのは早いもの」「今年はチームのトップに"たつ"ぞ!」• ・未(へび)「今年もヘビー級でいきます」「脱皮の一年に」• ・午(うま)「昨年娘が"ウマ"れました」「今年は何事も"ウマ"くいく予感」• ・羊(ひつじ)「あけましておメェ~でとう」「今年はたくさんウールぞ!商売繁盛」• ・申(さる)「あけましておめでとうござる」「ウッキウキな一年に」• ・酉(とり)「ケッコーな年になりますように」「羽ばたく一年に」• ・犬(いぬ)「ワンダフルな一年に」「イヌ年とサル年の仲良し夫婦です」• ・亥(いのしし)「猪突猛進で!」.

次の

【忘年会でのスピーチ例あり】上司の挨拶をする際に押さえるポイント

年末の挨拶 一 言

自治会総会会長の挨拶は、他の自治会のスピーチを例文として参考にしながら、よく使用されている言い回しを含ませながらも、自分なりの言葉で整えると良いでしょう。 基本的に丁寧な言葉で、礼儀正しく述べる姿勢が重要です。 スピーチは長くならないようにして、感謝とお願いを呼びかけることを忘れないようにしましょう。 自治会への理解と協力をお願いすることも、会長としての大切な役割です。 手紙では礼儀正しい言い回しを活用しながら、昨年度までと変わらぬ理解と協力を、新年度からも得られるようにお願いすると良いでしょう。 自治会総会会長の挨拶は、地域を代表する大切な挨拶です。 地域を代表する公人としての立場を意識することも大切です。 ビジネスにおける礼儀作法のように、相手の年齢や性別や職業上の立場などに関係なく、礼儀正しい態度で接することが大切です。 挨拶の始まりと結びでは、思い出やエピソードは控えたほうが、すっきりとして仕上がり好印象です。 総会で議案となって事項に関して、繰り返しとなるような発言は慎みましょう。 丁寧な言葉で、礼儀正しく、簡潔で手短にまとめることで、よりスマートな挨拶になります。 新旧役員への言葉は、必要最小限に抑えても大丈夫です。 地域の皆様への呼びかけを、しっかりとアピールすることが大切です。

次の