ワタリドリ 歌詞。 [Alexandros]ワタリドリ英語歌詞の和訳と解釈

アレキサンドロスのワタリドリの歌詞ここに入れてくれる方いま...

ワタリドリ 歌詞

Yeah, I know my wings are driedは空高く飛びたいけれど、翼が乾いていることを知っているという意味です。 翼を仰ぐとは翼を上に向けるという意味ではないでしょうか。 飛び立たなければならないと言う人はいるけれど、それについて何か思うところがあるのかもしれません。 人は結局他人のことなど気に留める余裕などないのではないかと、言っているように思えます。 でも私は誰かのために、自分の経験を還元したいと言っているように思います。 世の中には無情な人の方が多いですし、それは仕方のないことなのかもしれませんが、中には人のことを応援しようと思ってくれる人がいるのです。 そういう人を見つけられることはとても幸せなことかもしれません。 なかなかそういう人はいないかもしれないので、音楽や書籍で勉強して自分がそういう人になるために頑張るのではないでしょうか。 多くの人を救える人になりたいからこそ、難しいことにチャレンジできるのかもしれません。 よく音楽で、「君は一人ではないよ」と励ます言葉が奏でられると言っています。 そのことに対して何か思うことがあるのかもしれません。 そうなれるよう皆頑張っているのではないかと思いますが、自分の力で生きていける人は一握りしかいないのです。 夢を追う中で誰にも認められないことが往々にしてあると思います。 しかしそんなことは関係ないと言っているようです。 別に多くの人に認められなくてもいいのかもしれません。 あなたが行ったことで誰かが救われるのであれば、それはそれでとても素敵なことなのです。 人のことなど助けていたら、自分の評価が下がると言う人がいるかもしれません。 それはそれで間違えていないと思います。 人を助けることで、自分に何か悪影響が降りかかってくるのかもしれません。 でも私は極論的にはそれでもいいと思っています。 なぜなら自分の身を守るために人を傷つけるようなことをして、今後を生きていくなんてことはできないからです。 自分さえ良ければいいというのはとても怖いと思います。 必要があれば、自分のことはさておいて、他人を助けられる人に私はなりたいと思うのです。 今いる現状を維持するために前に進まないのであれば、いつか落とし穴に落ちるのです。 そうならないためには、新しいことにチャレンジしていくべきだと言っているような気がします。 いつかは成長してここに戻ってくるから、飛べるのであれば今はチャレンジしていくべきなのです。 PR MV考察 何かを頑張っている人を、きっと誰かが見てくれていると思います。 その頑張りはいつか多くの人が知ることになり、あなたを見守る人が増えていくのです。 それがファンになり、ファンがファンを呼ぶようになるのです。 頑張っている人を止めることは誰にもできません。 世界はいつも美しく、輝きに満ちています。 鳥たちは明日を生きるために羽ばたきます。 その活動が美を演出するのです。

次の

アレキサンドロスのワタリドリの歌詞ここに入れてくれる方いま...

