高橋 大輔 ブログ カプチーノ。 カプチーノ・プリィーズ ランキング

高橋大輔カプチーノについてのニュース

高橋 大輔 ブログ カプチーノ

Swan Lake ヒップホップバージョンと言えば、選手が界に起こした 革新。 とは、よくメディアで言われる紹介文ですが、めちゃめちゃ 同意! 革新でした、はい。 衝撃だった。 初回からすごく楽しくて、いつもワクワク待ってたプログラム。 の割に、このプログラムの感想を、まだ書いてなかった。 ワケは一応あるけど、あぁやっぱり書きたかった、もったいない事した…と後々何度も思ってました。 (そうゆうのいっぱいあるけど) でも今になってふと思う。 書きたかったら、じゃあ書けば良いじゃん。 折しものJスポで、2008年 このプロのシーズン のが放送されたそうで、自分もまた白鳥さん 黒鳥さん? が見たくなった。 という訳で、唐突ですが、2007-08年のプログラム感想を今書きます。 現在2020年なのでもう13年前なんですね。 2007-08ショート Version 初めてプログラムを見た時の感想は。 やってくれたぜ!!! でした。 とか小学生か。 でもこの言い回しでしかピッタリ言い表せない。 やってくれたぜ!!! 新しい試みとして、ヒップホップを取り入れたって前情報(というかTVの煽り情報)は見てて、でもプログラム見る前は自分はちょっと懐疑的でした。 振付兼コーチのさんの意気込みは分かるけど、ツルツル滑るスケートでヒップホップって本当に出来るのか?なんとかできたとしても上手くハマるのか?…と。 と言いつつ無責任な期待もあったんだけど、見事に応えてくれました! (ご本人は不服だそうですが…笑) 贅沢な、レベルステップ 2本時代。 失った事が(個人的に)なんとも惜しい ステップ2本時代! 皆さんはサーキュラーとストレートとどっちが好きですかどっちも好きですか私もです!しかし強いて言えばスワンではサーキュラーに、より滾ります! DJのスみたいな、あの速い腕の振りに、縦にと言うか斜めに、刻むように入るステップの足捌きが!が!!! それを右に左にすごい勢いで入れてくるから、こう、グワーーーーってカーブする勢いと、 キュッキュッって刻むアクセントが同時に入ってくるワケで、要するに視覚に入る動きの全てがスなのかな、 天才。 で、そのでなんじゃこりゃあああ!と沸騰させといて、更にがやってくる。 魅惑のヒップホップ黒鳥! キーターーーーーあああああ!!! さん。 よくぞ、このプロで高橋くんに王子様なんぞ(あ、失礼)させず、誘惑の黒鳥をやらせて下さいました。 そうともさ!この音でなら、王子より誘惑者ですよね。 (知らんけど) ジャンプは、久々にあらためて見ると、かなり硬質な感じのジャンプだったんだなと思った。 それがこのスワンの力強さによく合う。 このヒップホップにシットスピンは要らない派ですが、試合じゃしょうがないので目を瞑る(何様鑑賞者でゴメンナサイ)。 序盤にジャンプ固め打ちで、何しろ ステップ前面推し。 の ステップを みせて来い!と言う氏 振付 の 吼え…大声が聞こえるような。 なんか ダッと言うか ドゥっと跳ねるドラム音を、そのまま身体で見せてくるの、ホント心踊った。 自分まで踊ってる気分で入り込む。 ブレードのつま先で氷を蹴散らす、足元の跳ねとか。 腰を キュッと捻りながら上半身 グッと縮めて バッと伸びるあの、アレとか。 速い腕の動きと指先の緩急とか。 あと何と言っても、 首!首で踊れる人ならではの、絶妙なアクセント。 足元も、腰も、腕も、指先も、首も、全部が抜群のコンで絶え間なく繰り出されてくるの、たまりません。 のも良いですが、やっぱり全日本や四大陸がノッてたでしょうか。 世界選手権のステップも好きです。 全日本 四大陸 世界選手権 余談 このブログでは、自分が落ちてきたさんの過去プロを、「」って事にしてツラツラと書いてきてたんですが、このを書いてなかったのは、主に、同シーズンのバチェラレットに、気が逸り過ぎたから。 だったこのヒップホップスワンが、界の革新プロだったのはもちろん、用のバチェラレットも、私の中では大革新だった。 もう革命。 自分ののイメージを、ショートでブチ破ってきた、と思ったら、更にで破壊してきたんです。 なんで1シーズンで同じ人が2回も革命起こしちゃうの???高橋くんやり過ぎだよ。 受け止める方だってキャパオーバーになるじゃん!(責任転嫁) けどホント、今あらためて、やっぱりこののステップには心躍ったなと、つくづく思います。 余談2 この時ヒップホップを学びに、NYのBDC(ダンス教室)に通った事で、昨季フェニックスを振り付けたル・ムラカミさんに出会ったんですよね。 12年の時を経て繋がったご縁。 高橋選手21歳のスワンも、33歳のフェニックスも、の常識を覆す、異色のプログラム。 よくぞ皆様世に生み出して下さいました。 もうとりあえずこれだけでも、この世の全てにありがとうって気分になる。 何より選手、本当にありがとうございます。 でもやっぱりご縁の全てがありがたい。 しみじみ。 hatehatemarch.

