ケーキ ナイフ。 ケーキナイフのおすすめ3選!ナイロン素材も

【美しい切り口に】ケーキナイフのおすすめ人気ランキング10選

ケーキ ナイフ

おかげ様でChiffon21を多くのシフォニストに認めていただき 完売することができました! 【感謝プレゼントキャンペーンのお知らせ】 シフォンケーキ専用ナイフ「Chiffon21」の誕生です 「型抜き」&「カット」を1本のナイフで。 シフォンケーキ職人の「こだわり」と越前打刃物の伝統ある「技」で 作り手にも食べる人にも優しさ伝わる、シフォンケーキナイフが誕生しました。 〜Chiffon21意匠権登録〜 「Chiffon21」はシフォンケーキづくりのプロが、美しく優しい舌触りを追求し続けた末に誕生しました。 日本有数の伝統工芸である「越前打刃物」の研磨職人と試行錯誤を重ねた結果、型抜きツールとしてだけでなくケーキナイフとしても充分な切れ味を有します。 この1本のナイフがあれば、型抜き用のスクレーパーとケーキカットナイフを持ち変える必要がありません。 よりスマートにシフォンケーキづくりに望めます。 もちろん素材の選び方、「焼き方」にも並々ならない拘りでグルメの舌を唸らせています。 「Chiffon21」は刃先までのブレード全てをコントロールできる形と強いしなやかさを備えています。 それは車のハンドルに例えられます。 車のハンドルをコントロールできないと不安ですよね。 シフォニストの感覚に応えてくれるブレードの完成で 渡辺さんの三つの奥義「混ぜる」「焼く」「抜く」の全てを叶えてくれました。 しかし「Chiffon21」の実現にはもう一つの出会いがありました。 伝統工芸や人間工学の製品研究に長年取り組んでいる 福井在住のプロダクトデザイナーとの出会いです。 「Chiffon21」のグリップデザインには「美しく抜く」ための形だけでなく、使わないときの形にも心配りが施されています。 また魅力ある商品には機能性を超えるクォリティが必要です。 CLASIMONs のものづくりコンセプトの 「美しいものには伝える力がある」 「正しいものには伝える意味がある」 をモットーに更にChiffon21 をブラッシュアップし2016年春に発表することができました。 Electric Bassの可能性を探り、多彩な音色でDistortion、Modulation、Wobbleなどの音を操る プロダクトデザイナー 大久保 裕生 1951年越前市生まれ プロダクトデザイン&グラフィックデザイン 人間工学を生かした地場産品のデザイン研究や3DCADと3Dプリンターを統合したラピッドプロトタイピング&デザインシステムの構築に1991年より携わる 「視覚障害者誘導システムの提案」「回転体角度保持機構による跳上眼鏡」「連結可能スツール」などの特許多数 国際デザインコンペティションなど国内外のデザインコンペでグランプリ、ゴールド、シルバーアワードなどの受賞多数 現在はコラボレーションによるものづくりに新たな化学反応を期待してCLASIMONsをスタートアップ シフォンケーキナイフChiffon21の店舗販売 タケフナイフビレッジ お問合せは下記アドレスから タケフナイフビレッジでは 店頭販売を承っています。 お試し用をお貸ししていますのでご相談ください。 家庭で作ったシフォンが専門店で購入したかのような出来上がりになります。 ラッピングしてお友達に配ったら「すごい!きれい!ほんとに作ったの?」 と驚き、とても喜んでくれました。 しかし最後の型抜きでガッカリ?!パレットナイフの型抜きでは流石の渡辺さんも型抜きままならず試案と思案を重ね地元伝統工芸越前打刃物タケフナイフビレッジの門を叩きました。 戸谷刃物の二代目研ぎ職人戸谷祐次さんと出会い試作を重ねること数知れず、ようやく納得の型抜きナイフの逸品もんが一丁出来上がり!とは言うものの同じ悩みを抱える多くのシフォニスト(シフォンケーキ愛好家)の声を叶えるべくプロダクトデザイナーとシフォンケーキ職人一品道具の商品化に乗り出しました。 永く取り組んだ人間工学や3D プリンターのものづくり研究がプロダクトデザインにおおいに生かされました。 全国津々浦々でこれぞ逸品を求めて窯にセッセッと火を焚べるシフォニスト達、探求心の声が渡辺さんのSNS を通して遠く越前の地にまで届き、先ずは使い手の声をデザインにと全国のシフォニストの声を集めること1 か年。 シフォニストの声をデザインに生かすこと1 か年 2 か年の開発期間を経てChiffon21 のネーミングで商品化することが出来ました。

