この世 の 果て まで。 ギャスパー・ウリエル主演『この世の果て、数多の終焉』予告編解禁!第二次世界大戦末期、知られざる植民地支配の闇――。 | anemo

日本軍の殺戮からただ一人生き延びたフランス人兵士。『この世の果て、数多の終焉』

この世 の 果て まで

「この世の果てまで」と聴くと、世界が隕石や核戦争により最終を迎える事を想像するかもしれませんが、歌詞からすると失恋の痛みを切々と謳った曲のようです。 歌の内容は、下の様です。 Why does the sun go on shining? Why does the sea rush to shore? ・・・・・・・・・・ なぜ太陽は輝き続けるの なぜ海は浜辺に打ち寄せるの 知らないのかしら 世界の終わりだってことを だってあなたがもう愛してくれないの・・・・・ この世の果てまで 1962年に米国女性シンガーであるスキータ・デイヴィスによって世界的に大ヒットした「The End of the World」が、日本でも「この世の果てまで」のタイトルで大ヒットし、多くの女性歌手によってカバーされました。 最近のYouTubeでも、竹内まりやの「この世の果てまで」が見る事が出来ましたが、今では、削除されてしまいました。 どうやら「第三者のコンテンツと一致しました」という著作権違反が原因の様で、残念ですが仕方ありません。 嬉しい事に、mrshiokazeさんのブログ ux. getuploader. 以前にも、このブログを紹介した事がありましたが、とても素晴らしい編曲ですので、今回もお勧めします。 Why does the sea rush to shore? 今回は、Q3にて録音・録画ですので一度で済みました。 この曲は下記楽譜の中に掲載されています。