ワタリドリ 歌詞

カテゴリ• タイトル『ワタリドリ』の意味 渡り鳥とは、定期的に長い距離を移動する鳥です。 代表的な渡り鳥といえば、冬は東南アジアに渡るツバメや夏はロシアに渡るオオハクチョウが有名ですね。 このように渡るという行為は非常に遠い距離に移動するため、その途中では大きな困難や危険が待ち構えています。 このタイトルはそんな危険な挑戦と自分たちの音楽活動を重ね合わせており、自分たちの 困難な挑戦を表しています。 [ALEXANDROS] 『ワタリドリ』のテーマ 渡流ということは、あまりにも危険なことであるため、渡らずに越冬する鳥もいたりします。 [ALEXANDROS]も音楽で自分たちの夢を諦めようと思ったことは何度もあっただろうし、本当にうまくいくかどうかもわからない。 けれども、夢を叶えるために精一杯努力し続ける。 そのことをテーマにした曲となっております。 そして、私たちにも今こそ夢に向かって挑戦をしようと促します。 私たちも、辛く孤独な挑戦を乗り越えなければならない。 けれども、そんな辛い挑戦の中でも出会いや喜びというのは見つけることができるのです。 そして[ALEXANDROS]は、私たちに別れを告げます。 成功に向かって羽ばたいて 追いかけて 届くよう 僕等 一心に 羽ばたいて 問いかけて 嘆いた夜 朝焼け色に 染まっていく ワタリドリの様に いつか舞い戻るよ ありもしないストーリーを いつかまた会う日まで 夢に向かって努力を一生懸命した結果、挑戦を諦めようと思い悩んで嘆いた日々もいつの間にか明るい日々に変わっていこうとしています。 そして、また渡り鳥のようにもう一度大きな挑戦をすることを、そして大きな夢を自分自身の手で作り上げることを歌って、終わります。 まとめ 今でこそ人気バンドの[ALEXANDROS]さんですが、バンドを始めたのが、2001年、インディーズデビューが2009年、メジャーデビューが2014年と非常に長い下積みを経てきました。 彼らはなんども夢を諦めようと思っただろうし、とても孤独な挑戦でもあっただろうし、自分の作った歌を誰も聞いてくれなかった。 そんな時期もあったでしょう。 そんな彼らの夢に至るまでの長い道のりを歌う『ワタリドリ』という曲は、とても現実味のある曲だということが感じられます。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

音域&高音がヤバい[Alexandros]のワタリドリを歌い上げる方法

ワタリドリ 歌詞

カテゴリ• タイトル『ワタリドリ』の意味 渡り鳥とは、定期的に長い距離を移動する鳥です。 代表的な渡り鳥といえば、冬は東南アジアに渡るツバメや夏はロシアに渡るオオハクチョウが有名ですね。 このように渡るという行為は非常に遠い距離に移動するため、その途中では大きな困難や危険が待ち構えています。 このタイトルはそんな危険な挑戦と自分たちの音楽活動を重ね合わせており、自分たちの 困難な挑戦を表しています。 [ALEXANDROS] 『ワタリドリ』のテーマ 渡流ということは、あまりにも危険なことであるため、渡らずに越冬する鳥もいたりします。 [ALEXANDROS]も音楽で自分たちの夢を諦めようと思ったことは何度もあっただろうし、本当にうまくいくかどうかもわからない。 けれども、夢を叶えるために精一杯努力し続ける。 そのことをテーマにした曲となっております。 そして、私たちにも今こそ夢に向かって挑戦をしようと促します。 私たちも、辛く孤独な挑戦を乗り越えなければならない。 けれども、そんな辛い挑戦の中でも出会いや喜びというのは見つけることができるのです。 そして[ALEXANDROS]は、私たちに別れを告げます。 成功に向かって羽ばたいて 追いかけて 届くよう 僕等 一心に 羽ばたいて 問いかけて 嘆いた夜 朝焼け色に 染まっていく ワタリドリの様に いつか舞い戻るよ ありもしないストーリーを いつかまた会う日まで 夢に向かって努力を一生懸命した結果、挑戦を諦めようと思い悩んで嘆いた日々もいつの間にか明るい日々に変わっていこうとしています。 そして、また渡り鳥のようにもう一度大きな挑戦をすることを、そして大きな夢を自分自身の手で作り上げることを歌って、終わります。 まとめ 今でこそ人気バンドの[ALEXANDROS]さんですが、バンドを始めたのが、2001年、インディーズデビューが2009年、メジャーデビューが2014年と非常に長い下積みを経てきました。 彼らはなんども夢を諦めようと思っただろうし、とても孤独な挑戦でもあっただろうし、自分の作った歌を誰も聞いてくれなかった。 そんな時期もあったでしょう。 そんな彼らの夢に至るまでの長い道のりを歌う『ワタリドリ』という曲は、とても現実味のある曲だということが感じられます。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の