次の

Chiffon21ランディング

ケーキ ナイフ

ケーキナイフとパンナイフ パンを切る際に利用されているのが、通常のナイフにノコギリのような刃がついたパンナイフです。 ケーキを切る時にも同じようなナイフが使われるのですが、その違いとはいったいどんな違いなのでしょうか? ケーキナイフの役目 ケーキを切り分ける時は、包丁などを使って切り分ける事が多いですがクリームやスポンジ部分が潰れてしまいます。 また、普通の包丁では長さが足りず、ホールのケーキを切りにくくなっています。 ケーキナイフは、刃の部分が長く、ギザギザになっているのが特徴です。 また、 反対側が平らになっているものもあります。 ケーキのスポンジは気泡が小さいため通常の包丁で切ろうとすると潰してしまい断面がきれいに切れませんが、ケーキナイフのような平らなナイフであれば摩擦が少ないので きれいに切ることができます。 ギザギザしている部分は、ケーキでもパイ生地をつかったものなどを切る際に使います。 スポンサードリンク パンナイフやパン切り包丁の役目 パンは、ケーキと比べて、表面が硬く気泡の部分が大きく荒いのでノコギリの要領でカットする事ができる刃がついたものが、パンを切るのに適しています。 ノコギリの刃が細かいのが特徴で、刃渡りが長く、鋭利なデザインをしており食パンなどの厚いパンなども切りやすいようになっています。 洋包丁などとも呼ばれているものもあり、明治時代に欧米から入ってきたもので牛刀など肉を切るのに使われているものもあります。 まとめ ケーキナイフとパンナイフの違いは、ノコギリ状の刃が細かいかどうかという部分と平らかどうかという部分があります。 パンとケーキのスポンジでは気泡の大きさに違いがあり、ケーキのほうが気泡が小さいため力をいれてしまうと潰してしまうため、刃が平なほうが摩擦なども少なくなりきれいに切ることができます。 パンナイフは、同じくノコギリ状の刃がついていますが、刃は包丁と同じような形になっています。 パン以外にも肉など硬いものを切ることにも利用されています。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

VICTORINOX ウェーブナイフ25cm

ケーキ ナイフ

ケーキナイフとパンナイフ パンを切る際に利用されているのが、通常のナイフにノコギリのような刃がついたパンナイフです。 ケーキを切る時にも同じようなナイフが使われるのですが、その違いとはいったいどんな違いなのでしょうか? ケーキナイフの役目 ケーキを切り分ける時は、包丁などを使って切り分ける事が多いですがクリームやスポンジ部分が潰れてしまいます。 また、普通の包丁では長さが足りず、ホールのケーキを切りにくくなっています。 ケーキナイフは、刃の部分が長く、ギザギザになっているのが特徴です。 また、 反対側が平らになっているものもあります。 ケーキのスポンジは気泡が小さいため通常の包丁で切ろうとすると潰してしまい断面がきれいに切れませんが、ケーキナイフのような平らなナイフであれば摩擦が少ないので きれいに切ることができます。 ギザギザしている部分は、ケーキでもパイ生地をつかったものなどを切る際に使います。 スポンサードリンク パンナイフやパン切り包丁の役目 パンは、ケーキと比べて、表面が硬く気泡の部分が大きく荒いのでノコギリの要領でカットする事ができる刃がついたものが、パンを切るのに適しています。 ノコギリの刃が細かいのが特徴で、刃渡りが長く、鋭利なデザインをしており食パンなどの厚いパンなども切りやすいようになっています。 洋包丁などとも呼ばれているものもあり、明治時代に欧米から入ってきたもので牛刀など肉を切るのに使われているものもあります。 まとめ ケーキナイフとパンナイフの違いは、ノコギリ状の刃が細かいかどうかという部分と平らかどうかという部分があります。 パンとケーキのスポンジでは気泡の大きさに違いがあり、ケーキのほうが気泡が小さいため力をいれてしまうと潰してしまうため、刃が平なほうが摩擦なども少なくなりきれいに切ることができます。 パンナイフは、同じくノコギリ状の刃がついていますが、刃は包丁と同じような形になっています。 パン以外にも肉など硬いものを切ることにも利用されています。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の