次の

ギャスパー・ウリエル主演『この世の果て、数多の終焉』予告編解禁!第二次世界大戦末期、知られざる植民地支配の闇――。 | anemo

この世 の 果て まで

概要 [ ] 都会の絶望の果てで出会った、孤独なホステス・砂田まりあ()と孤独な天才ピアニスト・高村士郎()の究極の愛を描いた悲劇。 オープニングとエンディングは士郎がまりあに語りかける形でナレーションが入る。 メインキャスト全員が孤独であり、悲しい過去、心の傷をかかえており、この枠としては珍しい重厚な人間ドラマが描かれている。 鈴木保奈美と横山めぐみの初の汚れ役であり、その暗い演技が放送当時話題になった。 野島作品の中でも特に暗い作品と言われている。 同年10月21日に、ビデオ全4巻が発売されたが、DVD化は実現していない。 最終回はフジテレビオンエア版が20分延長であったが、ルミと井野が殺害した佐々木を埋めるシーンなど、いくつかの場面がカットされて1時間枠に収められている。 地方で再放送される場合は、このカットされたバージョンの最終回が放送されることが多い。 制作経緯 [ ] 脚本のは、今まで誰も自分を認めてくれなかった、今まで誰も愛してくれなかった、そんな淋しい男女が出会って、初めてお互いを信じ合える相手と支え合いながら、東京という砂漠のような大都会で生きていく、都会の中の孤独を描いたドラマとして作製した。 野島とフジテレビのヒットメーカー・は、企画を詰めていく段階で、のの名曲「」のイメージを根底として置いていた。 ドラマタイトルも同曲からとり 、作品の求めるものも同楽曲のイメージに近かったが 、で古い曲でもあり、ドラマの主題歌として使うにはリスクが大きいと大多が迷っていたら 、野島が日本の歌だとの「」が世界観に近いと大多に聴かせ採用を即決した。 尾崎はと同じがプロデュースしていたため、本作の2年前の『』で、「」など浜田の楽曲起用を須藤に頼んでいた経緯もあって、すんなり「OH MY LITTLE GIRL」の主題歌採用が決まった。 に放送された主演の単発ドラマ『』の主題歌も「」をモチーフの企画されたもの。 大多亮が単独プロデュースで手掛けた最後の作品でもある。 キャスト [ ] 砂田 まりあ - 幼い頃、父に愛されていないという思い込みから家に放火した。 父は死んだが、在宅中だった妹のななが逃げ遅れて盲目に。 そのため常に暗い表情をしている。 ななの目から光を失った自分を責め続け、目を治すと心に誓い、手術費用を貯めるため、昼は郵便局員、夜はホステスとして働く。 ヘビースモーカー。 言葉遣いが荒く、時々激昂するが、妹のななと士郎には自己犠牲的な愛をささげる。 やがて士郎の子を妊娠するが、言い出せないまま二人の仲はすれ違い、士郎はルミの元で覚せい剤なしではいられない体に。 そんな士郎に暴力を振るわれ、流産してしまう。 士郎を助け出し、覚せい剤がぬけたことを機会に士郎に別れを告げ、征司と結婚する決意をするが結婚式当日ヘリコプターから飛び降りる。 高村 士郎 - ひき逃げに遭い負傷。 警察に通報、救急車に同乗してくれたまりあと恋に落ちる。 始めは記憶喪失のふりをし素性を隠していたが、実は世界的に有名なピアニストだった。 幼い頃から男性のピアニストに預けられ、英才教育を受けた末、彼の娘、百合子と結婚。 ピアノを弾く機械のような生活を送っていた。 しかし、自ら左手を傷つけ、ピアニスト生命を絶つ。 妻と離婚し、資産も名誉も捨ててまりあと暮らし始めてからは、過去のプライドと栄光が捨てられず自暴自棄になり、覚せい剤に溺れる。 砂田 なな - まりあの異父妹。 自宅の火事が原因で盲目に。 少々幼さが残るが障害を感じさせない健気な性格。 一人暮らしをしながら村井夫妻の経営する花屋で働いていた(夫妻からは養子縁組の話をたびたび持ちかけられる)。 ある日、コンビニ強盗が逃走するところに遭遇。 口封じに暴行されかけていたところを助けてくれた純と恋に落ち、交際。 しかしコンビニ強盗犯が純だと知ると激怒し別れを切り出す。 村井の息子・道夫に心引かれていくが、のちに酷い目に遭ってしまう。 家に訪ねてきた祖父から姉とは父が異なること、警察官だった祖父たちの力で、放火事件は事故ということにされたのを知る。 しかし姉への愛情は変わらなかった。 手術成功後は出版社へ就職し、年相応の印象を身につける。 神矢 征司 - 経済界のプリンス、KAMIYAグループ御曹司。 中学生の頃、本妻との間に子供ができなかった神矢の跡取りとして神矢家に。 地位も名声も金も好きなように動かせるが、母を捨てた父を恨む気持ちも手伝い、愛を信じることができない。 常に孤独を感じており、女を口説いて落ちるかどうかの賭けを部下としていた。 まりあと結婚にこぎつけるが、そこで裏切りに遭う。 三島 純 - 自動車整備工場に勤めている。 赤ん坊の頃コインロッカーに捨てられていた天涯孤独の青年。 顔の左側はやけど跡で覆われている。 京子の弟とコンビニ強盗をした時に衝突したななに顔を見られたと勘違いする。 ななが盲目であることを知り、安堵。 仲間がななを暴行しようとしていたところを助けた事から恋愛関係になるが、彼女に真実を知られて破綻。 しかし自分なりの「愛の形」を見つけてゆこうと模索する。 勤務先に刑事がやってきたことで解雇され、セメント工場で働くようになる。 加賀美 ルミ - まりあが働く「花葡萄」に大勢の客を従えて店がえしてきたホステス。 趣味は陶芸。 ある男を誘惑し、貢がせた自慢話を控え室でホステスたちに聞かせていたが、その男は店のNo. 1・京子が暮らしていた男だった。 中学生の頃、ボーイフレンドとデート中に見知らぬ男たちに襲われ、暴行された時にボーイフレンドが逃げ出してしまった。 それからは愛や永遠という言葉を聞くと頭痛がするようになり、セックスをしても感じなくなり、同時に冷酷で攻撃的な性格になってゆく。 砂田 夕子 - まりあとななの母、現在は居酒屋経営。 元シナリオライター・葛木和也との間にまりあをみごもっていたが、廃人状態だった葛木との結婚は望めない状態にあった。 それを承知の上で受け入れると言った砂田と結婚するが、まりあがおこした火事で死別。 砂田には感謝はしているが、心から愛せなかった事と悔やんでいる。 5年前に偶然再会した葛木をこっそりと匿い、最期を看取ると後追い自殺する。 遺言により角膜はななに移植される。 第1 - 11話の出演。 吉田 潔 - ななの主治医。 人の情を信じることをしない。 まりあには高額の金を出せば角膜移植を優先的に受けさせると何度も言っている。 偽善や人の善意を嫌う人物であり、自分の目の前で車に飛び込んだまりあを見て驚愕する。 ななの角膜移植手術後、結婚式の前日に交通事故に遭い、20年間植物状態になっている妻をまりあに対面させた。 佐々木 実 - 娘を探して京都から上京し、夕子の店で働き始める料理人。 実は探しているのは自分を破綻させ、妻を殺害する原因を作ったルミであった。 服役を終えてすぐにルミを探すために上京した。 ルミと士郎が暮らし始めたことを知り、士郎と別れるようにまりあに忠告する。 ルミに毒を盛られ絶命する間際に、ルミの顔に硫酸をかける。 第4 - 11話の出演。 高村 百合子 - 士郎の妻。 以前から父のもとで、ピアニストとしての英才教育を受けていた士郎と政略結婚をした。 士郎の愛よりもピアニストとしての地位や手に興味がある。 行方不明になった士郎を探し出すが、目の前で左手を傷つけた事から役に立たなくなったとして離婚を切り出す。 第1 - 4話の出演。 二村 浩一 - 百合子から雇われた元刑事の探偵。 まりあと士郎の恋愛に興味を持ち、士郎を見つけてもしばらくは百合子に居所を知らせず、士郎に失踪やまりあとの暮らしを聞いていた。 後にまりあから依頼を受け、覚せい剤漬けになりヤクザから追われる士郎を救い出す。 怪しげな雰囲気だが、性格は悪い方ではない。 第1 - 5話、第11話の出演。 田辺 京子 - クラブ「花葡萄」No. 1ホステス。 入店間もないまりあと客の前で大喧嘩をするが、後に友人に。 店では上品に振る舞っているが、プライベートではがさつな面がみられる。 バイセクシャルの男と暮らし、一緒に店を開くために金を貯めていたが、金を持ち逃げされる形で破局。 ルミが店に雇われて来た時に、皆の前でルミがその男に貢がせていたこと、京子との記念に買ったブランドの時計を偽物呼ばわりしたことなどを暴露し嘲笑したことから激怒。 ルミに憎悪の念を抱く。 弟が強盗で逮捕され服役することが決まると、故郷へ帰った。 第1 - 6話の出演。 砂田 - ななの祖父で元警察官。 妻と共に息子と夕子の結婚に反対し、結婚後は断絶状態になっていたが、息子たちについて回る葛木をけん制したり、息子の死の真相を闇に葬る等、それなりに愛情を持っていた。 息子の墓前でななと対面。 息子の面影を感じ、そして彼女に真相を話すが、夕子とまりあを悪く言った事からななに注意を受けてしまう。 大前喬 - 征司の部下、孤独な征司の心の支えになっている。 西岸忍 - 士郎がまりあと別れた直後に出逢った少女。 第11 - 最終話の出演。 田川マキ - 忍の友人。 村井 良雄 - ななが勤める花屋の店主。 ななを気に入り、資産も名義変更し相続させる約束で養子縁組する。 一人息子・道夫がおり、勘当していた。 村井 早苗 - 良雄の妻。 心優しい性格で、ややお人好し。 のちにななが道夫に殺されかかったとして、実母の夕子に激しく罵られる。 村井 道夫 - 良雄と早苗の一人息子。 勘当されていたが、借金を抱えていた事もあり、両親の財産相続をすることになったななに近づく。 婚姻届にボランティア参加のサインだと偽りサインさせ、ななを殺そうとするが、後を追ってきた純により捕まえられる。 第5 - 10話の出演。 井野 仁 - ルミとは長い付き合いのあるバーのマスター。 怪力の大男。 裏社会にも通じており、ルミに覚せい剤を分ける。 ルミがまりあを殺そうとすると、わざと弾の入っていない銃を渡し、自分の目をつぶし、ルミに告白。 第6話から登場。 三浦 博実 - 道夫に借金をさせている派手な女。 調布市のボランティアだと嘘をつき、道夫と共にななを殺そうとする。 道夫と共に純に捕まえられる。 第6 - 10話の出演。 スタッフ [ ]• 脚本・• 音楽・• プロデュース:• 演出:、• 制作: 主題歌 [ ]• 第7話のエンディングでは本曲ではなく劇伴音楽担当ののインストゥルメンタル曲が、第10話のエンディングでは本曲ではなくの『』がそれぞれ流れた。 サブタイトル [ ] 各話 放送日 サブタイトル 視聴率 第1話 1994年1月10日 雨のシンデレラ 24. 本放送ではサブタイトルは表示されなかったが、ビデオ版ではタイトルロゴと話数表記の後にサブタイトルが表示される。 脚注 [ ] []• 関連商品 [ ]• この世の果て Vol. 1~Vol. 4 (フジテレビ、1994年10月21日発売)• 野島伸司「この世の果て」(文庫) 前番組 番組名 次番組.