次の

[ フィギュアスケート:高橋大輔さん ]

高橋 大輔 ブログ カプチーノ

Swan Lake ヒップホップバージョンと言えば、選手が界に起こした 革新。 とは、よくメディアで言われる紹介文ですが、めちゃめちゃ 同意! 革新でした、はい。 衝撃だった。 初回からすごく楽しくて、いつもワクワク待ってたプログラム。 の割に、このプログラムの感想を、まだ書いてなかった。 ワケは一応あるけど、あぁやっぱり書きたかった、もったいない事した…と後々何度も思ってました。 (そうゆうのいっぱいあるけど) でも今になってふと思う。 書きたかったら、じゃあ書けば良いじゃん。 折しものJスポで、2008年 このプロのシーズン のが放送されたそうで、自分もまた白鳥さん 黒鳥さん? が見たくなった。 という訳で、唐突ですが、2007-08年のプログラム感想を今書きます。 現在2020年なのでもう13年前なんですね。 2007-08ショート Version 初めてプログラムを見た時の感想は。 やってくれたぜ!!! でした。 とか小学生か。 でもこの言い回しでしかピッタリ言い表せない。 やってくれたぜ!!! 新しい試みとして、ヒップホップを取り入れたって前情報(というかTVの煽り情報)は見てて、でもプログラム見る前は自分はちょっと懐疑的でした。 振付兼コーチのさんの意気込みは分かるけど、ツルツル滑るスケートでヒップホップって本当に出来るのか?なんとかできたとしても上手くハマるのか?…と。 と言いつつ無責任な期待もあったんだけど、見事に応えてくれました! (ご本人は不服だそうですが…笑) 贅沢な、レベルステップ 2本時代。 失った事が(個人的に)なんとも惜しい ステップ2本時代! 皆さんはサーキュラーとストレートとどっちが好きですかどっちも好きですか私もです!しかし強いて言えばスワンではサーキュラーに、より滾ります! DJのスみたいな、あの速い腕の振りに、縦にと言うか斜めに、刻むように入るステップの足捌きが!が!!! それを右に左にすごい勢いで入れてくるから、こう、グワーーーーってカーブする勢いと、 キュッキュッって刻むアクセントが同時に入ってくるワケで、要するに視覚に入る動きの全てがスなのかな、 天才。 で、そのでなんじゃこりゃあああ!と沸騰させといて、更にがやってくる。 魅惑のヒップホップ黒鳥! キーターーーーーあああああ!!! さん。 よくぞ、このプロで高橋くんに王子様なんぞ(あ、失礼)させず、誘惑の黒鳥をやらせて下さいました。 そうともさ!この音でなら、王子より誘惑者ですよね。 (知らんけど) ジャンプは、久々にあらためて見ると、かなり硬質な感じのジャンプだったんだなと思った。 それがこのスワンの力強さによく合う。 このヒップホップにシットスピンは要らない派ですが、試合じゃしょうがないので目を瞑る(何様鑑賞者でゴメンナサイ)。 序盤にジャンプ固め打ちで、何しろ ステップ前面推し。 の ステップを みせて来い!と言う氏 振付 の 吼え…大声が聞こえるような。 なんか ダッと言うか ドゥっと跳ねるドラム音を、そのまま身体で見せてくるの、ホント心踊った。 自分まで踊ってる気分で入り込む。 ブレードのつま先で氷を蹴散らす、足元の跳ねとか。 腰を キュッと捻りながら上半身 グッと縮めて バッと伸びるあの、アレとか。 速い腕の動きと指先の緩急とか。 あと何と言っても、 首!首で踊れる人ならではの、絶妙なアクセント。 足元も、腰も、腕も、指先も、首も、全部が抜群のコンで絶え間なく繰り出されてくるの、たまりません。 のも良いですが、やっぱり全日本や四大陸がノッてたでしょうか。 世界選手権のステップも好きです。 全日本 四大陸 世界選手権 余談 このブログでは、自分が落ちてきたさんの過去プロを、「」って事にしてツラツラと書いてきてたんですが、このを書いてなかったのは、主に、同シーズンのバチェラレットに、気が逸り過ぎたから。 だったこのヒップホップスワンが、界の革新プロだったのはもちろん、用のバチェラレットも、私の中では大革新だった。 もう革命。 自分ののイメージを、ショートでブチ破ってきた、と思ったら、更にで破壊してきたんです。 なんで1シーズンで同じ人が2回も革命起こしちゃうの???高橋くんやり過ぎだよ。 受け止める方だってキャパオーバーになるじゃん!(責任転嫁) けどホント、今あらためて、やっぱりこののステップには心躍ったなと、つくづく思います。 余談2 この時ヒップホップを学びに、NYのBDC(ダンス教室)に通った事で、昨季フェニックスを振り付けたル・ムラカミさんに出会ったんですよね。 12年の時を経て繋がったご縁。 高橋選手21歳のスワンも、33歳のフェニックスも、の常識を覆す、異色のプログラム。 よくぞ皆様世に生み出して下さいました。 もうとりあえずこれだけでも、この世の全てにありがとうって気分になる。 何より選手、本当にありがとうございます。 でもやっぱりご縁の全てがありがたい。 しみじみ。 hatehatemarch.

