アウディ リコール。 アウディにリコールが出たら?2019年に発生したリコールと対応法を解説[2020年01月29日]

リコール関連情報

アウディ リコール

今日の雑談:リコール対策の実施 昨晩、コペンの車検を出しにダイハツディーラーに行きましたが、今日はアウディのリコール対策の実施のためにアウディのディーラーに行きました。 リコール内容は「7速Sトロニック自動変速機のメカトロニクスにおいてアッパーハウジングの加工が不適切な為亀裂が発生する場合がある。 」との説明を受けました。 作業としては、ミッションを下ろして分解、交換作業をするため、ほぼ1日がかりだそうです。 もし、まれにボルト等が固着していた場合、ミッションを取り寄せて一式交換するため明日と言われました。。。 (リコール台数が多いので、そこまでの対応は無理なのでしょう。 何度も謝られてしまいました。 ) 明日までかかると言われたらどうやって家まで帰ろうかと思っていましたが、16時頃、作業が無事終わったと連絡がありました。 下記の作業をして頂き、気分よく、車を運転して帰りました。 リコール対応• ナビのセキュリティーアップデート• リアドアの凹み傷のタッチアップ補修• 洗車サービス リコール対策とナビのアップデートは体感できてませんが、タッチアップ補修と洗車は車がきれいになったので分かりやすかったですw とわいえ、リコールは下手をすると事故につながりますので、きちんと修理をしてもらいましょう。 我が家ののアウディは中古車ですが、ディーラーの認定中古車でしたので、リコールの連絡が来てきちんと対応して頂くことができました。 (ディーラー車検を受けているおかげかもしれませんが。 ) あと、車検の時にも言われたのですが、タイヤにヒビが入ってきているのでそろそろ交換をした方が良いと言われました。。。 お金がかかる。。。 今日の健康活動状況• 睡眠時間:4. 5時間• ウォーキング(歩数):7,500歩(今週61,350歩、平均8,764歩)• ストレッチ・ヨガ:未実施• 飲酒:ビール500ml 今日のポイ活結果• 楽天ポイント:13p獲得• マクロミル:6p獲得 最後までお読み下さりありがとうございました。 もしよろしければ、ブックマーク、シェア、フォローをお願いします。

次の

アウディTT 故障事例とその対処法、リコール情報について

アウディ リコール

検索の結果、以下の表示が出た場合は、本リコールの未改修車両です。 ) 本件についてご不明の点がございましたら、お手数ですが最寄りのAudi販売店または下記の専用フリーダイヤルまでお尋ねくださるようお願いいたします。 最寄りの販売店サービス工場に予約していただくか、サービス入庫予約ページからのご予約をお願いします。 あらかじめご了承ください。 詳しくはAudi正規ディーラーまでお問い合わせください。 VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608054017 Frontend 99. 0 Rendertime 20200612063231 StaticVersion 20200608054017 Activated Scopes Context Scopes VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608054017 Frontend 99. 0 Rendertime 20200612221720 StaticVersion 20200608054017 Activated Scopes Context Scopes• 販売店は販売価格を独自に定めていますのでお問い合わせください。 リサイクル料金が別途必要になります。 車両本体価格、オプション価格は変わる場合があります。 詳しい内容は、Audi正規ディーラーまでお問い合わせください。 またオプション装備を含むものもあります。 一部お取扱いのないディーラーもございますので、ご了承下さい。

次の

「アウディジャパン株式会社」 のリコール情報一覧(ID:56)

アウディ リコール

5月8日にリコール届出が行われた、アウディとVWの 7速Sトロニック・7速DSGのメカトロニクス交換。 リコール通知はがきにも、部品がないので作業開始までいましばらくお時間をいただきたい。 と記載されており、電話連絡によると入庫時期の見込みがなく、終了まで1年近くかかるかもしれないとのこと。 VWと合せると10万台にのぼり、部品がないのだという。 AudiAG と アウディジャパンの対応は疑問がある。 今回のような不動に至る事象のリコールにはもっと早く対応すべきだし、出来るのではないだろうか。 まず、対象車の最終輸入日が一昨年(2011年)の11月となっている、つまり少なくとも昨年の輸入からは別部品に切り替わっている。 たまたま部品材質を変更したのか? 普通に考えると、最初の輸入対象車は2008年からなので、既に問題が発生し材質変更したのではないか? また、AudiAGの資料によるとA1+A3の世界生産台数は30万台ほどある(MT含む台数) アウディジャパンのリコール台数は、13,752台に過ぎない、サプライヤーに全力で発注すれば1年かかるなどあり得ないのではないか? やる気があるのか? さらに親会社たるは、 夏場を中心とした日本の高温多湿な気候と交通渋滞などで頻繁な停車が必要な状況に言及した上で、「走行時の空冷効果が十分に得られない場合に変速機の異常が生じる可能性がある」 と発言している。 これはドイツの通信社の報道なので、おそらくドイツ本社での発言でしょう。 言い古された、日本の高温多湿や渋滞 などを理由とするならば、日本のプレス発表でも明確に発言すべきだ。 というか、ドイツでだけ言わないで、日本で売る前に言ってもらいたい! それにしてもアウディはぶっ壊れすぎ。 ジャガーもメルセデスも全然壊れなかったし、壊れる覚悟のシトロエンもアウディほどは壊れなかった。 アウディの部品は2級品説もホントだったりして。 うちは入庫頻度が多過ぎて疲れるので、リコールは最後でと申し出ておきました。 現場は営業さんからも工場からも丁寧に何度もリコールのご連絡をいただき恐縮だが、うちへの電話は1度でいいので、アウディジャパンとAudiAGに何度もいうべきだと思う。 現場は大変だ。

次の