次の

世界の果てまで (山下達郎の曲)

この世 の 果て まで

ギャスパー・ウリエルを主演に迎え、フランス人監督ギョーム・ニクルーが第二次世界大戦末期、仏領インドシナの凄惨な戦場を描いた。 この度、予告編と新たな場面写真4点が解禁された。 本作の舞台は、第二次世界大戦末期、1945年3月のインドシナ。 ベトナム人民はフランス軍と日本軍に二重支配されていた。 それまでフランスと協力関係を結んでいた日本軍は明号作戦と名付けたクーデターを起こし、フランス軍を一斉攻撃。 たった一人、一命を取り留め、惨たらしい死体の山から這いずり出た若き兵士ロベール・タッセン(ギャスパー・ウリエル)は、森をさまよって意識を失ったところを地元の農民に救われる。 回復したロベールの目的はただひとつ、兄を虐殺したヴォー・ビン中尉への復讐を果たすこと。 ヴォー・ビンはベトナム解放を求めるホー・チ・ミンの補佐官で、日本軍の蛮行も見て見ぬふりをしていた。 そんな中、ジャングルでの果てしないゲリラとの戦いで、心身共に疲弊しきったロベールはベトナム人娼婦マイと激しく体を重ね合うが…。 まさしくこの世の地獄というべき戦場の生々しい実態が容赦なく活写される。 至る所に数々の死体が散乱する熱帯雨林。 『この世の果て、数多の終焉』は8月15日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。 《text:cinemacafe. net》.

次の