次の

カプチーノ・プリィーズ ランキング

高橋 大輔 ブログ カプチーノ

でも見るなら やっぱり映画館で見たいしなぁ 円盤化(まだ言う)まで とっておこう (?)かな。 ********* 「氷上の表現者」見ましたー! 「メモリーズ」の再放送なのかな?なんて 思ってしまって すみませんでした。 アイスダンスで 大輔君のエッジワークを存分に見られる時が 本当に本当に楽しみ! メッセージもありがとう LIVE配信も見ました〜 時間が時間なだけに 一緒には出来ませんでしたが(^^; お二人ともさすがだなぁ。 全部は出来ませんが (腕立てムリ) 見ながら頑張ろうと思います(^^ 大輔君も哉中ちゃんも 大変な状況かと思いますが どうかお身体に気を付けて 健やかに「今」をお過ごしください。 海外・寄付の返礼品とはいえ 出版社が無断使用とは・・・ クラファンはキャンセルしました。 素敵な記事と写真ありがとうございました 少しでも協力させていただければ。 と 思ってのことだったので 残念です・・・ USMさん お知らせありがとうございました。 歌子先生の表情。 見ていて涙出そうになりました・・・ いろいろな角度からの映像を たくさん残しておいてくださり こうして見せてくださったこと 心から感謝いたします。 なんといっても 「ここだけ」のモノクロお写真に すごく惹かれました。 ・・・・。 貴重な一枚ではありますが うーん・・・ モノクロの一枚だったら即決だったなぁ 絶対素敵だもの。 飾りたいもの。 ほんと素敵な歌声・・・ またパワーをいただきました。 ありがとう 「リンクからみんなの笑顔がみたい」 というメッセージには 私もリンクの大輔君の笑顔がみたいよー!!と 叫びたくなりましたよ~ 「上を向いて歩こう」もそうですが 歌の力・エンタメの力を しみじみと感じています。 現地で「生」で楽しめる時が 早く戻ると良いなぁ・・・ あぁ。 大輔君のスケート見に行きたい。 哉中ちゃん&大輔君の ダンススピン見られたし チャーリーさんのお言葉も嬉しかった(^^ 演技を見られる時がとてもとても楽しみ!! リモートご出演もすっごく嬉しかった~ 日本に帰国されていると知って ちょっとほっとしました。 大輔君ありがとう 今はいろいろ貯えながら がんばります。 リンクの大輔君の笑顔を見られる時が 早く戻りますように。 昨日「every」でアースジェットCM 捕獲できましたー! ありがとうございます!! 「できないよ~」と ブログ書いた後だったので タイミングの良さに驚きましたが(^^; 捕獲することが出来て大喜びです。 一安心。 たまったJスポさんと 海外ドラマ見ます。 早1週間(以上)・・・ 疲れてきましたよー(^^; コカコーラさんの「コーチ」CMの時は わりと早く捕獲できたのだけどなぁ アースさん製品多いからな~ ノーマットCM見るようになってきたので アースジェットCMもお願いいたします。 お待ちしております アースさんお衣装 何気に (?)ウェストひらひらだし なんといっても肩が~ あぁ。 早くリピリピしたい。 まだまだいろいろ録画しながら 捕獲がんばろー テレビ画面で見たい~ テレビでYouTube見ればいいのかもですが。 捕獲したいの! 色が指定されているので楽。 「どうぶつの森」もずっとやってます。 気長に続けます。 昔から時間操作はしない派です。 放送では笑顔で降りてましたしね。 本当に凄い。 ********* 大輔君メッセージ動画も すっごく嬉しかったです。 ありがとう 「上を向いて歩こう」 美姫ちゃんのメッセージ動画 そして今回 お顔を見ることができて お声を聞くことができて 本当に良かった。 大変な時だけれど 大輔君の笑顔とスケートをまた見られるように ずっと応援し続けられるように 自分に出来ることをがんばろう。

次の